色白の人は肌老化が早い? 紫外線と肌老化の関係

肌に悩む女性の画像 色白の人は紫外線による肌老化をまねきやすいといわれています。それにはメラニン色素の量が大きく関係しています。

色白の人は特に色黒の人よりもサンバーンを起こして紫外線ダメージを強く受けやすい傾向があります。

メラニン色素量による光老化について

紫外線の性質 UVAとUVB

地上に降り注ぐ紫外線には、波長域の違いによりUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類に分けられます。このうち、UVAは波長が長いため、肌に対するダメージは少ないですが、真皮層のような皮膚の深いところにまで届く性質があります。

一方、UVBは波長が短いため、UVAほど皮膚の深い層にまで影響は及ぼしませんが、エネルギーが強いことから表皮層に非常に強いダメージを及ぼします。一般に日焼け後に赤くヒリヒリしたような状態になるサンバーンといわれる現象はUVBによるもので、皮膚に対する発がん性も高いといわれます。

通常、皮膚は紫外線などのダメージを受けると、表皮の基底層内メラノサイト(色素細胞)はメラニン色素を作り出して紫外線を吸収し、ダメージが肌の真皮のような深い層にまで届かないように働きます。紫外線によって増加するメラニン色素は皮膚を黒くする物質として悪いイメージをもつ人も多いですが、メラニン色素が生成されるからこそ紫外線による肌ダメージを限定的に抑えることができるのです。

色白の人は紫外線防御能力が低い

メラニン色素は紫外線ダメージを抑制するために作られますが、肌が色白の人はメラニン色素を作り出す能力が低いため、紫外線による皮膚に対するダメージが強く、真皮層のような皮膚の深いところにも紫外線のダメージを受けやすいといえます。

真皮層にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの皮膚のハリや弾力を担う物質が存在し、さらにそれらを作り出す線維芽細胞(せんいがさいぼう)も存在します。紫外線はコラーゲンやエラスチンなどを直接変性させ、シワやたるみを引き起こす要因となり、また、コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞にダメージを与えることで、コラーゲンなどの合成力を低下させ、肌老化を進行させます。

白人種は光老化が現れやすい?

紫外線による肌老化を「光老化」と呼んだりしますが、メラニン色素が少ない白人種は光老化の進行が早いといわれています。特に白人の中でも外仕事をしている人や、マリンスポーツをしている人などの年間を通して強い紫外線を浴びているような人は、見た目年齢と実年齢がまったく一致しないほどしわ・たるみなどの肌老化が進行していることがあります。

肌老化を予防するには?

肌老化を予防するには、やはり紫外線を浴びないようにすることと、紫外線を浴びる時でもサンスクリーンなどでUVブロックすることが重要です。一説によると肌老化の8割が紫外線による影響だといわれており、紫外線ダメージをいかに抑制するかがエイジングケアの基本になります。

日焼け止めクリーム

日焼け止めは、生活紫外線予防にはSPF10~20くらいのものが肌の負担が少ない理想的なレベルです。紫外線ブロック剤には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」がありますが、このうち紫外線吸収剤は皮膚の上で化学変化を起こして肌トラブルを引き起こす可能性があるため、それが配合されない「ノンケミカル」「ケミカルフリー」「紫外線吸収剤不使用」などと表記されてあるものが安心です。SPF10~20ほどの日焼け止めでは、皮膚に対して安全性が高い紫外線散乱剤を中心に作られています。

日焼け予防アイテムを活用する

サングラス、日傘、ハットなどもある程度は紫外線を抑制することができます。目・眼球への紫外線ダメージが大きくなると、それだけメラニンの生成が活発になるため、サングラスは積極的にかけるようにしましょう。普通のメガネでも通常は90%以上のUVブロック効果をもちます。

紫外線が強い日のレジャースポーツには注意

シミ、色素沈着は、長い年月にわたって現れることが多いですが、強力な紫外線ダメージを受けると、たった1日で大量のしみ・色素沈着が現れることも珍しくありません。

光線性花弁状色素斑の画像 例えば、夏場の海水浴などで水ぶくれをともなった強いサンバーンを起こすと、光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)という強い色素沈着を起こすことがあります。特に色白の人の場合は、紫外線によるサンバーンを引き起こしやすいので、紫外線が強い夏場の海水浴やマリンスポーツは控えたほうが良いかもしれません。