Qスイッチ・ルビーレーザーによるしみ・そばかす・タトゥー治療の効果と副作用

Qスイッチ・ルビーレーザーの画像 Qスイッチ・ルビーレーザーとは、一度のレーザー照射で高い効果を得られるレーザー機器で、シミ治療で用いられる代表的なレーザーであることから「シミ取りレーザー」とも言われます。

ルビーレーザーは694nmという黒い部分(主にメラニン、アザ、タトゥーなど)に反応しやすい波長をもち、それを「Qスイッチ」というモードでパルス幅(照射時間)を劇的に短かくし、肌への負担を抑えながら高いエネルギーで照射することで、しっかりとした治療効果を得ることができます。

Qスイッチ・ルビーレーザーの「Qスイッチ」とは、高いエネルギーのレーザー光を瞬間的に発生する装置をいいます。Qスイッチ・レーザーは、ナノ秒台という非常に短い時間に強力なエネルギーを出力することが可能で、照射時間が極端に短いので高い出力でも肌に対する負担が少ない利点があります。

ルビーレーザーには、出力が強く真皮にまで作用する「Qスイッチモード」と、真皮へのダメージがほとんどない作用がマイルドな「ノーマルモード」があり、シミの症状に合わせてどちらかを用いますが、ルビーレーザーというと多くの場合は、皮膚の深い部分にしっかりと作用して効果が得られるQスイッチモードで使用されることが多いです。

Qスイッチ・ルビーレーザーの効果について

ルビーレーザーの波長は、694nm(ナノメートル)です。

シミや色素性病変に使用されるレーザーの吸収レベル

Qスイッチ・ルビーレーザーの694nmという波長は、黒い部分(主にメラニンなど)への反応が高く、赤い部分(主にヘモグロビン)への吸収が低いため、正常な血管へのダメージを抑えながらターゲットのメラニンに対して高い出力でレーザー照射することができます。

深くて濃いシミやアザなどに対しても高い効果を得ることができます。

効能のまとめ

  • シミ、色素沈着、あざ、刺青などの黒い部分を破壊して改善する。特に紫外線が原因の一般的なシミ(老人性色素斑)には高い効果があります。
  • レーザー照射によって破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されたり、マクロファージ(白血球の一種)によって処理されます。
  • レーザーが真皮層にまで届き、通常では改善が難しい症状(アザ、太田母斑、タトゥー除去など)にも効果を得られます。
  • 黒い部分に反応し、毛根部(毛球部、毛乳頭、毛母細胞)を破壊することから、脱毛にも用いられることがあります。ただし、日本人のメラニンが多い肌質ではルビーレーザーによる脱毛は不向きなことが多く、「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」のほうが適していることが多いです。

適応症状

  • シミ(老人性色素斑)、そばかす(雀卵斑)。
  • 刺青(いれずみ)、タトゥー、アートメイクなどの黒い部分。(レーザーの性質上、例えば赤い色のタトゥーには反応しません)。
  • あざ、太田母斑、伊藤母斑、両側性遅発性太田様色素斑、扁平母斑(カフェオレ斑)など。
  • ほくろ(盛り上がりのない平らなホクロ)、脂漏性角化症。
  • 外傷性刺青(外傷性タトゥー)。

太田母斑、外傷性刺青など、症状によっては保険適用になることもあります。

Qスイッチ・ルビーレーザーによる治療について

治療内容

Step1カウンセリングにより色素沈着の状態を診断。
Step2洗顔・クレンジングをして肌の汚れを落とす。(少しでもお化粧が残っていると、レーザーの効果が得られません)。
Step3照射部位を冷やす。(皮膚を冷やすことで痛みを感じにくくなります)。また、必要に応じて表面麻酔を塗布する。(30分ほど)
Step4目を保護するための、ゴーグル、シールドを乗せる。
Step5レーザーを照射していく。照射時には、ゴムで弾かれたような痛みがあります。
Step6照射部位を冷やしてクールダウンさせる。
Step7照射部位に肌色の保護テープを貼って終了です。

アフターケア

  • 施術後はレーザーのダメージによって瘡蓋(かさぶた)ができますが、それを無理に剥がしたりしないようにしましょう。
  • 基本的に施術後から10日くらいは照射部位に処方された軟膏を塗布してテープで保護する必要があります。(これは患部を湿潤状態にすることで皮膚細胞の再生が促され、より早くキレイに治るメリットがあります)。
  • 自然にかさぶたが取れると皮膚がピンク色になっていますが、時間の経過とともに肌色に戻ります。その部分は皮膚がデリケートになっていますので、刺激を与えないようにしましょう。
  • 施術前、施術後は必ず紫外線ケアをする必要があります。

治療時間

治療時間は数分で済みます。シミ治療の箇所が多い場合や、面積が広いアザ、刺青、タトゥー除去の場合は、さらに長い時間を要します。

治療回数の目安

一般的なシミの場合、ルビーレーザーの高い効果により通常は1回の治療で終わります。ただし、場合によっては薄いシミが再発することがあり、その場合は少し期間をあけて治療を重ねることによって改善します。また、アザ、太田母斑、タトゥー除去などでは複数回の治療が必要です。

治療料金の目安

治療費用は、病院によってシミの面積あたりで料金設定しているところや、レーザー照射1回あたりで料金設定しているところなど様々ですが、目安として5ミリほどのシミの場合では数千円~一万円程度が一般的です。

副作用と注意点

  • 照射部位がレーザーの衝撃により炎症後色素沈着を起こす可能性があります。
  • 瘢痕体質(ケロイド体質)の場合では、まれに治療後に肥厚性瘢痕・ケロイドを引き起こす可能性があります。瘢痕形成を予防するトラニラスト(薬剤名では「リザベン」など)という内服薬の服用が理想的なケースがあります。
  • 治療後に紫外線を浴びると症状が悪化し、シミが再発することがあります。
  • 妊娠中は女性ホルモン(黄体ホルモン:プロゲステロン)の関係により、シミが濃くなることがあり、レーザーによって炎症性色素沈着を起こすことがあるため、妊娠中の治療は控えます。