皮脂や化粧品油脂成分の酸化が肌のしみ・くすみの原因?

女性の肌の悩み 肌のシミ、色素沈着、くすみの原因の一つが皮脂や化粧品油脂成分の酸化の影響です。これは、皮脂や化粧品に含まれる油脂成分が酸化して過酸化脂質という物質に変化し、肌に刺激を与えることで引き起こされるものです。

皮脂の酸化としみ・くすみ・肌荒れの関係

皮脂の酸化は肌に刺激を与える

毛穴内に存在する皮脂腺から分泌される皮脂は空気に触れたり、紫外線に当たることで酸化されてしまいます。皮脂などの油脂成分は酸化されると過酸化脂質に変化して不安定な物質へと変化し、肌に刺激を与えるようになります。

過酸化脂質は活性酸素を発生させる

皮脂が酸化すると過酸化脂質をという不安定な物質へと変化します。その過酸化脂質は肌に刺激を与えて活性酸素を発生させ、炎症を引き起こす原因となります。皮膚が活性酸素の影響を受けるとメラノサイトにあるチロシナーゼ酵素の働きでメラニン色素を過剰に生成し、この影響でシミなどの色素沈着ができたり、酸化された皮脂の影響で肌がくすんで見えてしまうことがあります。

過酸化脂質は脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の原因の一つになり、また、皮脂の酸化は皮脂汚れを引き起こして毛穴を詰まらせるためニキビ、吹き出物などの原因になります。

皮脂の酸化による毛穴の黒ずみ

皮脂が酸化すると肌を刺激して活性酸素を発生させ、シミやくすみの原因になりますが、その過酸化脂質の影響を受けやすいのが毛穴です。毛穴が過酸化脂質の影響を受け、メラニンが過剰に作られるため、毛穴周辺が黒ずんでしまうことがあります。

毛穴のしみ・黒ずみは皮脂分泌が多い人に出来やすい

毛穴のしみ・黒ずみは、皮脂分泌が多い人ほど影響を強く受けます。皮脂は常に外界にさらされており、紫外線や空気に触れることで酸化してしまいます。そのため、皮脂量が多いほど皮脂酸化による影響を大きく受けやすく、毛穴の黒ずみ、毛穴の汚れ、ニキビなどの毛穴トラブルにつながりやすいといえます。

ストレスを受けやすい人ほど皮脂が酸化しやすい?

ストレスを感じている人の皮脂を調べると、皮脂が酸化の影響を受けている傾向があることがわかっています。特に皮脂成分の一つである「スクワレン」という物質は酸化の影響を受けやすい成分の一つで、酸化されたスクワレンが連鎖的に他の皮脂成分の酸化を促し、過酸化脂質へと変化させて皮膚に刺激を与えるようになってしまいます。

「スクワレン」と似た成分に「スクワラン」という成分がありますが、スクワレンを酸化しにくいように安定させたものがスクワランです。酸化しにくいスクワランはエモリエント保湿成分として化粧品に多用されています。

メイク化粧品にも油分は含まれる

化粧品におけるクリーム、乳液、美溶液などの多くには油分が含まれています。またはファンデーションなどのコスメにも油分が含まれていることが多いです。肌への密着性や仕上がりを向上させるために油分が多く含まれていることがほとんどです。

問題はそれらの化粧品中の油分が酸化すると肌に刺激を与えてしまうことです。油分が過酸化脂質に変化して活性酸素を発生させ、その影響でメラニンを過剰に作り出してシミの原因になることがあります。

化粧品で使用される油分は酸化しにくい油脂成分で作られているためあまり神経質になる必要はないと思いますが、化粧品の油分が紫外線の影響や空気に触れて酸化することで肌に負担をかけてしまう可能性があるため、できる限り紫外線に当たらないようにしたり、不要になったメイクはすぐに落とすようにするなどの工夫をしましょう。

化粧品による「油焼け」の心配は?

「油焼け」とは化粧品中の油分に不純物が含まれていたり、油脂成分が酸化して不安定な物質に変化し、それによって肌が赤く焼けるような状態(油焼け)になってしまうことをいいます。

従来は石油の精製技術が未熟だったために化粧品中の鉱物油に不純物が残ってしまうといった現状がありましたが、現在では石油の精製技術が確立されてほぼ100%に近いレベルで不純物を取り除くことができるようになっています。そのため、化粧品の品質の問題で油焼けを起こすということはないと思います。

ただし、化粧品中の鉱物油の品質が向上したといっても紫外線や空気などの影響によって酸化の影響は受けます。