しみ・ほくろ・色素沈着をカバーするコンシーラーの使い方とは?

化粧道具の画像 シミ、くすみ、目の下のクマなどはファンデーションである程度は隠すことができます。それでも隠すことができないような濃いシミやホクロに対しては、コンシーラーを使うことでほとんどわからないくらいに上手に消すことができます。

お化粧 コンシーラーについて

コンシーラーは自分の肌色よりも若干濃いものを使う

お化粧・コンシーラーでしみをカバーする画像 明るい色のコンシーラーの場合、シミの濃い色とコンシーラーの明るさが対象的になって消えにくくなります。そのため、どうしても厚塗りになってしまい、不自然な仕上がりになることがあります。

自分の肌色よりもやや濃い色のコンシーラーでは、濃いシミと馴染んで薄塗りでもシミを隠すことができます。若干、全体的な仕上がりが暗いトーンになることはありますが、年齢を感じさせる濃いシミや大きなシミは自然に消すことができます。

コンシーラーによって不自然な仕上がりになるのは、肌色よりも明るいものを使って浮いたような状態になったり、厚塗りになっていたりするケースが多いようです。

コンシーラーのタイプ

コンシーラーにはいくつかの種類があります。主にパレットタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプ、チップタイプの4つです。

パレットタイプ

パレットタイプのコンシーラーの画像 パレットタイプは、やや硬さがあり、濃いシミやニキビ跡の凹みのカバーに適しています。明るい色と暗い色が揃ったものは自分の肌色の合わせてブレンドして使用できるメリットがあります。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのコンシーラーの画像 ペンシルタイプのコンシーラーは、小さなシミやニキビ跡などのカバー力に優れます。やや硬さがあり、ニキビ跡や毛穴の凹みなどをピンポイントでカバーします。

スティックタイプ

スティックタイプのコンシーラーの画像 スティックタイプのコンシーラーは、肌に素早く馴染んで、シミ、くすみ、黒ずみをカバーします。伸びがよく、やや硬さがあり、広範囲のシミ、肝斑、頬のくすみなどに対するカバー力に優れています。

チップタイプ

チップタイプのコンシーラーの画像 チップの先にコンシーラーが含まれ、滑らかな使い心地が特徴です。硬いものはシミに、柔らかいものは目の下のくま、くすみに有効です。

シミを消すメイク方法

お化粧・コンシーラーで[しみをカバーする画像 Step1顔を洗った後は必ず冷水で冷やす。(冷水で冷やすことで赤みを抑制できることや、皮膚温を下げることで皮脂分泌を抑えて化粧崩れを予防できます)。

Step2洗顔後は化粧水で肌を整える。清涼感がある化粧水を使うと、肌の赤みを抑制できます。

Step3ファンデーションを塗る。ファンデーションだけでシミを隠そうとすると、全体的に厚塗りになって不自然な印象になってしまうため、自然な仕上がりにするために薄く塗るのが基本です。

Step4シミやくすみ部分にコンシーラーを塗る。肌色よりもやや暗い色のコンシーラーを使用するのがポイントです。明るい色のコンシーラーではシミが隠しきれずに、厚塗りになってしまうことがあるためです。また、シミやニキビ跡の度合いによって硬さを使い分けましょう。

Step5コンシーラーを塗った部分を引きずらないように軽くポンポンポンと押さえるようにして馴染ませる。引きずるとコンシーラーがずれてしまいます。

Step6最後にフェイスパウダーを塗る。フェイスパウダーを使用することで明るく自然な仕上がりになり、化粧もちも良くなります。

外出先では、皮膚が動きやすい口元や目の周辺、額などはこまめに直すようにしましょう。コンシーラーを使うと不自然な仕上がりになると思っている人は少なくありませんが、肌の悩みに合った色と硬さのコンシーラーを使い分けることで、違和感ない自然な仕上がりにすることができます。