日焼けによるサンバーンとサンタンの違いとは?

日焼けする女性の画像 強い紫外線を浴び続けると一般に日焼けという現象を引き起こします。

その日焼けは、大きく分けて皮膚が赤く炎症状態になる「サンバーン」と、皮膚が黒くなる「サンタン」といわれる状態の2タイプに分かれます。

今回は、サンバーンとサンタンの違いを解説していきます。

紫外線ダメージについて

日焼けの種類はサンバーンとサンタンの2種類

サンバーン

サンバーン(サン:太陽、バーン:熱傷)とは、強い日差しを浴びた後に皮膚が赤くなる状態をいいます。場合によっては、ヒリヒリ感、痛み、水ぶくれ、皮がむけるなどの症状もでます。強い紫外線を受けて水ぶくれやヤケド状態になると、光線性花弁状色素斑といわれる色素沈着を引き起こすことがあります。サンバーンは主にUV-Bの影響によって引き起こされます。

サンタン

サンタンは、紫外線を浴びて単にメラニン色素が増加し、皮膚が褐色~黒褐色に変化した状態をいいます。サンバーンのような皮膚に赤み、ヒリヒリ感がない状態がサンタンで、紫外線を浴びて赤みやヒリヒリ感が引いた後に肌が黒褐色になる状態もサンタンです。また、日焼けサロンで肌が黒くなる状態もサンタンです。

紫外線(UVA、UVB)の性質

地上に降り注ぐ紫外線にはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類があり、波長の違いにより肌へのダメージ力が大きく異なります。

UVAは波長が長いため肌へのダメージ力が弱いですが、皮膚の深い部分にまで影響を及ぼしてコラーゲンやエラスチンなどを変性させ、しわ、たるみなどの肌老化の原因になります。

一方、UVBは波長が短いため皮膚の深部には届きませんが、表皮に対して強いダメージを及ぼし、痛みをともなった赤み、ヒリヒリ感、水ぶくれなどを引き起こす原因になります。夏場の海水浴や屋外レジャーなどによる赤みをともなった日焼けはUVBによる影響がほとんどです。

黒色メラニンが少ない色白の人は紫外線ダメージを強く受ける

本来、メラニン色素は紫外線による肌深部へのダメージを保護するために生成されるもので、メラニン色素が紫外線を吸収することで皮膚を守る働きをしています。そのため、生まれつきメラニン色素が少ない色白の人では紫外線ダメージを強く受け、サンバーンといわれる日焼け後の皮膚の赤み、ヒリヒリ感が強く現れます。

人種の違いでは、例えば白人は有色人種と比較してメラニンが少ないため紫外線の影響によるシミやソバカスができやすく、皮膚ガンなどの深刻な皮膚病も起こりやすいといわれています。

UVAとUVBはともに発がん性がある

地上に降り注ぐUVAとUVBの紫外線のうち、UVBは皮膚に対するダメージが強いことから、様々な皮膚障害や発がん性(皮膚がん)などのリスクがあるといわれています。一方、UVAは波長が長く、皮膚に対してのダメージが弱いため、従来は発がんリスクはないと考えられていましたが、UVAにもUVBほどではありませんが、発がん性があることが明らかにされています。

日焼けサロンは紫外線A波中心の紫外線ランプが使用される

日焼けサロンでは、UVAを中心とした紫外線によって皮膚を健康的な褐色に導きます。サンバーンといわれる皮膚の赤みを引き起こすUVBの比率が低い紫外線ランプが使用されます。UVAを中心とした日焼けはサンバーンを抑制し、色ムラがなくキレイに日焼けすることができます。日焼けマシーンは短時間で皮膚をサンタン状態に導くことができます。

紫外線による肌へのダメージが認識されるようになり、近年では日焼けマシーンを利用する人は減少傾向にあります。