乳首・乳輪の黒ずみをピンク色にする方法とは? メラニン色素を薄くするには?

胸・乳首の画像 乳首・乳輪の黒ずみに悩む女性は少なくありません。黒ずんでいる乳首は見た目としてマイナスイメージを与えるため、透明感のあるピンク色の乳首になりたいという女性は多いです。

乳首・乳輪が黒ずむ原因とは?

体質的にメラニンが多い

体質的にメラニンが多い人ほど、乳首の色も濃くなる傾向があります。メラニン色素の量は人種によっても異なり、日本人よりもメラニンが少ない白人種の乳輪はピンク色の薄い色をしており、日本人よりもメラニンが多い黒人種の乳輪は非常に濃い色をしています。日本人でも色白の人では乳輪の色が白人種のようにピンク色をしている人もいます。

女性ホルモンの影響

女性看護師の画像 女性ホルモンのバランスの変化によって乳輪の色が濃くなることがあります。

女性のカラダは、卵胞期に分泌が高まるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、黄体期といわれる排卵期以降に分泌が高まるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンのバランスによって大きな変化をもたらしますが、このうち黄体期に分泌が高まるプロゲステロンには、メラニン色素の生成を活性化させる作用があり、この時期は乳首の色がやや黒くなることがあります。

生理前というのはシミができやすい時期であり、全体的に肌が不安定になります。また、生理前だけではなく妊娠期や経口避妊薬(ピル)の服用時にもプロゲステロンの働きによって乳輪が濃くなることがあります。

乳首の悩み・疑問

日本人の乳輪は濃い色をしていて当たり前

日本人は白人種のようにメラニンが少ない人種ではないため、乳輪の色がやや濃い色をしています。日本人なら乳輪は濃い色をしていて当たり前です。男性はそれほど女性の乳首の色を気にしていないものなので、乳首の色であまり神経質に悩まないようにしましょう。

乳輪にまつわる迷信

性交渉が多いほど乳首の色が濃くなるといわれることがありますが、これはなにも根拠がない迷信です。

乳輪・乳首の色をピンク色にする方法とは?

ハイドロキノン

ハイドロキノン画像 ハイドロキノンとは、強力な美白作用がある成分で、メラニン色素を合成するチロシナーゼ酸化酵素の阻害作用、シミを薄く淡色化する還元作用、メラニン色素をつくるメラノサイトの活動抑制作用などの効果があります。

即効性があることから「肌の漂白剤」といわれ、皮膚科におけるシミ治療にも積極的に用いられることがあります

ただし、ハイドロキノンは酸化して変質しやすい性質があります。酸化したハイドロキノンは刺激性の強い物質に変化し、かぶれ、アレルギー性接触皮膚炎などを引き起こすことがあります。できるだけ新鮮なものを早期に使用することが重要です。安定型のハイドロキノンでは酸化のリスクが劇的に抑制されています。

ハイドロキノンを乳首に塗り続けることで、ある程度はメラニンの沈着を薄くできる可能性があります。ただし、効果が出ても治療を止めると乳首の色が元に戻ってくることがあります。また、期待したような効果が得られないこともあります。

ハイドロキノンとトレチノインの併用治療

トレチノインの画像 ハイドロキノンと共にトレチノイン(レチノイン酸)を併用するとさらに高い効果を得られます。トレチノインとは、生理活性がビタミンA(レチノール)の数十倍もあるビタミンA誘導体の一種で、皮膚表皮細胞に反応して細胞の増殖を促し、ターンオーバーを活性化させる働きがあります。強力な美白作用があるハイドロキノンと、トレチノインによるターンオーバー促進効果によって、黒ずみのない透明感のある肌へと導きます。

反応が強い

トレチノインが強く反応する身体の部位の画像 トレチノインを塗ると、皮膚がめくれて赤くなるといった現象がおきます。これは、成分が効いている正常な反応で、これにより皮膚の生まれ変わりが促進されてメラニンの排出が促されるのですが、トレチノインは特に乳首に対して強い反応が現れやすく、それによって痒み、痛みを感じるかもしれません。

そのため、0.01%~0.025%ほどの弱い濃度のトレチノインで極端な反応を抑えながら気長に色素を落としていく方法が理想的です。日常生活において、トレチノインの反応によって赤くなった乳首がTシャツなどに擦れてかえって色素沈着を悪化させてしまうことも考えられますので、乳首がシャツに擦れないように工夫しましょう。

トレチノインを併用した治療においても、治療を中止すると1年ほど経過すれば、また同じ乳首の色に戻ってしまうことが多いのが欠点です。

レーザートーニング

レーザートーニングのイメージ画像 レーザートーニングとは、トップハット型といわれる均一に照射できるQスイッチ・YAGレーザーを用いた治療です。

従来の「ガウシアン型」といわれるレーザーでは照射部位の中心部分のダメージが強くなって炎症を引き起こすことがありましたが、トップハット型では均一に照射できるため皮膚へのダメージが少ないメリットがあります。

そして、ナノ秒単位で照射できるQスイッチ・ヤグレーザーを低出力で照射することでレーザー照射による皮膚への炎症・ダメージを抑制しながら、色素を減らしていくことができます。乳首のような色素が多い部分には、従来のレーザー照射ではダメージが強く、かえって色素沈着が起こることがありますが、レーザートーニングではそのような心配がありません。

レーザートーニングは、デリケートな部分に用いられる治療で、主に肝斑(かんぱん)という女性特有のしみに用いられることで有名です。弱い出力で行うため、一回の治療で劇的な効果は得られませんが、治療を繰り返すことでしっかりとした効果が期待できます。治療回数の目安の一つが5回です。