ハイドロキノンによる「シミ治療」美白効果・副作用・危険性とは?

ハイドロキノンの画像 ハイドロキノン(ヒドロキノン)とは、非常に強い美白作用がある成分で、シミの正体であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素そのものを淡色化する「還元作用」を有します。

即効性が高く、メラノサイトの働きを阻止して美白に導くことから「肌の漂白剤」とも呼ばれます。

ただし、ハイドロキノンは不安定で酸化されやすい性質であるため、劣化した品質の悪いものを使用すると、かぶれ、アレルギーによる接触性皮膚炎を起こす危険性があります。

そのため、かつてはハイドキノンを使用する場合は医師の処方箋が必要でした。その後、薬事法の改正により2002年から市販化粧品への配合が認可され、現在では店頭や通信販売などで購入できるようになっています。

さらにその後、酸素や光に対して不安定であったハイドロキノンに、それを安定させる「BCDAC」という物質を合成して安定化させた「安定型ハイドロキノン」が登場し、従来よりも劇的に安全に使用できるようになっています。

なお、ハイドロキノンによるシミ治療は、ターンオーバーを促進する作用があるトレチノイン(レチノイン酸)と併用することでより高い効果が得られます。

ハイドロキノンの美白効果について

ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを強力に抑制する

メラニン色素はチロシナーゼ(酸化酵素)がチロシン(アミノ酸の一つ)をメラニンに変換することで作られます。ハイドロキノンはこのチロシナーゼ酵素の活性を強力に阻害し、メラニン色素の合成を抑制します。

チロシナーゼを抑制する効果は、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸などの一般的な美白成分と比較して約100倍あるといわれています。

チロシナーゼの働きを抑制して美白作用を示す成分には、ハイドロキノンのほかに、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、油溶性甘草エキス(グラブリジン)など様々な成分がありますが、その中でもハイドロキノンはチロシナーゼの活性を抑制する作用が非常に高い成分の一つです。

ハイドロキノンはメラニン色素を淡色化する「還元作用」をもつ

ハイドロキノンには強力な還元作用があり、自らが酸化してメラニンを還元することで、すでにできてしまったメラニン色素そのものを薄く淡色化する働きがあります。このような作用をもつ美白成分には、ハイドロキノンの他にビタミンC誘導体などがあります。

ハイドロキノンには強い還元力があるのですが、それは反対に酸化されやすい性質であることを意味します。

ハイドロキノンはメラノサイト(メラニン細胞)の機能を低下させる

メラノサイトとはメラニン色素を作り出す細胞のことですが、ハイドロキノンはこのメラノサイトそのものの働きを停止させて、メラニン色素を作り出す機能を低下させていく働きがあります。メラニンを作る細胞の働きを低下させることで短期間で劇的な美白効果を得ることができます。

ただし、メラノサイトの機能が失われて、肌の色むら、白斑といわれる肌の色が部分的に抜ける現象が起こることがあります。これは、ハイドロキノンの濃度や長期使用によりリスクが高くなります。

そのため、高濃度のハイドロキノンを使用する場合は慎重に使用する必要があります。(5%未満のハイドロキノンでは白斑がおきる可能性は低いといわれています)。

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンは酸化されやすい不安定な成分

ハイドロキノンは非常に安定性が悪く、品質が酸化して劣化すると刺激性の強い物質へと変化します。酸化してできる「ベンゾキノン」という成分は皮膚に強い刺激を与えて、かぶれ、接触性皮膚炎を引き起こす要因となります。

そのため、月日が経過して劣化・変色したものや、純度の悪い製品を使用しないようにしましょう。また、酸化されやすいため、ハイドロキノンを塗ったまま紫外線に当たらないようにしましょう。

白斑(皮膚の色が抜ける状態)になる可能性

ハイドロキノンには、メラニン色素を作り出すメラノサイトそのものの機能を低下させる働きをもちます。そのため、高い濃度で長い期間使用していると肌の色が抜けてしまう白斑という状態になることがあるといわれています。

