レーザートーニングによるしみ・肝斑治療の効果と副作用

メドライト(レーザートーニング) レーザートーニング(スタックトーニング)とは、肝斑(かんぱん)という特殊なシミに対して効果を発揮するレーザー治療方法です。

肝斑に対して一般的なレーザー治療や光治療を行うと、レーザー照射時のダメージによってかえって肝斑が悪化してしまう可能性があるため、肝斑にはレーザー治療は厳禁だといわれていました。

レーザートーニングは、トップハット型といわれる均一にエネルギーを照射できるタイプのQスイッチ・ヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)を使用することにより、皮膚へのダメージをできるだけ抑制しながら肝斑の改善を促します。

肝斑に対してレーザートーニングが効く仕組み

肝斑とは?

肝斑の画像 肝斑とは、30代以降の女性に発生しやすい特殊なシミで、モヤモヤとした斑点が主に顔の目の下に左右対称的に発生します。

肝斑は、なんらかの原因によってメラニン色素の生成を誘発する物質や、皮膚に炎症を引き起こす物質が発生し、それがメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)を活性化させて、メラニンの合成が促進してしまうのではないかと考えられています。

妊娠中やピル(経口避妊薬)の服用中に発生しやすいことから、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの影響によって引き起こされるのではないかといわれています。

肝斑に対して一般的なレーザー治療が適していないといわれるのは、レーザー照射時のダメージによってメラノサイトを活性化させる物質が発生し、かえってメラニン生成が活性して肝斑が悪化してしまう可能性があるためです。

そのため、肝斑に対しては刺激を与えない肌に優しい治療が有効とされます。そこで登場したのがレーザートーニングという治療です。

肝斑治療には「トップハット型」のレーザーが効く

レーザートーニングはメドライトC6というレーザー治療器を使用した治療法をいいます。そのレーザートーニングの特徴は、「トップハット型」と呼ばれる照射を実現します。

レーザートーニングのイメージ画像 従来のレーザー機器は、「ガウシアン型」といわれる照射部分の中央部に対するエネルギーが特に強くなり、皮膚に対するダメージが部分的に強くなる欠点がありました。

そのため、レーザー治療によってかえって炎症性の色素沈着を引き起こすことがあり、肝斑の場合は改善どころかかえって逆効果になることがあります。

一方、トップハット型という照射を実現したレーザートーニングでは肌へのダメージが抑えられています。トップハット型では均一に照射されるため、ガウシアン型のように中央部分へのダメージが特に強くなるという現象が抑制されています。

なお、皮膚にマイルドに作用するIPL・フォトフェイシャルなどの光治療などにおいても、メラノサイトを活性化させて肝斑を悪化させてしまう可能性があります。

効果

  • トップハット型による均一なレーザー照射によって炎症を抑えながら肝斑を改善できる。
  • 通常のシミ、そばかすに用いられるレーザーのような即効性はない。
  • 出力を抑えてレーザー照射するため、レーザー照射後に瘡蓋になるようなことはありません。
  • トラネキサム酸などによる肝斑治療では、改善までに数年かかったり、効果がはっきりと得られないこともありますが、レーザートーニングの場合は短期間での改善が期待できます。

適応する症状

  • 肝斑。
  • 薄いしみ、そばかす。
  • (炎症性)炎症後色素沈着。
  • 摩擦黒皮症。
  • 女子顔面黒皮症。

治療手順

Step1カウンセリングによって肝斑の状態を診断。
Step2洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。お化粧が残っていると、しっかりとしたレーザー治療の効果が得られません。
Step3目を保護するゴーグル、シールドを装着する。
Step4弱い出力でレーザーを照射していく。パチパチとした痛みがあります。我慢できるレベルの痛みで、麻酔は不要です。
Step5レーザー照射後には、皮膚を冷やしてクールダウンさせます。肝斑は皮膚へのダメージによって悪化するため、肌を冷やしてクールダウンさせます。
Step6イオン導入や、肝斑に効くトラネキサム酸などを使用すると効果が高まります。
Step7施術後は、お化粧して帰宅することができます。

アフターケア

  • 治療期間中は、肝斑に有効な「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」などの美白剤を日常的に使用したほうが効果が高まります。
  • 毎日の保湿スキンケアを怠らないようにしましょう。
  • しっかりとUVケアして紫外線を浴びないようにしましょう。紫外線は肝斑を悪化させる原因になります。
  • 皮膚に物理的な刺激を与えないようにしましょう。

治療時間

施術時間は10分ほどです。出力を抑えて照射するため、麻酔の必要ありません。

治療回数の目安

一度の治療では劇的な効果は得られにくく、一般的に1~2週間おきに複数回の治療を重ねてシミを薄くしていくという治療になります。2~3回ほどから効果を実感できるケースが多いです。

レーザートーニングの副作用と注意点

  • 皮膚炎がある場合は治療は受けられません。皮膚炎が肝斑を悪化させている要因である可能性があるため、しっかりと皮膚症状を治す必要があります。
  • 妊娠している場合や、ピル(経口避妊薬)を服用している場合は医師に告げましょう。