アルブチン、α-アルブチンの色素沈着・しみに効く美白効果と副作用

アルブチン アルブチンは、コケモモ、梨、ウワウルシなどの植物に含まれる美白効果のある成分です。原料的にはハイドロキノンに糖を結合させて作られるので、ハイドロキノン誘導体といわれることがあります。

アルブチンには高い美白効果があり、医薬部外品の有効成分として1989年に厚生労働省(従来は厚生省)から認可を受けている成分です。

なお、ハイドロキノンとは強力な美白作用がある成分で、美白成分の中でも抜群のメラニン合成の抑制とメラニン淡色化効果があります。

ハイドキノンはシミに対して即効性があるのですが、高い効果がある反面、刺激性があり、「かぶれ」といわれる接触性皮膚炎、アレルギー性の皮膚炎を起こす可能性があります。

アルブチンはそのハイドロキノンに糖が結合して安定している成分です。

アルブチンの美白効果について

アルブチンは、結合方法の違いによりα(アルファ)型の「α-アルブチン」と、β(ベータ)型の「β-アルブチン」に分かれます。

βアルブチン
一般的にアルブチンというと歴史が長いβ型の「β-アルブチン」をさします。「アルブチン配合化粧品」と表記してあるものは、基本的にβアルブチンを配合しています。コケモモなどに含まれる天然由来のアルブチンもβ-アルブチンです。

αアルブチン
α型の「α-アルブチン」は江崎グリコが開発したものです。α-アルブチンもβアルブチンと同じようにメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを抑制することで美白効果を示しますが、α-アルブチンにはβ-アルブチンの10倍もの美白効果があるといわれています。

アルブチンはチロシナーゼ酵素をブロックする

化粧水を使う女性の画像 メラニン色素は、紫外線や活性酸素などによってメラノサイト(メラニン細胞)が活性化し、メラノサイト内のチロシナーゼという酸化酵素がチロシンをメラニンに変化させることで作られます。

アルブチンは、メラノサイトに直接作用してチロシナーゼ酵素の働きをブロックし、メラニンの合成を阻止します。メラニン色素の過剰生成を抑えてシミを予防、改善し、透明感のある白い肌へと導きます。

チロシナーゼの作用を阻害する美白成分には、アルブチンのほかに、「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「油溶性甘草エキス(甘草フラボノイド)」などがあります。

α-アルブチンはβ-アルブチンの10倍の美白力がある

アルブチンには「α-アルブチン」と「β-アルブチン」がありますが、α-アルブチンはβ-アルブチンの10倍もの美白力があるといわれています。α-アルブチンには肌への親和性が高く、それだけ美白効果が高いとされます。

アルブチンはハイドロキノンの欠点を解消した成分

ハイドロキノンはチロシナーゼ不活性作用、メラニン淡色化作用などの強力な美白作用がある反面、刺激性が強かったりアレルギーの原因になることがあります。アルブチンはハイドロキノンと似た構造をしているため働きも似た作用をもちますが、糖と結合して安定している成分であるため、ハイドロキノンのような危険性はもちません。安心して使用することができます。

ただし、目安としてβ-アルブチンではハイドロキノンの100分の1の美白力しかないといわれています。

アルブチンの注意点、危険性、副作用は?

天然植物由来のアルブチンが安全性が高い

一概にはいえませんが、コケモモ、ウワウルシ、梨などから抽出される天然由来のアルブチンは、合成で作られるαアルブチンよりも安全性が高く肌に優しいとされます。化粧品トラブルを起こしやすい人は植物由来のアルブチンが適しています。

アルブチンが肌に合わないケースもある

アルブチンは構造的にはハイドロキノンと糖が結合したハイドロキノン誘導体であり、そのためハイドロキノンと似たような作用を有します。

そのため、ハイドロキノンに対してアレルギーを起こす人はアルブチンにおいてもトラブルが起きやすいといえます。アルブチンが肌に合わずに肌がかぶれてしまった場合は、必ずその化粧品の使用を中止しましょう。

手作り化粧品の場合は他の成分との組み合わせに注意する

アルブチンは構造的にはハイドロキノンに糖が結合している成分です。そのため、糖との結合をほどくような成分が含まれているとハイドロキノンと糖に分解されてしまいます。

ハイドロキノンは糖と結合している状態では安定していますが、単体では不安定で酸化されやすい性質があるため、例えば手作り化粧品などでアルブチンを使用する際には、ほかの成分との組み合わせに注意が必要です。