IPL・フォトフェイシャルによる色素沈着・しみ治療の効果と副作用とは?

フォトフェイシャル(IPL)を照射する画像 フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light:インテンス・パルス・ライト)という特殊な光によって様々な肌トラブルを同時に改善することができる光治療です。

フォトフェイシャルの光は幅広い波長をもち、シミ、そばかす、くすみ、黒ずみなどの色素沈着の改善に働き、他にも顔の赤み(赤ら顔)、毛細血管拡張なども同時に改善する作用があります。また、フォトフェイシャルの光は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの作り出す線維芽細胞を刺激して活性化させる働きがあり、シワ、小じわを改善する働きがあります。

シミ取り治療はレーザー治療のほうが即効性がありますが、フォトフェイシャルの場合は様々な症状を同時に治療できることや、レーザーよりも照射面積が広いメリットがあります。

フォトフェイシャルの光は、ターゲット部分のみに反応するため、肌トラブルやダウンタイムの心配もなく治療を受けることができます。

フォトフェイシャル(IPL)の波長

フォトフェイシャルは560~1200nmという幅広い波長をもちます。

フォトフェイシャルの光の性質を示す画像

フォトフェイシャルの波長は、シミなどの黒い部分(メラニン色素)と、顔の赤みなどの赤い部分(ヘモグロビン)のどちらにも効果があります。3種類のヘッド(光を発する部分)の組み合わせにより、メラニンへの反応を高めたり、赤み部分の反応を高めたりすることで、様々な症状を同時に改善することができます。

フォトフェイシャル(IPL)の治療について

フォトフェイシャルの効果

  • ターゲットに反応して、シミ、そばかす、色素沈着を改善します。
  • 赤いものにも反応し、赤み、赤ら顔、毛細血管拡張なども改善します。
  • 照射した光の作用により線維芽細胞が刺激されて、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を活発にし、肌にハリと潤いを与えます。
  • 開いた毛穴を引き締める。
  • レーザー治療よりも照射面積が何倍も広く、波長幅も広いため、様々な症状を同時に短時間で行うことができる。
  • 施術後から数日間は皮脂分泌を抑制します。

適応症状

  • シミ、そばかす、くすみ、黒ずみ。
  • 顔の赤み(赤ら顔)、毛細血管拡張症など。
  • 毛穴の開き、毛穴のたるみ。
  • しわ、小じわ(ちりめんじわ)。
  • オイリー肌、脂性肌。

治療内容

Step1カウンセリングにより、シミ・色素沈着の状態を診断。
Step2洗顔、クレンジングにより肌の汚れ、メイク・お化粧を落とす。
Step3目を保護するためのゴーグル、シールドなどをつける。
Step4フォトフェイシャルを照射していく。(パチッとゴムにはじかれたような痛みがあります。我慢できるレベルの痛みです)。
Step5照射後はアイスパックなどで照射部位のほてりをクールダウンさせる。
Step6施術後はすぐお化粧することもできます。

治療時間

治療時間は10~20分程度で済みます。

治療回数の目安

フォトフェイシャルによるしみ・そばかすなどの治療は、まずは3~4週間おきに5~6回程度の治療が目安です。フォトフェイシャルによるシミ治療は1回では取れないことが多く、その場合は数回繰り返す必要があります。

治療料金

治療費用は一回当たり1~3万円程度です。

フォトフェイシャルの注意点・副作用・危険性は?

  • 照射時にゴムでパチッと弾かれたような痛みがあります。(我慢できる程度の痛みです)。
  • 施術後にメラニン色素が押し上げられて一時的にシミが濃く見えることがあります。ただし、それは効果があらわれている状態で、時間の経過とともにメラニンは排出されていきます。
  • シミ、そばかすなどの治療の場合、一度で効果が出ないことがあり、その場合は数回治療行う必要があります。
  • 施術後は肌が若干乾燥することがあります。また、肌の再生力を高めるために施術後は特に保湿をする必要があります。
  • 妊娠中や肌に傷がある人、フォトフェイシャルを受けることが出来ません。
  • フォトフェイシャルは、ダウンタイムがマイルドな光治療ですので、あまり術後の副作用について神経質になる必要はありません。