ビタミンCは色素沈着(しみ・そばかす・肝斑)に効く美白成分

ビタミンC ビタミンCとは、壊血病を予防することから発見された水溶性のビタミンです。「アスコルビン酸」ともいいます。

ビタミンCは美容面においては、抗酸化作用による老化防止効果や、メラニン色素の生成を抑制してシミや色素沈着を防いだり、コラーゲンの合成に深く関与して若々しいハリのある肌をサポートする働きがあります。

そのため、ビタミンCが慢性的に不足してしまうと、しみやしわが増え、実年齢よりも高く見られてしまうようになってしまいます。

今回の記事は、ビタミンCのしみや色素沈着への効果や、不足する原因、サプリ摂取のポイントや多く含まれる食品などを詳しく解説していきます。

ビタミンCのしみに効く美白効果いろいろ

チロシナーゼ酵素の働きを抑制する

ビタミンC シミや色素沈着、肝斑などはメラニン色素の沈着によってもたらされます。そのメラニンは紫外線や物理的な刺激などによってメラノサイトというメラニンを作る細胞がチロシナーゼという酸化酵素を活性化させ、そのチロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させることで生み出されます。

ビタミンCは、このチロシナーゼという酵素の働きを阻害するため、メラニン色素の過剰な生成を抑えてくれます。しみができにくい肌へと導いてくれるのです。

すでにあるメラニンを還元する作用がある

肝斑の画像 ビタミンCは、すでにできたシミや肝斑、炎症後色素沈着などのメラニン色素の沈着を淡色化する「還元作用」という働きをもちます。

多くの美白成分は、チロシナーゼの働きを抑制して美白に導く「予防効果」をもたらすものですが、ビタミンCにはシミや肝斑そのものを薄く改善する働きがあります。

活性酸素を除去する抗酸化作用がある

シミの原因となるメラニン色素。そのメラニンを作り出すチロシナーゼ(酸化酵素)は、活性酸素によって活性化します。活性酸素が発生すると、様々な情報伝達物質が放出されて、それがチロシナーゼを活性化させてしまうのです。

活性酸素は紫外線や皮膚の炎症などによってたくさん発生しますが、ビタミンCには抗酸化作用があり、発生した活性酸素を無毒化して過剰なメラニンの生成を抑制します。シミや色素沈着ができにくくなるのです。

コラーゲン生成に関与する栄養素

ビタミンCは、皮膚のハリや弾力を生み出すコラーゲンの合成に関与しています。また、ビタミンCは補酵素として様々な代謝過程に関与し、新陳代謝を正常に維持する役割をもちます。

そのため、ビタミンCが不足すれば皮膚にハリや潤い、透明感が失われ、肌全体がくすんだ状態になってしまうことがあります。シミが目立たなくても透明感がなければ老けた印象を与えてしまいます。

ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンを再生する

ビタミン ビタミンAやビタミンEなどの抗酸化ビタミンは、自らが酸化されて相手(主に脂質など)を再生させることで抗酸化作用を示しますが、ビタミンAやEのような脂溶性ビタミンは、体内の脂質に溶けて長くとどまる性質があるため、そのビタミンが酸化されると脂溶性ビタミンそのものが不安定な物質へと変化します。

ビタミンCは不安定な物質になった脂溶性ビタミンを再生させて元の活性を取り戻す働きがあります。また、体内に存在するコエンザイムQ10などもビタミンCの働きによって相乗効果を示します。

化粧品の美白成分として認可されている

アドバイスする女性看護師の画像 ビタミンCには、化粧品としても有効性が認められており、美白化粧品における医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可されいます。化粧品に含まれる場合は、通常は安定したビタミンC誘導体という形で配合されています。

ビタミンC誘導体の化粧品を使うことでシミの予防や改善につながるはずです。

ビタミンCが不足する原因とは?

