経口避妊薬(ピル)を服用すると肝斑というシミ・色素沈着が発生する?

薬を飲む画像 経口避妊薬(ピル)の服用によって肝斑といわれる女性特有のシミができやすくなるといわれています。肝斑は、30代以降の女性、妊娠期、経口避妊薬(ピル)服用時などに発生しやすいことから、女性ホルモンのバランスが変化する影響によって引き起こされるのではないかといわれています。

肝斑とは?

肝斑の画像 肝斑とは、茶褐色のシミが主に両側の頬(目の下)にモヤモヤと発生するものをいいます。斑点(しみ)が肝臓のような形状で現れることから肝斑といわれるようになってます。

肝斑という女性特有のしみを持つ人は実際には多いといわれ、主に30代以降の多くの女性に現れるしみです。特に妊娠中や経口避妊薬(ピル)を服用していると発生率が高くなります。そのことから、女性ホルモンのバランスが変化することで引き起こされるのではないかといわれています。

一般的なシミと肝斑の違いは、肝斑の場合は何らかの原因によってメラニン色素の生成を促す物質が慢性的に発生しているということです。メラニン色素の生成を誘発する物質は、紫外線、皮膚の炎症、物理的ダメージなどによって活発になるため、肝斑がある部分には余計な刺激を与えないようにする必要があります。

シミ、肝斑は30代以降の女性に発生しやすい

シミ、肝斑は30代以降の女性に現れる傾向があります。この時期は女性ホルモンのバランスがしだいに変化していくころで、女性ホルモンの影響によってメラニン色素の合成を誘発する物質の放出が促され、それが肝斑のように局所的に色素沈着を引き起こすのではないかといわれています。

肝斑は経口避妊薬(ピル)服用時でも発生する

経口避妊薬(ピル)は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンがバランスよく配合されているお薬です。ピルは女性ホルモンをコントロールすることで排卵をなくす効果があります。

ピルを服用することで通常とは違う女性ホルモンのバランスに変化し、それによって肝斑が発生しやすくなるとされます。はっきりしたことは明らかになっていませんが、ピルに含まれるプロゲステロンが慢性的に作用することで、持続的にメラニン色素の生成を誘発し、それによって肝斑のようなシミができやすくなるのではないかといわれています。

ピル服用時には紫外線や物理的刺激によってシミが悪化しやすくなります。また、レーザー治療によっても炎症性色素沈着が悪化しやすいといわれます。

シミ、肝斑は妊娠中に発現しやすい

妊娠中の画像 シミ、肝斑のような色素沈着は、妊娠中に発現しやすいといわれます。妊娠期というのは通常よりも女性ホルモンのバランスが大きく変化して肌が不安定になったりします。また、顔の赤み、肌荒れ、ニキビ、抜け毛の増加などのトラブルも増えます。

特に妊娠初期には妊娠を継続させるためにプロゲステロンという女性ホルモンが多量に分泌され、それによって肌のコンディションが悪化することがあります。プロゲステロンの分泌が多い時期はメラニン色素が生成されやすくなり、シミ、肝斑ができやすくなります。

妊娠中の肌は不安定になっているため、この時期に肌に負担をかける治療は行うべきではありません。例えば、妊娠中ではシミ治療や脱毛目的などのレーザー治療は基本的には受けることができません。その理由はレーザーによってかえって炎症性色素沈着を引き起こすことがあるためです。

生理前もシミ、ニキビができやすくなる

女性の月経・生理周期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンによって大きな変化をもたらします。

女性の生理周期と女性ホルモンの変化の画像

月経が終わって排卵期までの7~14日間は卵胞期といわれ、この時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが多く分泌されます。

卵胞期は、皮脂分泌が抑えられて肌のキメが整い、コラーゲンやエラスチンなどのハリや弾力を担う物質の生成も高くなります。卵胞期は女性をより美しく導く期間といえます。

一方、排卵期が過ぎて月経(生理)までの約2週間は黄体期(生理前)といわれる時期で、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が高くなります。

この時期はプロゲステロンの影響で紫外線や物理的刺激などによるダメージに対しての感受性が高くなり、シミができやすくなります。また、プロゲステロンの影響で皮脂分泌もやや増加し、にきび、吹き出物などの肌トラブルも増えます。

生理前の肌は不安定になることが多く、過剰なスキンケアはかえって肌トラブルの原因になることもあります。生理前はシンプルなスキンケアが理想です。