肌への刺激・摩擦の影響がしみ・皮膚の黒ずみの原因?

シミ、肌の黒ずみ、色素沈着の原因の一つが摩擦刺激によるものです。肌が刺激や摩擦を受け続けると、メラニンがたくさん作られてシミの原因になることがあります。

肌への摩擦とシミ・黒ずみについて

皮膚が刺激を受けるとメラニン色素が作られる

皮膚が摩擦などの物理的な刺激を受けると、防御反応としてメラニンがたくさん作られます。通常はターンオーバーによってメラニンを含んだ肌細胞は表面へと押し上げられ、垢となって剥がれていきますが、新陳代謝が低下していたり、慢性的に刺激を受け続けたりすると色素沈着として残ってしまうことがあります。

摩擦黒皮症

真皮に入り込んだシミの画像 摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)とは、皮膚が継続的な摩擦や強い刺激を受けて引き起こされる色素沈着で、メラニンが真皮層に落ちこんでしまうのが特徴です。メラニン色素は表皮層の最下部の基底層というところで作られ、通常メラニンは表皮層に存在して、多くはターンオーバーによって排出されていきますが、基底層よりさらに下層の真皮層にメラニンが入り込んでしまうため、すぐには改善しにくい傾向があります。

この症状は、ゴシゴシ洗い、きつい下着の着用、靴ずれ、(アトピーなどで)皮膚を掻くなどの皮膚への刺激、摩擦が原因で引き起こされます。顔よりも体にできやすい傾向がありますが、顔もゴシゴシ洗いなどによって日常的に刺激を与えているとメラニンが真皮層の入り込んで肌が黒ずんでくることがあります。

肌に摩擦・刺激を与えないために注意すること

洗顔・クレンジングには注意

洗顔をする画像 洗顔やクレンジングというのは皮脂汚れや化粧などを落とすために必要なスキンケアですが、肌に刺激を与えやすい行為でもあります。皮膚はとても傷つきやすく、ちょっとした摩擦でも角質に細かい傷がついてしまい、肌に刺激が加わるほどメラニンは確実に作られます。特に顔の角質層は薄いため、ほかの部位よりも優しく洗うべきです。

頬や鼻などの隆起した部分は特に優しく洗う

鼻や頬などの骨が隆起している部分は洗顔時において気づかないうちに強い刺激を与えていることがあります。頬の皮膚は刺激に対する反応が強いため、たくさんの泡で優しく洗うことをこころがけましょう。

ナイロンタオルにも注意

体を洗う時にナイロンタオルを使用していると、気づかないうちに肌が黒ずんでくることがあります。繰り返される皮膚への摩擦によって引き起こされる「摩擦黒皮症」という症状は、ナイロンタオルによって引き起こされることが多いことから、「ナイロンタオル色素沈着症」ともいわれることがあります。ナイロンタオルをやめて、顔を洗う時と同じように手洗いでカラダを洗うことで劇的に皮膚への刺激を抑えられます。他にも、ボディブラシなども注意が必要です。

きつい下着(補正下着・補整下着)をつけない

下着跡の画像 サイズが合っていないブラジャー、ガードルなどの下着を身に着けていると、皮膚への圧力によって色素沈着を起こすことがあります。特にプロポーションを保つ目的で積極的に補正下着を身に着けている人は、体形を気にするあまり、色素沈着に対して不注意になっていることが多いようです。

お化粧の時は皮膚に刺激を与えない

お化粧の時も気づかないうちに皮膚に強い刺激を与えていることがあります。特にアイメイクの時には瞼(まぶた)をこすったり、引っ張ったりしてることがあり、いつの間にかまぶたがくすんでいたということも少なくないようです。目元の皮膚はとても薄くデリケートなので出来る限り余計な刺激は避けたいところです。

若い時期は新陳代謝も活発なため、少しくらい刺激を与えても何も影響は起こらないように見えますが、実際にはダメージが蓄積されているかもしれません。