ビタミンCはストレスで消耗する

ストレスやイライラの写真 人間がストレスを受けると、ストレスに対応するために副腎皮質ホルモンが分泌されますが、その副腎皮質ホルモンの合成に関与するのがビタミンCです。

そのため、ストレスを受けると体内ビタミンCが多く消耗されます。実際にストレスやイライラを感じやすい人はシミや肝斑が悪化しやすい傾向があるようです。

喫煙でビタミンCは消耗する

タバコを止める画像 喫煙によってもビタミンCが多く消耗されます。一時期は、「タバコ一本を吸うと体内のビタミンCが約25mg消耗される」といわれていたこともありました。

実際に、喫煙者の体内ビタミンC濃度は非喫煙者よりも低いことが明らかになっています。そして、ビタミンCサプリなどを摂取しても血中濃度は回復しにくいようです。本気でシミや肝斑を治したい場合はタバコをやめて、禁煙を維持しなければいけません。

過労、激しい運動

肉体労働や激しい運動などの生活レベルが高くなることでビタミンCの消耗が多くなります。肉体労働者やアスリートなどは、通常よりもビタミンCの摂取を意識する必要があります。

ダイエット

野菜を食べる女性の画像 ダイエットで食事が不足したり、偏ったりすることでビタミンCが不足しやすくなります。ダイエット中にシミやニキビ跡の色素沈着などが悪化してしまうことはよくあります。食事制限中でもビタミンCのような大切なビタミンは不足しないようにしたいところです。

ビタミンCの摂取のポイント

バランスの良い食事をおくるのが基本

バランスの良い食事 ビタミンB群などの多くのビタミンは腸内細菌などによって合成されることがありますが、ビタミンCは一切体内で合成することができません。そのため、しっかりと食品から摂取する必要があります。

一日の所要量は?

ビタミンCの1日あたりの必要量は、以下の通りです。

(男女)成人:100mg、妊婦:110mg、授乳婦:140mg

妊婦や授乳婦ではビタミンCの所要量が多くなります。また、風邪をひいている時や、ストレス、過労などの場合でも必要量が多くなります。他にも、肉体労働者、アスリート、などの生活における活動強度が高くなることでもビタミンC必要量が多くなります。

ビタミンCを多く含む食品・食べ物

ビタミンCは主に果物や野菜に多く含まれています。

ビタミンCを多く含む果物(可食部100gあたり)

いちご:62mg、キウイフルーツ:69mg、アセロラ果汁:120mg、グレープフルーツ:38mg、みかん:32mg、柿(かき): 70mg、オレンジ:50mg、レモン:100mg

ビタミンCを多く含む野菜(可食部100gあたり)

キャベツ:47mg、かぼちゃ:43mg、こまつな:39mg、ほうれんそう:35mg、モロヘイヤ:65mg、しゅんぎく:21mg、大根の葉:53mg、トマト:18mg、パセリ:120mg、青ピーマン:76mg、赤ピーマン:170mg、黄ピーマン:150mg

美白効果のあるビタミンC摂取量は一日300mg以上

ビタミンCサプリを飲む シミやくすみの予防と改善のために有効なビタミンC摂取量は、一日あたり300~500mgほどが理想的だといわれます。

この量を毎日食事から摂取するのは困難なので、サプリメント(健康食品)を利用すると良いと思います。ビタミンCのサプリメントは価格もそれほど高くないため、家計の負担になることはありません。

ビタミンCは過剰摂取すると、軟便、下痢を引き起こす

ビタミンCは水溶性ビタミンであるため蓄積性がなく、不要な分は尿と共に排出されるため、一時的に過剰摂取しても深刻な副作用を引き起こすことはありません。

腹痛の画像 ところが、ビタミンCを過剰摂取による副作用として下痢・腹痛を引き起こすことがあります。これは、ビタミンC(アスコルビン酸)の酸度が腸管を刺激して腸内の蠕動運動が活発になりすぎてしまうことが原因だとされます。

多くの場合、ビタミンCを一度に1000~2000mg以上摂取すると、下痢を起こすリスクが高くなるようです。シミに効くからといって過剰に摂取しないようにしましょう。

食後に摂取し、数回に分けて摂取する

サプリメント摂取 ビタミンCは水溶性のビタミンであるため、サプリメントなどで一度にたくさん摂取しても不必要な分は尿とともに排出されてしまいます。そのため、数回に分けて摂取するのが理想的です。

また、ビタミンCは食後に摂取したほうが持続的に吸収されるようになるため、空腹時よりも食事とともに摂取するのが理想的です。毎日、1日3食、食後に摂取することでビタミンCの血中濃度を高いレベルで長く維持でき、シミや美肌にプラスの効果をもたらしてくれるはずです。