紫外線予防に効果があるアイテムとは? 日傘、帽子、サングラス・・・

帽子と日焼け止めと日傘などの日焼け対策グッズの画像 しみ、そばかす、しわ、たるみなどを予防するには、しっかりとした紫外線対策が必要です。

肌老化を加速させる多くの要因が紫外線の影響だといわれています。そのため、いかに日常的な紫外線を浴びないようにするかがエイジングケアのポイントになります。

紫外線防止効果があるアイテム [UVカットのための工夫]

帽子・ハット・サンバイザー

日焼け紫外線対策 つばの長い帽子やハットは直射日光を遮断することができます。晴天時の直射日光は非常に強い紫外線が降り注いでいますので、何もしないよりも、つばの深い帽子をかぶったほうが顔への紫外線ダメージを阻止することができるはずです。

ただし、反射光に対してはほとんど効果はありません。紫外線は物質や空気中の細かな粒子に反射するため、油断は禁物です。

日傘

日中の紫外線が強い場合は、日傘をさすことで直射日光を防ぐことが可能です。その日傘は、白い日傘よりも黒色の日傘が理想的です。紫外線は濃い色のものに吸収される性質があり、日傘においても黒い日傘のほうが直射日光を遮断することができます。そのため、従来は日傘というと白いものが主流でしたが、近年では黒い日傘を使用する人が多くなっています。

ただし、日傘だけでは地面や空気中から散乱する反射光に対しては効果がありません。

サングラス

サングラスは目への紫外線ダメージを抑制します。従来は紫外線が当たった部分のみが日焼けすると考えられていましたが、目が紫外線ダメージを受けるだけでも全身のメラニン色素の生成が活発になることがわかっています。顔の輪郭にフィットした密着性の高いサングラスを選びましょう。

日本人は紫外線による目の保護をするという意識が低い傾向があり、国によっては児童にサングラスの着用を義務づけているところもあります。

濃い色の服

紫外線は衣服によっては通りぬけてくることがあります。服の色や生地の厚さ、または材質によって紫外線通過率は異なります。一般に紫外線は黒い色のものに吸収されやすい性質があり、反対に白のような薄い色であるほど紫外線を通しやすくなります。日差しが強い日にTシャツ一枚で屋外にいる場合は、白いTシャツよりも黒いTシャツのほうが肩や背中への紫外線ダメージを抑制できます。

また、生地も厚めのほうがUVカット効果があり、洋服の素材も綿素材よりもナイロンやポリエステルなどのほうが紫外線を通しにくくなります。

肌の露出が少ない服

当たり前のことですが、肌が露出しているほど紫外線の影響を直接受けます。夏場の日中に屋外に出る場合は、露出を抑えた服装が理想的です。夏場は暑くて汗をかきやすい季節ですが、日差しが強い日には長袖の洋服を着るようにすると劇的に紫外線をブロックすることができます。

車内での日焼け対策は意味がない?

窓から紫外線を受ける画像 日焼けをしたくないとして、車内で手袋をしている人や、顔全体を覆うようなサンバイザーをしている人を見かけますが、紫外線が強い日でも車内へはほとんど紫外線は到達していません。

理由は、車のガラスにはUVカット効果があり、紫外線を限りなくゼロに近いレベルにまで遮断しているためです。そのため、車内でも紫外線対策としての手袋はあまり意味がないといえます。

自動車のフロントガラスは99%、サイドガラス(ドアガラス)やリアガラス(後部ガラス)などは90%の紫外線ブロック効果があります。

一般に、フロントガラスは2枚のガラスの中間にUVカット機能のあるフィルムが挟まれており、ほとんど紫外線を通しません。また、サイドガラスやリアガラスは強化ガラスが使用され、これも紫外線をカット機能が普通のガラスと比較して優れています。