シミに効く美白成分 4MSKの美白効果とは?

女性の画像 4MSKとは、サリチル酸の誘導体で、メラニン色素の生成を抑制する働きや、メラニン色素を正常に排出する働きがある美白成分です。4MSKとは、「4-メトキシサリチル酸カリウム」の略称です。

4MSKは、大手化粧品メーカーの資生堂が開発し、優れた美白効果があることから、2003年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可されています。

4MSKの美白効果とは?

4MSKはメラニン色素の生成を抑制する

メラニン色素が作られるメカニズム

シミ、そばかす、肝斑などの色素沈着は、メラニン色素の沈着によって引き起こされます。そのメラニン色素は、紫外線などの影響によってメラニン色素の生成を促す情報伝達物質が放出され、メラノサイトにおいてチロシナーゼという酸化酵素が活性化し、チロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニンに合成することで作られます。

4MSKは、メラニン色素の生成を抑制する働きがあり、シミ、そばかす、肝斑などの色素沈着を予防、改善します。

4MSKはメラニンの排出を促す

紫外線などの影響によってメラニン色素が生み出されると、通常はターンオーバーによって古い角質とともにメラニン色素は排出されていきますが、加齢によるターンオーバーの低下や、角化異常が起きていると、メラニンが上手に排出されずにシミとなって肌に残ってしまうことがあります。4MSKは角化異常を改善し、メラニンを排出を促してメラニンの沈着を予防します。

多くの美白成分では、メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素の働きを阻害したり、チロシナーゼを活性化させる情報伝達物質を阻害したりするものですが、4MSKはメラニン生成の抑制と、メラニンの排出を促す作用により、透明感のある白い肌へと導きます。