しみ・そばかす対策 紫外線対策・UVケアのポイント

日焼け前と日焼け後の肌の画像 シミ・そばかすの原因となるメラニン色素(黒色メラニン)が作られる原因の多くが紫外線による影響です。肌老化の約8割が紫外線による老化だと言われ、紫外線によって進む老化を「光老化」と呼んだりします。その紫外線には様々な性質があり、紫外線を防ぐことで肌老化を予防することができます。

紫外線の性質

紫外線には大きく分けて「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があり、それぞれには波長の違いにより肌に対して様々な特性があります。

UV-A(紫外線A波)
UV-Aは、地表に届く紫外線のうち9割以上を占める紫外線です。波長が長いので肌ダメージは弱いですが、真皮層にまで届いて活性酸素を発生させ、長期的に浴び続けるとシミだけではなく、コラーゲンやエラスチンを変性させてシワ・たるみの原因にもなります。また、真皮層の線維芽細胞にダメージを与えることで、コラーゲンなどの生成力低下もまねきます。

UV-B(紫外線B波)
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いため、多くがオゾン層に吸収されて地表に届く量が少ない紫外線です。UV-Bは波長が短いため肌へのダメージ力が強く、「サンバーン」といわれる肌の炎症を引き起こす原因となります。ただし、波長が短いため表皮層にだけダメージを及ぼし、真皮層などの深い部分には届かない性質があります。

UV-C(紫外線C波)
UV-Cは、UV-AやUV-Bよりもさらに波長が短く、皮膚に対して非常に強いダメージを及ぼす紫外線です。ただし、UV-Cは波長が短いためオゾン層によって吸収され、通常は地表に届くことはありません。

紫外線が特に強い時期は5月、6月、7月、8月の4か月間

紫外線は太陽から降り注ぐものですから、太陽が高く昇り、日照時間が長ければ長いほど降り注ぐ紫外線量は多くなります。そのため、日照時間が長い夏場は日焼けすることが多く、年間を通しても肌ダメージを多く受ける時期になります。

理論的には、夏至(6月21日ごろ)の日が最も太陽が高く昇るため、そのあたりの時期が最も紫外線量が多くなります。ただし、6月から7月にかけては梅雨期のため曇りが長く続くので地上に降り注ぐ紫外線量は少なくなります。

梅雨の時期でも、雲一つない晴天時であれば非常に強い紫外線が降り注いでいます。梅雨期はまだ気温も低いため、紫外線に対しても油断しがちになりますが、天候によってはとても強い紫外線を浴びていたりします。

紫外線A波はガラスを通り抜けることが出来る

UV-A、UV-Bの紫外線のうち、UV-Aは波長が長いためガラスなどの物体を通過することができます。(一方、UV-Bは波長が長いのでガラスに吸収されます)。そのため、例えば日差しが強い夏場に窓際にいると、気づかないうちに日焼けしてしまうこともあります。

窓ガラスでも、複層ガラス(ペアガラス、合わせガラス)などでは紫外線通過率が低くなります。また、自動車の窓ガラスはしっかりとUVカット処方された複層ガラスや強化ガラスが使用されているため、車の中では紫外線に対してあまり意識する必要がないと思います。

紫外線は反射する

紫外線は反射する性質をもちます。コンクリートでは5%ほど、水面・海面では5~20%、雪面では85%ほど反射するといわれています。そのため、屋外では日影にいても場所によっては反射によって紫外線を浴びている可能性があります。

紫外線対策のポイント

日常生活ではSPF10~15程度のサンスクリーンを

紫外線ブロックSPF 日常生活でも、洗濯物を干したり、お買物に行ったりしていれば必ず紫外線を浴びています。夏場1週間に浴びる生活紫外線は、海水浴1時間と同じくらいの紫外線量だといわれ、気づかないうちに紫外線ダメージが蓄積して肌老化が進行しているかもしれません。肌老化の進行を遅らせるためには、そのため、日常的にUVケアの必要があります。

日常生活ではSPF10~20程度、スポーツやレジャーではSPF20~30、海水浴などではSPF20~30の日焼け止めクリームを厚塗りして肌を保護しましょう。

パウダーファンデーションだけでも紫外線ブロック効果がある

ファンデーションを塗るお化粧の画像 特に紫外線ブロック効果をうたっていないパウダーファンデーションでも、パウダーの紛体そのものに紫外線散乱剤のような作用があり、ある程度は紫外線ブロック効果があります。毎日のお化粧で肌が敏感になっている時などは、日焼け止めクリームよりも、パウダーファンデーションで簡単にUVケアするほうが理想的です。

レーザー治療においても、パウダーファンデーションが少しでも肌に残っていると、レーザー光が跳ね返されてしまい、しっかりと効果を得られないことがあります。

日焼け止めは紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤を使用する

紫外線ブロック効果のある成分には、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。このうち紫外線吸収剤は、紫外線に当たると化学変化を起こして強い刺激を与え、かぶれやアレルギー反応を引き起こす危険性があります。

一方、紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射させる物質(酸化亜鉛、酸化チタンなど)を配合したもので、肌の負担になることはありません。肌の安全性を考慮して、紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤を使用するようにしましょう。

紫外線散乱剤には「紫外線吸収剤フリー」、「ケミカルフリー」、「ノンケミカル」などと表示されています。

日傘や濃い色の洋服を着る

紫外線が強い日に外出する際は、日傘を使用することで直射日光を劇的にブロックすることができます。紫外線は黒色などの濃い色の方によく吸収されるため、白い日傘よりも黒い日傘のほうが理想的です。また、日傘だけではなく洋服も濃い色の方が紫外線による影響を和らげることができます。

薄い生地の白い日傘の場合は、多くの紫外線を通過してしまい、実際にはあまり紫外線予防にならないことがあります。