ビタミンC誘導体のシミ・色素沈着に効く美白効果と副作用

化粧品で美白、しみ解消 シミ・色素沈着に効く化粧品美白成分に「ビタミンC誘導体」があります。ビタミンCを別の物質と結合させて安定化し、肌に吸収されやすくしたものが「ビタミンC誘導体」で、メラニン色素を抑制する効果やシミを薄くする効果があります。

ビタミンC誘導体の美白効果

ビタミンCはメラニン色素が生成される過程をブロックする

シミの原因となるメラニン色素は、紫外線や活性酸素、肌への刺激などによって活性化するチロシナーゼという酸化酵素がチロシンをメラニンに変化させることによって作り出されます。ビタミンCは、このチロシナーゼの働きを抑制してメラニン色素の生成をブロックし、美白に導く作用があります。

ビタミンCはメラニン色素を淡色化する「還元作用」をもつ

シミは、メラニン色素がターンオーバーによって排出されずに肌に残ってしまう状態ですが、ビタミンCはメラニン色素そのものを淡色化する「還元作用」をもち、すでにできてしまったシミに働きかけて薄くする働きをもちます。

化粧品に含まれる美白成分の多くは、チロシナーゼの働きを抑制する成分ですが、ビタミンCはそれだけではなくメラニン色素そのものを淡色化して薄くする効果をもちます。

ビタミンCの抗酸化作用

ビタミンCには抗酸化作用があります。メラニン色素は活性酸素によって過剰に作られることがありますが、ビタミンCの抗酸化作用により活性酸素を抑制して余計なメラニン色素の生成を抑えます。

活性酸素は、紫外線、ニキビ、アトピーなどの皮膚の炎症、ストレス、過酸化脂質などの影響によって生み出されます。

ビタミンCは肌細胞を活性化する

ビタミンCは肌細胞を活性化する働きを持ちます。肌細胞を活性化することで肌本来がもつ傷ついた皮膚細胞を修復する働きや、セラミド、天然保湿因子(NMF)を作り出す働きも活発になります。また、ビタミンCには肌細胞の寿命を長くしてくれる作用があります。

ビタミンC誘導体について

水溶性ビタミンC誘導体で効果が高いのは「リン酸型」

しみ解消 ビタミンC(アスコルビン酸)はそのままでは不安定で肌に吸収されにくい性質があります。そこで、ビタミンCをリン酸基と結合させたリン酸型ビタミンC誘導体という形にすることで、肌への吸収と品質の安定を高めることができます。

リン酸型のビタミンC誘導体の効果が高い理由は、肌がリン酸をほどくホスファターゼという酵素をもつためです。肌に塗布したリン酸型ビタミンC誘導体がホスファターゼの働きによって肌内部でリン酸がとれて、ビタミンCがより浸透しやすくなるのです。

ビタミンCをグルコース(糖)と結合させた「アスコルビン酸グルコシド」という安定型ビタミンC誘導体もありますが、ヒトの肌が糖をほどく酵素をもっていないため十分な効果を得ることはできないといわれます。

リン酸型ビタミンC誘導体にはどんな種類がある?

リン酸型のビタミンC誘導体は主に以下の2種類が多用されます。

リン酸アスコルビルMg(APM、リン酸アスコルビルマグネシウム)

短時間で吸収され、浸透性が高い。リン酸アスコルビルNaと比較して刺激が少なく、ややコストが高い。皮膚科でも使用されます。水溶性ビタミンC誘導体の中では最も効果が高い。

リン酸アスコルビルNa(APS、リン酸アスコルビルナトリウム)

短時間で吸収され、浸透性が高い。リン酸アスコルビルMgと比較してコストが安い、溶かしやすい、やや刺激が強いなどの性質がある。皮膚科でも使用されます。

ビタミンC誘導体の理想的な濃度は?

にきび治療に有効なビタミンC誘導体ローションの濃度は、3~10%程度だといわれています。濃度が高くなると肌への刺激性が高くなる短所があり、濃度が高ければ良いというわけではありません。

ビタミンC誘導体ローションを購入するには?

ビタミンC誘導体化粧水は、一部の皮膚科で処方されている他に、インターネットなどの通信販売などでも購入できます。
【楽天】ビタミンC誘導体7%配合セラ VCローション

ビタミンC誘導体の使用上の注意

  • 水溶性ビタミンC誘導体化粧品は、濃度が高くなるにつれて肌を乾燥させる作用があります。使用後は保湿をしてください。
  • 紫外線に当たることにより品質が劣化するため、太陽光が当たらない冷暗所に保管しましょう。