肝斑(かんぱん)の原因と治療法

肝斑の画像 肝斑(かんぱん)とは、顔の目の下の左右対称にモヤモヤとできるメラニン色素が沈着したシミで、30代以降の女性に現れやすいシミです。肝斑は、たくさんの「斑点」が「肝臓」のような形で現れることからその名が付けられています。

肝斑の原因と特徴

肝斑の原因とは?

肝斑は、なんらかの原因によって皮膚に炎症を引き起こす物質や、メラニン色素を誘発する物質が発生し、それがメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)を活性化させることでメラニン合成が促されてしまうのではないかと考えられています。妊娠期や経口避妊薬(ピル)を服用時に発生しやすいことから、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが影響しているといわれています。

形状・色

淡褐色~褐色で、シミ(斑点)がモヤモヤとした状態で現れる。

発生しやすい部位

主に顔の目の下の両頬周辺に左右対称に現れる。こめかみ、おでこ(額)、鼻の周り、口元にも発現することがある。

そのほかの特徴

  • 特に30~50代の女性に現れやすい。
  • 妊娠期やピル服用時だけではなく、生理前に濃くなることがある。
  • 紫外線を浴びるほど、肝斑は悪化する。
  • 物理的な刺激(例えばゴシゴシ洗いなど)によって悪化する。(皮膚科医の中には肝斑は女性ホルモンの影響ではなく洗顔などによる物理的な摩擦刺激によって発生すると考えている人もいます)。
  • 一般的なシミ治療に対して使用されるレーザー治療では、良くなるどころかかえって悪化することがほとんどです。
  • 肝斑と一般的なシミや後天性メラノサイトーシス(ADM)などと区別するのは皮膚科医でも難しいケースがあります。
  • 肝斑は男性にはできない。

主な治療方法

  • 美白剤、美白化粧品。
  • トラネキサム酸の外用と内服
  • 飲み薬としてビタミンCの服用
  • ケミカルピーリング。
  • イオン導入。
  • レーザートーニング(トップハット型ヤグレーザー)
  • IPL(フォトフェイシャル)

肝斑の治療方法

美白剤・美白化粧品

美白化粧品 肝斑はメラニン色素の沈着によって引き起こされるため、メラニン色素の生成を抑制する美白化粧品を使用することで改善効果が期待できます。美白成分には、アルブチン、カモミラET、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、ハイドロキノン、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などがあります。

トラネキサム酸の内服

肝斑の治療はトラネキサム酸を用いた治療が特に有効です。肝斑の治療には不可欠な美白成分といえます。

トラネキサム酸は抗プラスミン作用(抗炎症作用)がある

皮膚が紫外線や物理的な刺激を受けると、たんぱく質を分解する「プラスミン」という酵素が活性化し、この酵素によって炎症・肌荒れを引き起こすようになります。それによりメラニン色素の過剰生成を促してしまうと考えられていますが、肝斑の原因の一つがこのプラスミンではないかといわれています。トラネキサム酸には抗プラスミン作用があり、皮膚の炎症を抑制してメラニンの過剰生成を抑制します。

トラネキサム酸はメラニン色素生成誘導因子を抑制する

メラニン色素は「プロスタグランジン」というメラニン色素生成誘導因子が発生し、それがメラノサイトを活性化させることでメラニン合成が促進してしまうと考えられています。トラネキサム酸はプロスタグランジンを抑制する働きをもち、メラニン合成を促す物質を阻止してシミ・肝斑を改善します。

ビタミンCの内服

ビタミンCには、メラニン色素の合成を抑制する働きがあります。また、それ以外にもコラーゲン合成を活性化する作用や、新陳代謝を活発にする作用などの様々な美容効果があります。そこで、シミ治療期間中はビタミンCの内服が有効です。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれます。また、サプリメント(健康補助食品)を利用するのも良いと思います。ビタミンCの一日の所要量は100mgです。シミ治療には300~1000mgが目安とされます。ただし、ビタミンCを摂りすぎると体質によっては下痢、軟便、腹痛などを引き起こすことがあります。

レーザートーニング

メドライト(レーザートーニング) レーザートーニングとは、均一に照射されるトップハット型のQスイッチ・ヤグレーザーを低出力で照射する治療法です。

従来のレーザーはガウシアン型といわれる照射で、皮膚に対して部分的にダメージが強くなり、その刺激によって肝斑が逆に悪化してしまうケースがほとんどでした。そのため、従来は肝斑に対してレーザー治療は厳禁だといわれていました。トップハット型では、レーザーを皮膚に対して均一に照射し、さらにナノ秒レベルで照射できるQスイッチ・ヤグレーザーを低出力で照射することにより、肌に対する負担を抑えたまま肝斑治療に大きな効果を得られるようになっています。

レーザートーニングは一度の治療では効果が薄く、治療を複数回繰り返すことで肝斑の改善が実感できます。

IPL(フォトフェイシャル)

フォトフェイシャル(IPL)を照射する画像 IPL(フォトフェイシャル)とは、複数のヘッドを組み合わせて幅広い波長で照射することができる光治療です。広域な波長により、メラニン沈着によるしみ、そばかす、肝斑、しわ、たるみ、毛穴の開き、赤ら顔、脂性肌などを同時に改善できます。肝斑には、特殊なフィルターをかけた優しい光を照射して治療します。これにより、照射ダメージによる肝斑悪化を予防することができます。