活性酸素が肌のシミ、くすみ、色素沈着の原因?

女性の肌の悩み 活性酸素とは、その名の通り酸素が活性化したもので、酸素よりも強い酸化力をもちます。活性酸素は人が酸素と栄養素からエネルギーを生成する時に必ず発生するもので、免疫においては有害細菌やウイルスなどを撃退する働きがあり、生きていくためには必要不可欠な存在です。

ただし、酸化力が強く細胞や組織などにダメージを与えて老化や様々な病気を引き起こしてしまう性質をもつことから、「カラダにとって悪いもの」というイメージをもたれています。

そして、活性酸素は皮膚においてもシミ、しわ、たるみなどの肌老化をまねくと考えられています。活性酸素は良い面もあれば悪い面もあるのですが、問題は過剰に増えると悪い影響を及ぼすようになることであり、活性酸素対策には、「必要以上に作り出さないこと」、「活性酸素が発生してもそれを無毒化できるような仕組みを維持させること」の2つが重要となります。

活性酸素としみ、くすみ、肌老化の関係

活性酸素はチロシナーゼ酵素を活性化させる

様々な原因によって皮膚に活性酸素が大量に発生すると、皮膚は酸化やダメージから肌を守るための防御体制に入ります。その一つがメラニン色素の生成です。活性酸素によってメラノサイト(色素細胞)のチロシナーゼという酵素が活性化し、メラニン色素が大量に作られてしまうのです。

活性酸素はDNAを傷つける

活性酸素は、細胞、遺伝子(DNA)にダメージを与えて損傷させる作用をもちます。細胞や遺伝子が少しくらい傷ついても通常は修復されるのですが、加齢によって肌の再生力が低下していたり、活性酸素のダメージを受けすぎているときちんと修復されなくなり、つまりそれは肌老化の進行を意味します。

活性酸素は皮脂を酸化させ過酸化脂質に変化させる

紫外線やストレスなどが原因で皮脂が酸化し過酸化脂質に変化すると、肌に強い刺激を与えて活性酸素を発生させる原因になります。活性酸素は過酸化脂質を生み出す原因になり、過酸化脂質は肌に刺激を与えて活性酸素を生み出すという悪循環につながります。

活性酸素が増加する原因とは?

紫外線が活性酸素の発生原因

紫外線ダメージ画像 紫外線は皮膚に活性酸素を発生させる最も大きな要因です。地上に降り注ぐ紫外線には主にUVAとUVBの2種類がありますが、UVBは波長が短くエネルギーが強いため表皮内に強いダメージを与え、活性酸素を発生させます。

一方、UVAは波長が長いためダメージは弱いですが、表皮を超えて真皮層にまで届き、活性酸素を発生させて真皮内の線維芽細胞やコラーゲンやエラスチンなどの組織にダメージを与える原因になります。

ニキビ、アトピー、脂漏性湿疹などの皮膚の炎症

Uゾーンのニキビの画像 ニキビやアトピー性皮膚炎などのなんらかの皮膚の炎症が起きることでも活性酸素は多く発生します。例えば、ニキビの場合では嫌気性のアクネ菌が毛穴内で増殖することで引き起こされますが、免疫システムの働きにより、ヒドロキシラジカルという強力な活性酸素がアクネ菌の増殖を抑制します。

この免疫が作用することで数日すればニキビの炎症がおさまるのですが、このヒドロキシラジカルという活性酸素の影響でメラニンが過剰に作られて色素沈着をおこし、場合によっては正常な細胞や組織にまでダメージを及ぼしてニキビ跡のクレーター凹みを引き起こすこともあります。アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などにおいても炎症によって発生する活性酸素の影響を受け、シミ・色素沈着が悪化することがあります。

メラニン色素を必要以上に作らせないためには肌の炎症を抑制することがポイントになり、そのことから近年の美白化粧品などには抗炎症作用のある成分が含まれていることが多くなっています。炎症を抑制する成分には、カモミラET(カミツレエキス)、トラネキサム酸、グリチルリチン酸類などが使用されることが多いです。

アトピー性皮膚炎治療において、ステロイド外用薬を使用すると色素沈着ができると思い込んでステロイドを避ける人が多いようですが、実際にはステロイドによる影響ではなく、しっかりと皮膚の炎症を抑えなかったことで皮膚が色素沈着をまねくケースがほとんどです。ステロイドの副作用を恐れるあまり治療が中途半端になっている人は色素沈着を起こすこともあります。

喫煙

タバコを吸う画像 喫煙は大量の活性酸素を生み出す原因になります。喫煙をする人ほど肌の抵抗力や皮脂が過酸化脂質に傾きやすいことがわかっており、その影響で皮膚が炎症を起こしたりすればシミができてしまうことがあります。また、喫煙はターンオーバーを乱して肌の透明感を奪い、肌にくすみを引き起こす原因になります。

ストレス、過労、過度の運動

ストレスや過労によっても活性酸素が必要以上に発生します。ストレスを感じる人ほど皮脂の質も悪く、ターンオーバーが乱れがちになります。また、過度の疲労をまねくような運動も極端に活性酸素を生み出します。