シミに効く美白成分 ルシノールの美白効果とは?

ルシノールとは、モミの木に含まれる物質の美白効果に着目して開発された美白成分です。ルシノールはシミ、そばかす、肝斑などの色素沈着の正体であるメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素と結びつくチロシン受容部を塞いで、シミやくすみのない透明感のある明るい肌へと導きます。

ルシノールは、大手化粧品メーカーのポーラが開発し、優れた美白作用があることから1998年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可されています。

ルシノールは、一般名(科学名)は「4-n-ブチルレゾルシノール」といい、ルシノールという名称は開発元のポーラ化粧品による商標名です。

ルシノールの美白効果について

チロシナーゼのチロシン受容部を塞いでメラニン合成を阻止する

メラニン色素が作られるメカニズム

シミやそばかすの正体であるメラニン色素は、紫外線などの影響によってメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)内のチロシナーゼという酸化酵素が活性化し、チロシナーゼがチロシン(アミノ酸の一種)をメラニンに化学変化させることで作られます。

アミノ酸のチロシンとチロシナーゼが結びつくことで、メラニン色素が作られるのですが、ルシノールはチロシナーゼ酵素のチロシン受容部を塞ぐ作用があり、メラニン色素の合成を阻止する働きがあります。

ルシノールはチロシナーゼ阻害効果が高い

チロシナーゼの働きを阻害して美白に導く成分には、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどがありますが、ルシノールはその中でもチロシナーゼの作用を阻害する働きに優れます。美白効果を示すチロシナーゼ活性阻害効果は、アルブチンの数百倍だといわれています。

微量でも高い美白効果を得られる

ルシノールは、肌への浸透性が高いため、微量の濃度で美白効果を得られる特長があります。

ルシノールの副作用、危険性は?

肌に合わない場合は使用を中止

ルシノールは厚生労働省から認可された美白成分で、肌に対する安全性は確認されています。ただし、人によってはルシノールが肌に合わないことも考えられます。

ルシノールはハイドロキノンと似た構造をしているため、ハイドロキノンが肌に合わない場合には、ルシノールに対しても肌に合わないこともあるかもしれません。