ケミカルピーリング治療によるしみ・くすみに対する美白効果とは?

ケミカルピーリングとは、角質を剥離する作用がある成分を肌に塗布して古い角質を剥がし、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す治療です。

ケミカルピーリングは、主にニキビ治療や毛穴治療に用いられますが、肌のターンオーバーを促す効果があるため、メラニンの排出を促す目的で他の美白剤とともに用いられることもあります。

ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングの効果

  • 古い角質を除去し、新しい肌細胞の生成を促してターンオーバーを活性化する。
  • コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を高める。
  • 対象となるシミ、黒ずみの種類や度合いによっては、レーザー治療と同程度の効果があります。(ただし、全く効果が出ないシミもあります)。

適応症状

  • ニキビ(吹き出物)、毛穴の開き、毛穴の汚れ。
  • シミ、肌のくすみ、黒ずみなどの色素沈着。(ただし、ケミカルピーリングのみでは高い効果を得られないこともあります)。
  • ニキビ跡の浅いへこみ。クレーター。(皮膚の深い陥没にはあまり効果は出ません)。
  • 小じわ。

ピーリング剤の種類

ケミカルピーリングで使用される成分は、主に「グリコール酸」と「サリチル酸」が有名です。

グリコール酸

グリコール酸はα-ヒドロキシ酸 (AHA)の一つ。サトウキビなどから抽出され、肌への親和性が高いため、しっかりとした効果が得られる。コラーゲンやエラスチンなどを増やす効果もあります。一般的に、ケミカルピーリングというとグリコール酸を用いた治療が多いです。

サリチル酸マクロゴール

サリチル酸はβ-ヒドロキシ酸(BHA)の一つ。サリチル酸には角質軟化・剥離作用があり、そのサリチル酸をマクロゴールという基剤と組み合わせて行うピーリングが「サリチル酸マクロゴールピーリング」です。皮膚の深い部分には作用しないため高濃度でも使用可能で、肌に優しくトラブルが起きにくい方法です。

他にも、乳酸、クエン酸などを用いたピーリングもあります。

他の美白剤との併用

ケミカルピーリングは、古い角質を除去してターンオーバーを促す働きがあり、メラニンの排出を促進させる作用はありますが、シミの原因となるメラニン色素の合成を抑制する効果はありません。そこでケミカルピーリングにより古い角質がクリアされた後に美白剤を使用すると、化粧品の浸透がより一層高まって美白効果が高くなります。

美白成分には、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ルシノール、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などがあります。治療期間中は、それらが配合された化粧品を積極的に使用しましょう。

他にも、一部の美容皮膚科やエステサロンなどではケミカルピーリング後にビタミンC誘導体やプラセンタエキスを使ったイオン導入が行われていることがあります。

治療内容

Step1カウンセリングにより肌状態を診断。
Step2洗顔・クレンジングをして余計な汚れを取り除きます。
Step3肌に合った適切な種類と適切な濃度のピーリング剤を塗布し、角質を除去します。
Step4薬剤を塗布して5~10分後ほど経過後、顔を洗って薬剤を洗い落とす。
Step5ピーリング後は、アイスパックなどをして肌をクールダウンさせます。濃度が低い場合はクールダウンは不要です。
Step6施術後は、お化粧をすることができます。

シミ、そばかすなどの色素沈着の治療の場合、ケミカルピーリング後の美白剤の使用が有効です。ケミカルピーリングによって古い角質が除去され、美白剤の浸透しやすい状態になっています。

副作用と注意点

  • グリコール酸の場合、濃度が高くなるにつれて薬剤塗布時にヒリヒリ感がでてくることあります。我慢できるレベルです。
  • 肌質や濃度、使用する薬剤により、治療後に一時的に皮膚に赤みがでることがあります。時間の経過とともに治まります。
  • 施術後は、肌が薄くなってデリケートになっていますので、必ず紫外線対策が必要です。
  • ケミカルピーリングといった角質ケアを頻繁に行っていると、肌が疲弊してかえって肌老化が進行してしまうことがあります。