血行不良・血流悪化による目の下のくま対策 目元のくすみ解消法

目の下のクマができる原因の一つが血行不良です。血流が滞ると、目の下に青黒いくまを引き起こすことがあり、疲れた印象を与えてしまうことがあります。

目の下のくまの原因とは?

目元の皮膚は薄い

目元の皮膚は他の部位と比較してとても薄く、その厚さは0.5mm程度といわれています。皮膚が薄いため、血流が悪化すると青黒いクマとなってはっきりと現れるようになります。血行悪化による目の下のクマができやすい人は、目元の皮下脂肪が少ない人に多い傾向があります。

貧血による血行不良

貧血によっても目の下のくまができやすくなります。特に女性の場合は生理(月経)による出血があるため、鉄欠乏性貧血になりやすい傾向があります。鉄分は酸素を供給するヘモグロビンの材料になるもので、不足すれば酸素不足におちいって肌の血色が悪化してしまうことがあります。

鉄分は、肉や魚などの動物性食品に多く含まれます。また、ビタミンCは鉄の吸収率を2~4倍に高めてくれる働きがあります。

睡眠不足による目の下のくま

一般に血流不足による目の下のクマというのは、夜更かしして睡眠不足になった後に現れやすくなります。これは睡眠不足によってカラダがリフレッシュできずに血液がドロドロに変化し、血行を悪化させていることが原因です。目元は特に皮膚が薄いため、毛細血管の血流が悪化すると表面に現れやすいのです。血行が悪化すると目元だけではなくカラダ全体の血流が悪化します。

目の下のクマを予防するには、しっかりと睡眠をとることが重要です。起床と同時に朝日をたくさん浴び、日中に活動的に行動して、就寝前には間接照明などにして明かりを落として休息に向かうようにすればメラトニンといわれるホルモンが分泌されてぐっすり眠れるようになります。(メラトニンは「若返りホルモン」といわれることもあり、日中に光をたくさん浴び、夜は暗くなるほどメラトニンの分泌量は高くなります。)

長時間のパソコン使用は目元の血行を悪化させる

長時間パソコンモニターを見ているような状態が続くと、目元の筋肉が緊張したままの状態になって血行が悪化することがあります。そのため、パソコン作業中の30分~1時間に一回は目を休ませるようにしましょう。また、まめに目薬をさすようにすれば、眼精疲労は軽減されます。

また、パソコンのモニタによっても目の疲れ方は違ってきます。一般に光沢液晶(グレア液晶)のモニターよりも光沢を抑えた非光沢液晶(ノングレア液晶)のモニターのほうが映り込みが抑えられて目に入る光による刺激を軽減し、目の疲労度を抑制してくれます。