日焼け止め化粧品はクレンジング料で落としたほうがいい?

シミに悩む女性の画像 シミ、そばかす、肝斑などの色素沈着を予防するには、日常的な紫外線対策が必要です。特に日差しが強い時期に屋外に出る際は日焼け止めクリームをしっかり塗って日焼けを予防する必要があります。

そして、塗ったサンスクリーンをしっかり落として、肌に余計な汚れを翌日に残さないようにすることがスキンケアの基本です。日焼け止めクリームが肌に残ってしまうと毛穴がつまってブツブツ、ニキビ、吹き出物などを引き起こし、かえって色素沈着をまねくことがあります。

サンスクリーンと肌荒れについて

日焼け止め効果が高いクリームには密着性が高い成分が含まれる

日焼け止めに表示されるSPFとPAの画像 UVブロック効果の高い化粧品は、汗や水にも強いように肌への密着性が高い成分が含まれます。水にも強いタイプの日焼け止めを使用すると、通常の洗顔では落としきれず、しっかりとクレンジングをしなければ肌に残ってしまいます。一見、落としきれているように見えても多くが毛穴や皮溝(角質層にある細かな溝)に残っていることがあります。

夏場の強い紫外線対策を目的としたSPFの高い日焼け止めクリームには、夏場のレジャーや海水浴を想定して成分構成されており、水や汗に触れても落ちにくいような成分で作られています。

日焼け止めには微粒子紛体が配合される

酸化亜鉛と酸化チタンの画像 日焼け止めには紫外線散乱剤といわれる酸化亜鉛、酸化チタン、タルクなどの金属や粘土鉱物を微細化した白いパウダー紛体が配合されています。日焼け止めを塗ると、それらが毛穴や角質の隙間(皮溝)に入り込んでしまいます。それらは通常の洗顔では落ち切れないため、日焼け止めを塗った後はしっかりとクレンジングをする必要があります。

酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線散乱剤が微細化される理由は、細かくした方が紫外線散乱効果が高くなることや、白浮きが少なくなって塗った時に自然な仕上がりになるためです。

日焼け止めを落とすときの理想的なクレンジング剤

クレンジングオイル

化粧品の画像 クレンジングオイルはミネラルオイルなどの油分をベースに界面活性剤が豊富に含まれているのが特徴です。クレンジングに油分を使用することでメイクと馴染んで汚れが落ちやすくなり、洗い流す時にも界面活性剤が含まれるため水でスルスルと洗い流すことができます。

クレンジングオイルは、落ちにくい化粧や日焼け止めなども簡単に落とすことができる一方で、界面活性剤の作用によって肌の潤い成分が極端に奪われてしまうことや、界面活性剤が石油系の合成界面活性剤の場合では肌への負担が大きくなって肌荒れしてしまうことがあります。クレンジングオイルは日常的に使用するのではなく、濃いメイクをした時だけにしましょう。

界面活性剤とは、本来混じり合わない水と油を乳化させる成分です。クレンジングオイルに水を加えると白く乳化しますが、それは界面活性剤の働きによるものです。基本的に洗浄効果が高いものほど界面活性剤が多く含まれます。

ふきとりタイプ(シートタイプ)

化粧水パックをする女性の画像 ふきとりタイプのメイク落としは、シートでふき取るだけでメイクを簡単に落とせるようにするために多量の界面活性剤が配合され、肌への刺激性が強い傾向があります。そして、肌をこすってふき取るため、角質層が乱れたり、皮膚に細かな傷ができたりして、肌荒れ、色素沈着を起こすことも考えられます。シートタイプのメイク落としは日常的に使用するのではなく、外泊時だけに使用するなどの限定的な使用にとどめましょう。

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジング料は、油分と水分のバランスが良く、クレンジングオイルのように肌の必要な潤いを極端に奪ったりしません。乾燥しやすい時期や、肌がカサカサしている時に落ちにくいメイクや日焼け止めを落とす場合は、クリームタイプがおすすめです。

乳液タイプ(ミルクタイプ)

乳液タイプのクレンジング料は、水分量が多いため、使用後のカサカサ、肌のつっぱりがなくなります。やや水分量が多いため、濃いメイクよりも薄いメイクを落とす時に適しているといえます。乳液タイプで落ちにくいメイクを落とすのは時間がかかる欠点がありますが、一方で水分が多いので肌の潤いが奪われにくいメリットがあります。

水溶性のクレンジングジェル

水溶性のクレンジングジェルは極端に肌の皮脂膜や潤いを奪ったりしないため、肌に優しいといえます。落ちにくいメイクは水溶性ジェルタイプよりも油分が含まれたクレンジング料のほうがよく落ちますが、水溶性ジェルタイプでも丁寧にクレンジングすることで落ちにくいメイクでも十分に落とすことができるはずです。

メイクの濃さに合わせて、油性タイプや水溶性タイプなどを使い分けると理想的です。