一度開封した化粧品の使用期限は?

一度使わなくなっていた化粧品(例えば一度開封した化粧水、乳液、美容クリーム、ファンデーションなど)を月日が経過して再び使用するといった経験が女性なら一度はあると思います。その時に、化粧品の品質が悪化していないかどうか疑問に思うことがあります。実際に化粧品は年月が経つと品質が悪化するのでしょうか?

化粧品の品質劣化について

化粧品は未開封のものであれば3年間は品質を保持する

化粧品には基本的に製品が腐らないようになんらかの防腐剤が含まれ、未開封であれば3年間経過しても雑菌が繁殖しないように作られています。そして、化粧品は食べ物のようにカラダの中に入れるものではなく皮膚に塗るものであり、皮膚にはバリア機能があるため、未開封であれば少しくらい使用期限が過ぎた化粧品でも神経質になる必要はないと思います。

化粧品に含まれる主な防腐剤

パラベン類

パラベンとは、パラオキシ安息香酸エステルの総称で、広範囲の微生物に対して抗菌作用をもつ成分です。食品、医薬品、化粧品などに幅広く使用され、他の成分と併用することで、より少量で抗菌作用を示します。抗菌作用の強い順から、ベンジルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンがあります。防腐剤として安全性が高く、様々な分野に用いられますが、まれにパラベンによってアレルギーを起こす人がいます。そのことから、パラベンを避けた化粧品も少なくないです。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、グラム陰性菌に対して強い抗菌作用がある防腐剤です。BG(ブチレングリコール)、エタノール、ヘキサンジオールなどと併用することでフェノキシエタノールの配合量を抑制することができることが可能で、パラベンの代わりとして用いられることが多くなっています。

1,2-ヘキサンジオール

1,2-ヘキサンジオールは、多価アルコール類で抗菌性と保湿性に優れる成分です。単独ではなく他の防腐剤と併用されます。

ペンチレングリコール

ペンチレングリコールは、優れた抗菌性と保湿作用があり、さっぱりとした感触が特徴です。通常は単独ではなく他の抗菌成分と併用されます。

カプリリルグリコール

カプリリルグリコールは、保湿作用と抗菌作用がある多価アルコールの一種です。保湿成分と共に防腐剤としても使用されることが多いです。他の防腐剤と併用することで、配合量を抑えることができます。

BG(ブチレングリコール)

BG(ブチレングリコール)は、保湿性と抗菌性がある多価アルコールの一つです。抗菌成分としては単独ではなく、他の抗菌剤と併用されます。

保存状態によって品質が異なる

一度開封した化粧品を使用する場合、その化粧品の保存状態によっても品質は異なります。保管場所が湿度が高いところや、窓ぎわの日光が当たるところ、暖房器具の近くなどの温度変化が激しいところに保管していたりすると、品質は悪化しているかもしれません。また、化粧品のフタもしっかりと閉まっていることも重要です。

理想的な保管場所は、高温多湿にならない冷暗所が理想的です。しっかりとフタを閉めて冷暗所で保存していたものは一度開封した化粧品でも半年~1年くらいは問題なく使用できると思います。

化粧品の配合成分によって品質が悪化しやすい?

化粧品に配合される成分によっても時間の経過により品質が大きく変化します。例えば、油分が多い化粧品は、空気(酸素)に触れることで酸化の影響を受け、他の成分まで効力を奪ってしまうことがあります。

他にも、ハイドロキノンという強力な美白剤がありますが、還元力が強い反面、酸化されやすい性質があり、しだいに劣化して変色することがあります。また、ビタミンC誘導体も時間の経過とともに効果が薄れてきます。

化粧品の色が変わっていたら絶対に使用しない

古くなった化粧品の色や形状、匂いが変化していたら、使用を中止すべきです。特に、異臭がする場合は、雑菌が繁殖しているということであり、その化粧品を使うと、肌荒れ、かぶれ、湿疹を引き起こす可能性があります。