黄体ホルモン(女性ホルモン)の影響がシミ、肝斑の原因?

女性の肌の悩み シミ、色素沈着が悪化する原因の一つがホルモンバランスの変化です。女性の場合は、月経(生理)や妊娠を経験することで、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンのバランスが変化し、その変化によってシミができやすくなったりすることがあります。

女性特有の肝斑(かんぱん)というシミも女性ホルモンが変化することで発生すると考えられています。今回は、女性ホルモンの変化とシミや肝斑の関係について解説してきます。

女性ホルモンとしみ・肝斑について

メラニン色素を増やす働きがある黄体ホルモン

女性ホルモンには主に月経(生理)後の卵胞期から排卵期まで分泌が高まる卵胞ホルモン(エストロゲン)と、排卵期以降に分泌が高まる黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、この2つの女性ホルモンが増減することで女性の身体の変化をもたらします。

女性の生理周期と女性ホルモンの変化の画像

卵胞ホルモンと黄体ホルモンのうち、黄体ホルモン(プロゲステロン)にはメラニン色素を増やす働きがあるといわれています。一般に、生理前といわれる排卵期以降にはシミができやすくなり、肌が不安定になる傾向があります。

肝斑の原因になる黄体ホルモン

肝斑の写真 シミの一つに「肝斑」というものがあります。肝斑とは、頬に左右対照にできやすいモヤモヤしたシミで、主に30~40代の女性に現れる傾向があります。肝斑が30~40代の女性に多い理由は、黄体ホルモンという女性ホルモンの影響や年齢によるものなど、様々な要因が指摘されています。

肝斑は妊娠中にできやすい?

女性が妊娠すると妊娠を継続させるように働く黄体ホルモンの分泌が優位になります。その黄体ホルモンはメラニン色素を増やす働きがあり、また肝斑といわれる頬の左右対称にできる女性特有のシミを引き起こす場合があります。

妊娠期にシミが増えたという人は少なくありませんが、その原因は黄体ホルモンの影響ではないかと考えられています。

ピル(経口避妊薬)の服用でシミができやすくなる?

ファボワール(ピル) ピルによって肝斑というシミができやすくなることがあります。ピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類の女性ホルモンがバランスよく配合されたお薬で、一般に避妊薬として使用されます。

ピルによって肝斑が発生しやすいのは、通常とは違う女性ホルモンバランスになるためです。ピルを長期的に続けているほどシミ・肝斑などが発生しやすくなることがあります。ただし、ピルによってシミや肝斑ができやすかどうかは個人差があります。

肝斑の原因は実はまだはっきりと解明されていません。妊娠期や経口避妊薬(ピル)を服用することで現れやすい傾向があることから、黄体ホルモン(プロゲステロン)が影響しているのではないかといわれています。

黄体期は肌が不安定になりやすい?

女性の肌の悩み 排卵後の黄体期に分泌が高まる黄体ホルモン(プロゲステロン)は、皮脂分泌を促す作用があるといわれています。そのため、黄体期には肌のキメが乱れたり、ニキビや吹き出物などが発生しやすくなります。

一般に生理前にはニキビができやすくなるとされますが、その現象は黄体ホルモンが影響しているとされます。

黄体ホルモンが皮脂を増やす理由は?

プロゲステロンとテストステロン 黄体ホルモンが増えると皮脂分泌も増加するのは、黄体ホルモンには男性ホルモン様作用があるためです。(男性ホルモンは皮脂を促す作用があります)。

黄体ホルモンは、男性ホルモンと同じようにコレステロールから作られるステロイドホルモンであり、構造的に男性ホルモンと似ていることから部分的に男性ホルモンと似たような働きがあります。

例えば、ピルに含まれる黄体ホルモン(プロゲステロン)も男性ホルモン様作用があり、ピルの種類によってはニキビが増大してしまうこともあります。ニキビ治療に使用されるピルは男性ホルモン様作用が少ない低用量ピルが使用されます。

また、黄体ホルモンは妊娠成立に向けてエネルギーを蓄えるように導く女性ホルモンであり、それによって溜まったエネルギーを排出するために皮脂が増えてしまうといった現象が起こるのかもしれません。