(油溶性)脂溶性ビタミンC誘導体の色素沈着・しみに効く美白効果と副作用

女性の写真 シミ・色素沈着を解消する美白成分の一つに「脂溶性ビタミンC誘導体」があります。

ビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性(油溶性)に分けられますが、脂溶性ビタミンC誘導体は浸透性や吸収性、持続性に優れ、肌への刺激が少なく、乾燥肌や敏感肌などの肌の弱い人においても安心して使用できる特長があります。

ビタミンC誘導体の美白効果

メラニン色素の生成を抑制する

メラニン色素はチロシナーゼという酸化酵素によって作られますが、ビタミンCはチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、メラニンの生成を抑制する作用があります。

黒色メラニンを還元して淡色化する

メラニン色素はチロシナーゼという酸化酵素がアミノ酸のチロシンを酸化させてメラニン色素(黒色メラニン)を作り出します作られますが、ビタミンCはメラニンそのものを薄くする「還元作用」をもちます。

抗酸化作用

ビタミンCには抗酸化作用があり、肌の炎症や老化を促す活性酸素を無毒化します。肌が活性酸素の影響を受けると、炎症を起こしたり肌老化をまねき、シミ、しわ、たるみ、ニキビなどの原因になりますが、ビタミンCの抗酸化パワーが肌トラブルを抑制します。

細胞を活性化しコラーゲンの生成に関与する

コラーゲンやエラスチンなどの皮膚のハリや弾力を生み出す物質は、線維芽細胞という細胞によって作り出されます。ビタミンCはこの線維芽細胞などの肌細胞を活性化する働きをもち、コラーゲン合成を活発に導きます。肌細胞を活性化することでターンオーバーも活性化します。

ビタミンCには様々な美白効果がありますが、そのままでは肌に吸収されにくいといった難点があります。そのため、ビタミンCを別の物質と結合させて浸透性と安定性を高めたのがビタミンC誘導体です。そして、ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性がありますが、脂溶性には高い持続性と浸透力があるといわれています。

(油溶性)脂溶性ビタミンCの種類

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(=テトライソパルミチン酸アスコルビル、略称:VCIP)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)とは、水溶性のビタミンC(アスコルビン酸)にイソパルミチン酸という脂肪酸を結合させて、水溶性だったビタミンCを脂溶性(油溶性)にしたビタミンC誘導体です。

肌に吸収されると皮膚内のエステラーゼという酵素によってエステル結合が切れてビタミンCとイソパルミチン酸(脂肪酸)に分解され、ビタミンCが持続的に皮膚内で効果を発揮します。一方、イソパルミチン酸は皮脂中にも含まれる脂肪酸で肌の潤いをコントロールする働きをもつ成分です。

特徴、性質

  • 水溶性ビタミンC誘導体では皮脂膜などによるバリアによって皮膚への吸収性が低いですが、脂溶性ビタミンC誘導体のテトラヘキシルデカン酸アスコルビルは皮脂との相性が良く、経皮吸収性(皮膚への吸収)に優れ、肌の奥に届いて効果を発揮する。
  • 水溶性ビタミンC誘導体のような即効性はないが、長時間持続する効果がある。
  • 脂溶性なので高い濃度でも刺激性が低く、水溶性ビタミンC誘導体のような乾燥をまねくことがないため、乾燥肌や敏感肌においても心配なく使用できる。
  • 美白やエイジングケア目的の化粧品に使用されており、脂溶性ですので美容液、クリームなどに配合される。
  • 油脂成分の抗酸化成分(酸化防止成分)としての働きもある。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(アプレシエ、略称:APPS)

パルミチン酸アスコルビルリン酸(APPS)とは、ビタミンC(アスコルビン酸)にリン酸とパルミチン酸(脂肪酸)を結合させることで、ビタミンC誘導体を水溶性にした長所と油溶性(脂溶性)にした長所の両方の効果を得られるビタミンC誘導体です。「新型ビタミンC誘導体」とよばれることがあります。

肌に浸透すると、生体内のホスファターゼやエステラーゼなどの酵素によってリン酸とパルミチン酸の結合がとれて、ビタミンCが肌内部で有効に働きます。一方、分解によって結合がとれたリン酸やパルミチン酸は生体内にも存在する物質で安全です。

特徴、性質

  • ビタミンC誘導体における水溶性の即効性と、油溶性の浸透性と持続性をあわせもつ。
  • 肌へ塗布すると真皮層にまで浸透し、コラーゲン生成を活性化させることができる。
  • 肌への刺激性が抑えられている。高い濃度でも刺激性が低い

脂溶性ビタミンC誘導体には、これらの他にも、単にビタミンCとパルミチン酸(脂肪酸)を結合させた「パルミチン酸アスコルビル」やビタミンCとステアリン酸(脂肪酸)を結合させた「ステアリン酸アスコルビル」などがあります。