ニキビ・吹き出物が原因のシミ・色素沈着の対処方法

頬やアゴのニキビの画像 シミ・色素沈着を引き起こす原因の一つがニキビによる皮膚の炎症です。

ニキビ跡の色素沈着は多くの人が経験するもので、ニキビが悪化して化膿したり、紫外線を浴びたり、ターンオーバーが乱れていたりすると、シミとなって跡に残りやすい傾向があります。

ニキビ・吹き出物とシミ・色素沈着

ニキビによる炎症性色素沈着

Uゾーンのニキビの画像 顔にできる炎症性色素沈着で最も多いのがニキビ痕の黒ずみ、赤みなどの色素沈着です。炎症による防御反応によってメラニンがたくさん作られ、それが排出されずに肌に残ってしまう状態です。

特にニキビが強い炎症を起こして化膿してしまった場合は、皮膚も強いダメージを受けていますので、色素沈着も残りやすくなり、改善に長い期間を要することがあります。ニキビ跡のシミは多くの人で経験するありふれた色素沈着です。

ニキビが炎症を起こすメカニズム

ニキビは塞がった毛穴の中でアクネ菌が増殖し、アクネ菌の増殖を抑制するために白血球が活性酸素(最も強いものはヒドロキシラジカル)を生成し、アクネ菌を攻撃して炎症をしずめます。

この免疫システムがあるためニキビの炎症は数日後には治まるのですが、このヒドロキシラジカルなどの強力な活性酸素の影響でメラニン色素がたくさん作られたり、正常な組織(たとえばコラーゲンなど)にダメージを与えてニキビ跡のクレーター状の凹みなどを引き起こすことがあります。

炎症性色素沈着は美白化粧品で薄くなりやすい

化粧品の画像 ニキビ跡のような炎症後の色素沈着は市販されているような美白化粧品の継続的な使用によって薄くなっていきやすい傾向があります。ただし、濃くなったシミや境界線がはっきりとしたシミになってしまった場合はレーザーや光治療などが適しています。

ニキビを悪化させないためには

すでにできてしまったニキビの炎症を悪化させないためには以下のような事柄に注意しましょう。

物理的な刺激を与えない

ニキビは物理的な刺激によってさらに免疫が反応して炎症が悪化するようになります。メイク(お化粧)、洗顔、クレンジングの際にはニキビ部分にはデリケートに扱うようにしましょう。

マッサージのような肌を活性化させるようなことは厳禁

マッサージをする画像 できてしまったニキビを早く治したいからといってニキビが炎症を起こしているのにマッサージをしたりする人がいますが、肌を活性化させるような行為はニキビの炎症も活性化されて、症状が長引くようになります。また、マッサージによる物理的な刺激も悪影響です。

紫外線を浴びないようにする

皮膚が炎症を起こしている時にさらに紫外線ダメージを受けることでメラニンの沈着がひどくなることがあります。屋外に出るときはニキビへの負担が少ないパウダータイプのファンデーションを使用しましょう。

パウダーファンデーションは、とくにUVカット効果のある成分を含んでいなくても紫外線散乱効果があり、何も紫外線対策をしていない場合と比較して数倍ものUVブロック効果があるといわれています。

殺菌作用と角質を柔軟にする塗り薬を使う

ニキビは薬を塗ることで早く治ります。「イオウ」や「サリチル酸」には殺菌作用と角質柔軟成分があり、それらが配合されたニキビ治療薬を使用すると何もしないよりも炎症を早期にしずめることができます。

にきびが化膿した場合は皮膚科へ受診する

ニキビがいくつも化膿して悪化した場合は迷わず皮膚科医に診てもらいましょう。抗生物質の外用薬や内服が中心になると思います。たかがニキビと思わずに、跡に残って悩まないためには早期に適切な処置をすることが重要です。