眼球・目が紫外線を受けると全身のメラニン色素の合成が促進する?

紫外線は一年中地上に降り注ぎ、私たちの皮膚に影響を及ぼしています。皮膚が紫外線を受けると、メラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン細胞)が活性し、メラニン色素の合成を促しますが、皮膚が直接紫外線を受けなくても目が紫外線を受けることで全身のメラニン色素の合成が進行するといわれています。

目への紫外線とメラニン合成

目が紫外線を受けるとメラニンが作られる

紫外線とメラニン合成 従来は、紫外線が当たった皮膚の部分のみがダメージを受けて、メラニン色素が作られると考えられていましたが、皮膚が直接紫外線を浴びなくても、目が紫外線を受けるだけでメラニンの合成が促進することが明らかになっています。

目は皮膚のように日焼けした黒くなったりすることはなく、紫外線の影響がわかりにくいですが、実際には目が強い紫外線を受けると角膜に細かな炎症が起こっています。この炎症によってメラニン色素の合成を促す情報伝達物質が放出されて、全身のメラニン色素の合成が活発になると考えられています。

紫外線は白内障の原因になる?

紫外線と白内障 紫外線は白内障の原因の一つといわれています。白内障とは、眼球の水晶体を構成するタンパク質が変性して濁った状態になり、視界がぼやけたり、かすんで見えたりするようになる目の疾患の一つです。水晶体はカメラのレンズのような働きをしており、正常な水晶体は透明ですが、それがタンパク質の変性によってにごってくることで引き起こされるのが白内障です。加齢によって引き起こされるリスクが高くなりますが、目の老化を促す原因の一つが紫外線といわれています。

紫外線は様々な物質に対してダメージを及ぼし、それは肌細胞だけではなく眼球においてもいえることです。紫外線の影響は日焼けすることで実感できますが、目に対しては明確な影響は現れないため、紫外線に対して目を保護するという認識が低い現状があります。眼球は肌よりもデリケートな部分であるため、特に強い紫外線を浴びる環境においてはサングラスなどで目を保護するといった対策が必要になります。

白内障の原因が必ずしも紫外線によるものだとは断定できませんが、やはり紫外線ダメージの影響を受けるほど白内障を引き起こすリスクは高くなります。また、糖尿病患者やアトピー性皮膚炎と合併することも多いといわれます。その原因は糖代謝に異常が起きて、タンパク質の変性が起こるのではないかといわれています。

眼球に対する紫外線ダメージを軽減するには?

サングラスで目への紫外線をカット

サングラスをすることで目への紫外線による負担を大きく軽減できます。顔にフィットした目元との密着性の高いスポーツタイプのサングラスほど目に入る紫外線を予防することができます。高価なサングラスではなくても十分で、ディスカウントストアなどで売られている安いサングラスでも、基本的には紫外線カット効果のあるレンズが使用されています。

オーストラリアなどの国によっては、学童にサングラスの着用を義務づけているところもあります。

メガネでも紫外線防止効果がある

メガネ サングラスのような色がない一般的なメガネでも通常は紫外線カット処方されたレンズが使用されることがほとんどです。ただし、一般的なメガネは肌への密着性がないため、サングラスほど十分ではありません。レンズが大きいほど紫外線による目の負担は少ないはずですが、目を保護するためには、顔にフィットしたサングラスが理想です。

コンタクトレンズでも紫外線予防効果がある

紫外線(UV)カットの機能が付いたコンタクトレンズを使用することでも、紫外線による眼球へのダメージを劇的に軽減することができます。紫外線カット機能のついたコンタクトレンズでは、紫外線を90%ほどカットできるといわれ、また、特に紫外線カット効果をうたっていないコンタクトレンズでも、裸眼よりはUVカット効果はあります。