化粧品の全成分表示とは?

「化粧品の全成分表示」とは、化粧品に配合される成分の名称を原則としてすべて表示することを義務付けられたものです。化粧品開発のスピード化や、安全性と透明性を配慮して決められたもので、2001年4月から始まりました。

化粧品の全成分表示が成立した背景とは?

開発される化粧品や、輸入される化粧品が増えた

かつては化粧品というと厚生労働省の審査のもとで許認可されていましたが、非常に手間と時間がかかっていて、さらに開発される化粧品が多くなったことや輸入される化粧品も急増していたことから制度が見直されました。そして、欧米諸国のように自由でスピードのある化粧品開発や販売を促すために規制緩和が行われ、同時に消費者への安全性を配慮して化粧品の全成分表示が義務化されました。

化粧品による肌トラブルの問題

化粧品に含まれる成分には安全性が極めて高いものが配合され、基本的に深刻な問題が起こる可能性が低いといえます。ですが、多くの人が問題なく摂取している卵、小麦、そば、魚などに対してアレルギーを持つ人がいるように、化粧品によっても肌に合わなかったり、アレルギーを起こす可能性も少なからず存在します。化粧品中に成分によってまれに皮膚障害が発生している人がいることをふまえて、化粧品の情報公開が求められるようになった背景もあります。

インターネットの普及

化粧品の全成分表示義務がスタートしたときは、インターネットが普及した時期で、あらゆる情報が作られていく中で、化粧品成分に対しても情報公開が求められるようになりました。従来までは容易にはわからなかった成分がインターネットが普及した現在では簡単に調べられるようになっています。

化粧品の全成分表示の特徴

化粧品全成分表示にはいくつかの特徴があります。

厚生労働省による審査が簡潔になった

新制度では厚生労働省が配合可能成分、配合制限成分、配合禁止成分などのリストを作成して、それに基づいて化粧品開発が行われるようになっています。

配合量の多い順に表示すること

配合成分の表示基準は配合量が多い順から表記することが原則です。例えば、「水、BG、グリセリン・・・」などのように多い順から表記します。ただし、配合量が少ない場合は順不同でも可能とされます。

表示指定成分がなくなった?

従来は、アレルギーなどの皮膚障害を引き起こすリスクがある成分は「表示指定成分」として特別に表記しなければいけませんでした。2001年にスタートした全成分表示では「表示指定成分」でも全成分のうちの一つの成分として、特別に表記する必要がなくなります。これにより、消費者には配合成分が表示指定成分かどうかが分からなくなることもあり、消費者自身で配合成分を調べる必要もでてきます。

アレルギーなどを起こすような表示指定成分を含んでいないことを特長として販売していた化粧品は差別化の基準が難しくなりました。

化粧品の表示事項

化粧品の容器やパッケージには以下のような表記事項が義務付けられています。

  • 製造会社・化粧品販売メーカーの名称
  • 化粧品の名称
  • 全成分の名称表示
  • 製造番号、製造記号
  • 使用期限(厚生労働省指定の成分のもの)

製造から3年以内に品質が変化する可能性があるものは使用期限を記載しなければいけません。輸入品でも同様です。ただし、製造、または輸入後から適切な保管条件で3年を超えて品質が安定な化粧品は使用期限の表示対象外です。