ターンオーバーの低下がしみ・くすみの原因? 新陳代謝低下と色素沈着

肌を触る女性の画像 しみやくすみができる原因の一つが肌のターンオーバーの低下(新陳代謝の低下)です。

きちんと日焼け対策をしているのに顔色がさえないと思うときはターンオーバーが乱れている可能性があります。

新陳代謝としみ・くすみ・肌老化について

ターンオーバーの低下によるシミ

表皮の基底層で作られるメラニン色素は、紫外線や活性酸素、肌への刺激などによって多く生成されます。通常はターンオーバーによってメラニンを含んだ細胞が表面へと押し上げられ、最後は垢となって剥がれ落ちていきますが、肌の新陳代謝が低下していればそのままメラニンが肌に残ってしまうようになります。

ターンオーバーの乱れによって隠れジミが現れる

肌を触る女性の画像 シミ一つなくキレイに見える肌でも実際にはシミやそばかす、肝斑などを隠れもっていることがあります。例えばUVカメラを使った方法では、肉眼ではシミなどが確認できない人においても隠れたシミをもっていることが多く、それは将来的に肉眼でもわかるようなはっきりとしたシミとして現れる可能性があることを意味します。そしてターンオーバーが低下することで、隠れもったシミがしだいに目立つようになります。

古い角質が溜まると肌がくすむ

ストレス、加齢、肌の乾燥などによってターンオーバーの乱れると、古い角質が肌に残ってしまいます。角質そのものがわずかに黒みを帯びているため、それが肌に多く残ってしまえば肌も黒ずんで見えてしまうことがあります。

ターンオーバーが低下する原因とは?

新陳代謝は加齢によって低下する

肌の新陳代謝というのは20歳前後をピークにその後は年々低下していきます。そのため、加齢によってしみ、くすみ、しわ、たるみなどの現象が増えるのは当然ですが、肌細胞を活性化させたり、肌へのダメージを避けるようにすることで肌老化の進行を抑制することは十分可能です。そのためには「紫外線対策」「保湿」「良質な睡眠」などを守ることが最も重要になります。

紫外線ダメージ

紫外線を嫌がる画像 紫外線は細胞や遺伝子にダメージを与えます。通常はダメージを受けた細胞は修復する力を持っていますが、紫外線のダメージが強い場合や、ダメージの蓄積が大きくなるほど細胞や遺伝子の損傷が進行し、修復する再生力が衰えてしまいます。紫外線による影響は日々蓄積されていきますので、美肌を維持するためには必ずUVケアが必要になります。

乾燥によるターンオーバーの乱れ

肌は十分な水分量がなければ正常なターンオーバーを行うことができません。ダメージを受けた肌細胞を再生するには十分な水分が必要不可欠なのです。

その血管が通っていない表皮に栄養を届ける役割をしているのが角質層にある潤い成分であり、水分不足になると表皮のターンオーバーが乱れてしまいます。肌の乾燥によってターンオーバーが乱れると古い角質が溜まってくすみをまねくことがあります。

例えば、皮膚の再生を促すような美容医療の現場においても必ず保湿をすすめられます。傷跡の回復やアンチエイジングなどの目的においては保湿はとても重要なことなのです。

ストレス、過労、睡眠不足など

ストレスや過労などが続くことでも新陳代謝を乱す原因になります。ストレスは生理機能を低下させますので、肌だけではなくカラダ全体の老化を進行させてしまいます。また、肌細胞は睡眠中に活発に作られるため睡眠不足も肌トラブルをまねく要因になります。