ハイドロキノンが有効なシミ(しみ・そばかす・肝斑)

薬を塗る女性の画像 ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えてシミ(メラニンの沈着)を改善する効果があります。ただし、一概にしみといっても様々な種類があり、症状によって適した治療法が異なります。

ハイドロキノンではまったく効果がないシミもあるため、できれば医師の診察を受けてハイドロキノンで治るシミなのかを確認してから治療を行うことをおすすめします。

ハイドロキノンが有効なしみ

老人性色素斑(紫外線などによる一般的なしみ)

加齢によるシミ(老人性色素斑)の画像 老人性色素斑とは、加齢や紫外線などの影響で出来る一般的なシミのことです。ほくろのように真っ黒ではなく、やや茶色で盛り上がりのない平らな状態です。浅い層にあるしみほどハイドロキノンが効きやすいといわれています。

(炎症性)炎症後色素沈着

炎症後色素沈着の画像 傷跡やニキビ跡、火傷(ヤケド)、虫さされなどの皮膚の炎症後にできる色素沈着をいいます。レーザー治療後の色素沈着にも有効で、炎症後色素沈着にはハイドロキノンが効きます。

そばかす

そばかすの画像 主に、鼻から頬にかけて薄い茶系の斑点が散在するシミがソバカスです。ハイドロキノンでの治療には時間を要しますが、長期的な継続により効果が期待できます。

肝斑(かんぱん)

肝斑の画像 頬や額に左右対称にできる薄くぼんやりした茶系のしみです。妊娠期やピルの使用などによってホルモンバランスが変化することで出来やすくなります。肝斑はレーザー治療ではかえって悪化する場合もありますが、ハイドロキノンで改善する可能性があります。

ハイドロキノンが有効ではないシミ

ほくろ(黒子)

ほくろの画像 ホクロ(黒子)は、黒色でほぼ円形状をした状態のものをいい、メラノサイトが増殖した状態で盛り上がりがある場合もあります。ホクロにはハイドロキノンでは効果はなく、CO2レーザーやQスイッチヤグレーザーなどが有効です。

ちなみに、レーザー治療の場合、レーザーエネルギーによって色素沈着を起こすことがありますが、その場合はハイドロキノンが非常に有効です。

色素性母斑

色素性母斑は、生まれつき存在する黒色のあざをいいます。ハイドロキノンではなくレーザーなどの治療法が有効です。

太田母斑

太田母斑の画像 太田母斑は、眼の周囲から頬にかけて青色からやや褐色の小さい色素が集まっているアザのようなシミをいいます。出生直後と思春期から目立つ場合があり、特に女性に現れやすい症状です。

太田母斑はハイドロキノンではなく、QスイッチルビーレーザーやQスイッチYAGレーザーなどのレーザー治療が適しています。

脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)

脂漏性角化症の画像 加齢によって表れる茶系のしみで、やや盛り上がりのある状態のしみです。ハイドロキノンではなくレーザー治療が有効です。