エラグ酸のしみ・色素沈着に効く美白効果と副作用は?

化粧品を選んでいる写真 エラグ酸とは、イチゴ、ラズベリー、クランベリー、ブドウ、ザクロなどの果実に含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用をもつ成分です。

化粧品に配合されるエラグ酸はコストなどの問題により南米ペルー原産のマメ科の植物タラの実などから抽出されたものが使用されることが多いです。

エラグ酸には優れた美白効果があり、エラグ酸の美白作用は、「肌の漂白剤」といわれるハイドロキノンと並ぶくらいの効果があるといわれています。1996年に医薬部外品の主剤として厚生労働省に認可され、多くの化粧品に用いられています。

日本で最初のエラグ酸配合の化粧品は、大手医薬品メーカーのライオンがイチゴに含まれるエラグ酸に注目して製品化したもので、当時は話題になりました。

エラグ酸の美白効果

エラグ酸はチロシナーゼという酸化酵素を阻害する

シミや色素沈着の正体であるメラニン色素は、紫外線などの影響によってメラノサイト(色素細胞)に存在するチロシナーゼという酸化酵素が活性化し、そのチロシナーゼがチロシン(アミノ酸の一つ)を酸化させてメラニン色素が作られます。

エラグ酸はこのチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があり、メラニン色素の生成を抑制し、シミ、そばかす、色素沈着を改善する美白効果があります。

美白化粧品成分の多くは、このチロシナーゼという酸化酵素の働きを抑制してメラニン色素の生成を抑制する作用があるもので、エラグ酸のほかには「アルブチン」「コウジ酸」「ルシノール」「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「油溶性甘草エキス(グラブリジン)」などもその作用を有する部類に入ります。

エラグ酸には強力な抗酸化作用がある

活性酸素は紫外線、喫煙、ストレスなどによって発生し、細胞を酸化させて肌老化や皮膚に炎症を引き起こす原因となり、メラニン色素の過剰生成の要因でもあります。エラグ酸には強い抗酸化パワーがあるため、活性酸素による肌老化を防止する働きがあると考えられます。

エラグ酸の注意点、副作用や危険性は?

エラグ酸は厚生労働省に認可された美白剤

化粧品の画像 エラグ酸は1996年に医薬部外品の主剤として厚生労働省に認可された美白成分です。

厚生労働省に認可されるには様々な問題をクリアする必要がありますが、美白効果が非常に高いこと、エラグ酸によって皮膚の炎症や細胞の変質などが認められなかったこと、人間と馴染みが深いイチゴなどの果物にも含まれる天然の植物成分であることなどの判断により、厚生労働省はエラグ酸を一定の条件のもとで認可しています。

厚生労働省に認められるということは美白化粧品としての効果と安全性が高いといえますが、人によっては肌に合わないこともあると思います。その場合は必ず使用を中止しましょう。

化粧品に配合されるエラグ酸は低濃度

化粧品に配合されるエラグ酸の配合率は低濃度であり、高い濃度は配合されていません。エラグ酸には高い美白効果がありますが、その反面、何らかのリスクが起こることを考慮して配合濃度への規制が存在し、化粧品メーカーは低濃度しか配合することができないようになっています。