ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンを塗る画像 しみの原因であるメラニン色素は、チロシナーゼという酵素がアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させて生成されます。このチロシナーゼは紫外線や活性酸素などの影響で活性化し、主にそれらの影響によってメラニンは過剰に生成されます。

紫外線や活性酸素などの影響でメラニン色素が過剰に生成され、そのメラニンがターンオーバーで排出されずに残ってしまうとシミやくすみとなってしまいます。

ハイドロキノンは美白効果に優れる成分で、メラニン色素の生成を強力に抑えてシミの治療に用いられます。肌を白く導く効果が高く、即効性があることから「肌の漂白剤」と呼ばれることもあり、他の美白剤と比較しても格段に高い効果が認められています。

ハイドロキノンの効果と性質

ハイドロキノンはチロシナーゼ酵素の阻害効果に優れる

シミの原因となるメラニンは、チロシナーゼという酵素によって生成されます。ハイドロキノンはチロシナーゼ酵素の働きを強力に阻害します。チロシナーゼの働きを抑えることでメラニンの生成を抑制し、白い肌へと導きます。

ハイドロキノンはアルブチンの100倍の美白力がある

シミ・そばかすに効く美白成分のほとんどは、メラニン色素の生成を促すチロシナーゼ酵素の活性化を阻害する働きがあります。

同様に、ハイドロキノンにもチロシナーゼ酵素の働きを抑制してシミを改善し、肌を白く導く効果がありますが、ハイドロキノンは他の美白成分よりも強力なチロシナーゼ酵素阻害効果があり、その効果はアルブチンの100倍もの美白効果があると言われています。

すでにできてしまったシミを薄く還元する働き

ハイドロキノンは、すでにできてしまったシミを還元する働きがあります。ビタミンC誘導体にも同様の作用がありますが、ハイドロキノンはビタミンC誘導体よりもシミを薄く還元する働きに優れています。

ハイドロキノンはメラノサイトの働き抑制する

メラニン色素はメラノサイト(色素細胞)で生成されますが、ハイドロキノンはメラノサイトの働きを抑制する作用もあります。メラニン色素を生成する細胞の働きを抑制するため、短期間で肌を白く導くことが出来ます。

ただし、ハイドロキノンの濃度や長期間の使用継続によって、部分的に皮膚の色素が抜けて白くスポット化することがあります。(低い濃度の場合では白斑化のリスクはきわめて低いですが、高濃度の場合は皮膚の色が抜けてしまう危険性があります)。

トレチノイン治療と併用すると効果が高くなる

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑制する効果は高いのですが、メラニンの排出を促す働きはありません。そこでケミカルピーリングやトレチノイン治療などのターンオーバーを促進させる治療と併用して行うと効果が高まります。

特にトレチノインは表皮内の細胞生成を促してメラニン色素の排出を促す働きがあり、ハイドロキノンのメラニン抑制効果とトレチノインのターンオーバー促進効果の相乗効果によってさらに高い美白効果が期待できます。