唇のしみ・ホクロの原因と治療方法「レーザー治療」で消える?

唇の画像 唇にも他の皮膚と同様にシミ・色素沈着ができることがあります。唇に濃いシミがあると、くすんだ印象を与えてしまうことがあり、シミをとりたいという女性は少なくないです。

唇のしみ・色素沈着の特徴

紫外線の影響で唇にシミができる

唇のしみも他の皮膚と同じように紫外線の影響を受けるほど発生しやすくなります。特に唇がガサガサして乾燥している状態では、紫外線の影響をより強く受けます。外出するときは、UVカット効果がある口紅をつけると紫外線をブロックできるはずです。

食べ物の油分の変質によって唇が刺激を受ける

唇に食べ物の油分が付着したまま強い紫外線を浴びると、紫外線によって油分が変質し、唇に刺激を与えてシミの原因になることがあります。口紅やリップクリームなどは酸化されにくい油脂成分が使用されていますが、食べ物の油分は酸化されやすのです。

化粧品かぶれによってシミができることもある?

口紅の画像 口紅などの化粧品が肌に合わずにかぶれを起こしてしまうと唇にシミができることがあります。まれに、口紅に含まれる香料や着色料が肌に合わない人もいますので、化粧品を使用して異常が起きたら、必ずその化粧品の使用を中止しましょう。

クレンジングによってシミができる?

クレンジングの時に、口紅をこするように繰り返し洗っているとその摩擦刺激によって色素沈着を起こすことがあるようです。唇はデリケートな部分なのでクリームタイプやジェルタイプのクレンジング料で優しく落とすようにしましょう。

唇がガサガサの状態が続くとシミができやすい?

唇には皮脂腺がないため皮脂膜がなくバリア機能が弱いところです。そのため、乾燥しやすい冬場にはガサガサになることがあります。唇が乾燥してバリア機能が乱れると細かな炎症がおこっていることがあり、それによってシミが発現してしまう可能性があります。 リップクリームを常用し、唇の乾燥に気づいたらこまめに塗るようにしましょう。

唇の皮をむく癖があるとシミができるようになる

唇をかんだり、唇の皮をむく癖がある人は、唇のしみができやすいといえます。唇のようなデリケートな部分はダメージを与えないことが基本です。

口唇メラノーシス

口唇メラノーシスは、アトピー性皮膚炎患者に発生しやすい唇の色素斑(しみ)です。アトピーによって唇がガサガサになり、バリア機能が崩れた状態が続くと発生しやすく、主に成人になってから発生するものです。

ポイツ・イェガース症候群

唇に黒褐色のシミが多発した場合は、ポイツ・イェガース症候群という病気である可能性があります。ポイツ・イェガース症候群とは、腸管内にポリープが発生するとともに、唇や指などに黒褐色の斑点(しみ)が出現する遺伝性の疾患で、子供の唇にたくさんのしみが発現した場合はこの症状である可能性があります。

唇のシミ消し治療

唇のしみは美白化粧品などでは消すことは難しいですが、レーザー治療で綺麗に消すことができます。

Qスイッチ・レーザー

Qスイッチ・レーザーとは、高いエネルギーをナノ秒レベルで照射できるレーザーをいいます。照射時間が劇的に短いため、高い出力でも肌に対する負担が少ないメリットがあります。唇のしみには主に「Qスイッチ・ルビーレーザー」や「Qスイッチ・ヤグレーザー」が使用されます。

Qスイッチ・ルビーレーザー

波長694nm(ナノメートル)のレーザー。濃い色によく吸収される性質があります。シミ取りレーザーとして広く使用されるレーザーです。

Qスイッチ・ヤグレーザー

基本波1064nm(ナノメートル)の波長をもつレーザーです。波長が長いことにより皮膚の深い部分にまで作用する特徴があります。ルビーレーザーよりは濃い色に反応しにくい性質があります。

唇は他の皮膚よりも回復力が早いため、早期にキレイに治ります。治療後はワセリンなどで唇を保護することで皮膚がより早くきれいに治ります。また、治療後の日焼けは禁物です。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)とは、炭酸ガス(二酸化炭素)を媒質とした10,600nmという赤外線領域の波長をもつレーザーです。この波長は水に吸収されやすく、水分を含んだ皮膚・唇に反応してシミやホクロなどの色素性病変を削り取ることができます。

唇は他の皮膚と違ってとても回復力が高く、炭酸ガスレーザーでシミやホクロを削っても傷跡も残らず早くキレイに治ります。治療後2週間ほどで傷跡がほとんどわからないレベルにまで回復します。