ただし、使用方法を守り、極端な使用をしなければ、そのようなことになることはまずありません。

ハイドロキノンの色素細胞への影響は弱いため、高濃度を長期間使用するといったことがなければ、肌の色が抜けるということはないと思います。(ちなみに、5%未満のハイドロキノンでは皮膚が色落ちする可能性は低いといわれています)。

ハイドロキノンの理想的な濃度

ハイドロキノンは、濃度が高くなるほど効果が高くなりますが、それと同時に副作用のリスクも高くなります。そのため、リスクが少なくて安定的に使用できる濃度を使用することが理想です。

ハイドロキノン5~10%濃度
5%以上のハイドロキノンの濃度は、一般に高い濃度だとされます。一部の皮膚科では10%近くの高い濃度でシミ治療を行っていることがありますが、副作用として皮膚の赤み、かぶれなどが現れやすい傾向があります。また、長期使用によって皮膚の色素が白く抜けてしまうこともあります。

ハイドロキノン4~5%濃度
濃度4~5%程度のものは、しっかりと効果を得られ、副作用のリスクも少ない濃度だといわれています。皮膚科で処方される一般的なシミ治療には4~5%程度の濃度がすすめられることが多いです。

ハイドロキノン2%未満
濃度2%未満は、安全に使用できる濃度だといわれています。効果はやや低いため、初めて使用する人や、色素沈着を気長に治したいという人に向いているかもしれません。ただし、人によっては2%濃度でも赤みやヒリヒリ感などを引き起こすことがあります。

安定型ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは優れた美白作用がありますが、特性上、酸素や光などの影響で酸化されやすい性質をもつため、場合によってはトラブルを起こすことが少なくありませんでした。

そのハイドロキノンに、「BCDAC」という物質と合成することで性質を安定化させた「安定型ハイドロキノン」が登場し、通常のハイドロキノンの欠点だった「酸化・劣化しやすい」といった問題点が解消され、多くの化粧品で使用されるようになりました。

安定型のハイドロキノンは、東京工業大学と新潟薬科大学の研究グループが開発し、「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」「新・安定型ハイドロキノン」などの名称で使用されています。

ハイドロキノンの副作用や危険性は?

  • かぶれ、アレルギーなどが起こらないか使用前にパッチテストを行いましょう。
  • メラノサイトの機能低下による肌色のムラ・白斑ができる可能性があるため、シミの部分よりもはみ出して広い範囲に塗布するようにします。
  • ハイドロキノン使用中は、日焼け止め(サンスクリーン)などを使用し、紫外線に当たらないようにします。これは安定型ハイドロキノンでも同様です。ハイドロキノンによるシミ治療は紫外線が弱くなる冬季に行うのが理想的です。
  • 急に使用を中止すると、かえって色素沈着がひどくなる場合があるため、段階的に濃度を落としたり、使用回数を減らしたりする工夫が必要です。
  • ハイドロキノンは、安定型ハイドロキノンであっても、かぶれ、アレルギー性の接触性炎症炎を起こすことがあります。トラブルが起きた場合は使用を中止しましょう。
  • 妊娠中、肌に傷がある、炎症ニキビ、皮膚炎など、肌がデリケートな状態では使用を控えるべきです。

品質上の注意

  • ハイドロキノンの色や匂いが変化した場合は、それは品質が劣化した証拠ですので、絶対に使用しないようにして、常に新鮮なハイドロキノンを使用するようにしましょう。劣化したハイドロキノンは肌トラブルの原因になりますし、美白効果も低下しています。
  • ハイドロキノンは非常に酸化されやすい性質があり、酸素、光、熱の影響で酸化が進行してしまいます。そのため、ハイドロキノン化粧品は冷蔵庫に保管するようにしましょう。安定型のハイドロキノンでは酸化されにくくなっていますが、基本的に冷蔵庫などの冷暗所に保管したほうが無難です。