美肌のためには無添加化粧品を使ったほうがいい?

化粧品の画像 近年、肌への安全性や低刺激性のものを選択する人が増加し、「無添加化粧品」が注目されています。

このような変化は化粧品成分に対しての消費者側の認識の変化が大きく変化したことによるものですが、美肌のためには無添加化粧品を積極的に使ったほうがいいのでしょうか?

ここでは、無添加化粧品の特徴と肌への刺激性などについて解説していきます。

無添加化粧品は肌に良い?

女性看護師のアドバイス画像 無添加化粧品とは、一般的にはパラベン(防腐剤)、合成界面活性剤、香料、着色料、鉱物油などを配合していない化粧品をいいます。肌への刺激や化粧品かぶれ、アレルギーなどの負担をより抑えるため、余計なものを加えず、より自然な成分で構成されたものを一般的に無添加化粧品といいます。ただし、無添加といっても厳密な定義が定められておらず、化粧品メーカーによって認識が異なる現状があります。

無添加化粧品に対しては様々な意見があり、「無添加だから肌への刺激が少ないとはいえない」という考えや、「近年の化粧品の高い安全性を考えれば必ずしも無添加である必要はない」などの意見があるようです。化粧品には安全性や有効成分の浸透を高めるためにやむをえず配合しなければならない成分もあり、無添加だから肌に良い(肌に優しい)というのは一概にはいえないのが現状です。

無添加化粧品の特長

防腐剤は必要なの?

市販されている化粧水や美容液、クリームなどの化粧品には基本的に防腐剤が含まれています。化粧品には水分を含むため、時間がたてば細菌が増殖して腐敗しまいますので防腐効果のある成分を配合する必要があります。化粧品は薬事法において未開封のもので品質を3年間安定させた状態を維持する必要があるため、基本的に化粧品には通常は防腐効果のある成分は必要なのです。

無添加化粧品にも防腐作用のある成分は必要ですが、その場合はパラベンの不使用として他の商品との差別化をしていることがあります。パラベンとは、広範囲の細菌の増殖を抑制する作用があり、広く用いられる防腐剤ですが、まれにパラベンに対してアレルギーをもつ人がいることから、無添加化粧品では「パラベン不使用」と表記して安全性が高い化粧品だとして販売している場合もあります。ただし、パラベンを配合していないだけで他のなんらかの抗菌作用をもつ成分を配合していることがほとんどです。

香料が無添加の「無香料」の表記があるものが良い?

化粧品の香料は主に化粧品のイメージを引き立たせるために使用されたり、また、他の配合成分に匂いが強いものがあってその強い匂いを抑えるためなどの目的で香料は配合されます。また、香りによるリラックス効果を引き出すためなどもあります。

従来は化粧品中にアレルギーやしみ、色素沈着などを引き起こす香料が配合されることがありましたが、現在では安全が確認された香料のみが配合されるようになっています。そのため、香料が配合されているからといってあまり神経質になる必要はないと思います。ただし、人によっては安全だとされる香料でもアレルギーを起こすケースもあるようです。

香料というのは肌にとっては不要なものですので、安全性の観点から「無香料」などと表記して香料を配合していない化粧品が多くなっています。無添加化粧品といわれるコスメは基本的に香料は配合されていません。

着色料が無添加の「無着色料」の表記があるものが良い?

化粧品の着色料は主に化粧品のイメージを引き立たせるために配合されます。例えば、ホワイトニング・美白化粧品であれば白色や、ビタミンCのイメージにより薄い黄色などの色に着色されることが多いです。

従来はアレルギーなどの症状を起きおこす着色料が配合されていることがありましたが、現在では安全なものだけが使用されるようになっています。ただし、人によっては肌に合わないケースも考えられるため、肌に不必要な成分はできるだけ排除すべきだと思います。

化粧品はアルコールフリー(エタノールフリー)が良い?

エタノールに対してアレルギーをもつ人がいることや、エタノールが少なからず肌への刺激性がある成分であることから避けられる傾向があります。ただし、エタノールは清涼感を与え健やかに保つ働き、肌を引き締める収れん作用などがあり、さっぱりタイプの化粧品に多く含まれます。また、エタノールには化粧品内成分どうしを安定的に馴染ませる働きがあり、その働きによりエタノールを少量配合する化粧品が多いのです。

化粧品は無鉱物油のものが良い?

鉱物油とは、石油を原料として精製された油成分をいい、ミネラルオイルといいます。1970年代ごろまでは鉱物油の精製技術が未熟であり、不純物の多い鉱物油が使用されていました。そのため、紫外線を浴びると鉱物油が酸化して肌に刺激を与えて黒くなる「油焼け」という現象がおきていたのです。その当時の印象により、鉱物油に対して悪いイメージがあることから無添加化粧品を中心に鉱物油を使用していない「無鉱物油」と表記した化粧品が増加しました。

ただし、現在では石油精製技術が進化して、鉱物油の不純物を劇的に除去できるようになったため、酸化しにくい安全性の高いものになっています。そのため、現在では鉱物油に対してあまり神経質になる必要はありません。ただし、まれに肌に合わない人もいます。他にも油脂成分であるため紫外線の影響によって酸化して肌へ刺激性が増加することに注意しましょう。

化粧品メーカーが積極的に「無鉱物油」と鉱物油が配合されていないと表示するのは、安全な化粧品であるとのイメージ戦略の一つであるようです。

界面活性剤無配合の化粧品が良い?

界面活性剤とは、本来は混じり合わない水分と油分を乳化させる成分です。界面活性剤は洗顔料などにおいては洗浄成分として働き、化粧水や美容液、メイクアップ料などにおいては、水分と油脂成分を馴染ませて品質を安定させる成分として用いられます。

この界面活性剤には、皮脂膜や細胞間脂質(主にセラミドなど)などを溶かして肌のバリア機能を乱す作用があり、肌が弱い人においては肌荒れを起こしてしまう可能性があります。特に、石油系の合成界面活性剤は肌に対する負担がかなり大きく、肌荒れをしやすいといわれています。

そのため、界面活性剤を配合した化粧品は避けたほうが良いと考えることができますが、化粧品の種類によっては界面活性剤を配合しなければいけないものもあり、すべてのスキンケア化粧品においてゼロにすることは不可能です。多くの化粧品では安全性の高い天然系の界面活性剤が用いられ、石油系合成界面活性剤は避けられる傾向があります。

天然由来の界面活性剤を使用し、石油系界面活性剤を使用していない化粧品を「無添加化粧品」として販売しているメーカーも多いです。