エステサロンで使用されるエピライトの効果と危険性

レーザー脱毛 エステサロンにおける脱毛法の一つに、エピライトという脱毛器を使った方法があります。

エピライトは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を搭載した脱毛機器で、レーザーとは違うものです。「光脱毛」といわれるジャンルの一つです。今回はエピライトの効果や問題点を解説していきます。

エピライトとは?

女性看護師の画像 エピライトとは、主にエステサロンで使用される脱毛機器で、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を搭載した機器です。

例えば、レーザー脱毛の場合、アレキサンドライトレーザーの場合は755nm、ダイオードレーザーの場合は800nm、ヤグレーザーは1064nmというように、単一の波長で照射されますが、IPLは400~800nmを中心とした幅広い波長をもつ特殊な光で、肌に対して穏やかに作用します。

IPLの波長域はメラニン(黒い色素)に吸収されやすい性質があり、毛に含まれるメラニンに吸収されて毛根にダメージを与えることができます。

また、光であるためレーザーよりも肌に優しく、術後のトラブルが少ないとされます。(ただし、出力を上げれば危険性は高くなります)。レーザー脱毛よりも一度に広範囲にわたって照射することができるため、より短時間で済むメリットがあります。

IPLはメラニン色素に吸収されてシミや色素沈着を改善することから、シミ治療や小じわ治療として美容治療にも用いられます。

むしろ脱毛よりもエイジングケアに使用されることが多いです。また、真皮の線維芽細胞を刺激してコラーゲンの増加を促すことから若干のリフトアップ効果も期待できます。

永久脱毛効果はある?

女性看護師の写真 エピライトのようなIPLを使用した脱毛法は、永久的な脱毛効果は得られにくいとされます。エピライトはレーザーではなく光であるためです。光はレーザーと違ってエネルギーが拡散してしまうため、しっかりと毛根を破壊することが難しくなります。

そして、エピライトは主にエステサロンで使用されていますが、エステサロンのような非医療機関では高い出力で照射することができないため、基本的に継続的な減毛や脱毛効果は得られません。

毛根を破壊するほどのエネルギーを皮膚に与える行為は医療行為の範囲とされており、エステサロンが行えば医師法違反となってしまいます。

エステで行われているエピライトのような光脱毛器と、病院で用いられる医療レーザー機器を比較すると、当然医療レーザー脱毛器のほうがはっきりとした効果があります。

ただし、光脱毛を繰り返し行って毛根にダメージを与え続けることで、毛の成長を遅らせる効果や毛が抜けやすくする効果は期待できるようです。

エピライトの危険性

エピライトは、一般にエステサロンで使用されますが、エステでは高い出力で脱毛を行うことはできません。肌に優しいレベルの照射しかできないため、エピライトをエステで受ける場合はほとんど危険性はありません。ただし、高出力で行えば肌トラブルをまねくことがあります。

過去にはエピライトでヤケドを起こした事例が報告されています。それはまだエステサロンにおける脱毛治療の認識があいまいだった時代に高出力で照射したためです。