妊娠中はシミ・肝斑・色素沈着が悪化しやすい? 女性ホルモンとメラニンの関係

妊娠中の画像 妊娠中にはシミ・色素沈着が発生しやすくなるといわれています。特に肝斑(かんぱん)といわれる女性特有のしみができやすい傾向があります。それには、女性ホルモンのバランスが大きく変化することが要因の一つだといわれています。

妊娠中とシミ・色素沈着

妊娠中にはメラニン色素の生成が増加する

肌荒れに悩む女性の画像 妊娠中には、妊娠を継続させるためにプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが増加します。この働きによって妊娠を維持することができるのですが、このプロゲステロンという女性ホルモンにはメラニン色素の生成を促してしまう作用があるといわれています。

妊娠中に紫外線、皮膚の炎症、レーザー治療などで皮膚がダメージを受けると、通常時よりも炎症性色素沈着が起きやすい傾向があります。そのため、妊娠期には日焼けや肌に負担をかける美容治療、レーザー治療、光治療などは控えるべきだとされています。

妊娠中は紫外線に対して敏感な状態になっており、可能な限り紫外線を避け、外出するときには日焼け対策をしっかりと行うようにしないと、シミを作ってしまう要因となってしまいます。

妊娠中は肝斑(かんぱん)が増加する?

肝斑の画像 肝斑(かんぱん)とは、主に顔の両側の頬・目の下にモヤモヤと出現する女性特有のシミをいい、その肝斑はプロゲステロンという女性ホルモンの影響が関与して発生するのではないかといわれています。

妊娠中にはプロゲステロンの分泌が増加し、メラニン色素が作られやすい状態になり、肝斑といわれるシミが発生しやすくなるとされます。プロゲステロンは妊娠を継続させるために重要な役割を担いますが、それがメラニンの生成を促す働きがあるといわれているのです。

妊娠中には肌が不安定になることがある

妊娠中は女性ホルモンのバランスが大きく変化することで肌が不安定な状態になることがあります。妊娠中にニキビ、吹き出物、肌の赤み、抜け毛の増加などに悩む女性は少なくありませんが、それらは妊娠による女性ホルモンの変化が大きな要因の一つと考えられます

また、妊娠中は胎児の成長のために妊婦は通常よりも多くの栄養を必要とし、この時期に栄養が不足したり、普段よりも栄養をたくさん摂取することで肌のコンディションも不安定になることがあります。また、妊娠中は精神的にも不安定になりやすく、心身ともにバランスを乱してしまうことがあります。

経口避妊薬(ピル)を服用中でもシミが増えやすくなる?

薬を飲む画像 経口避妊薬(ピル)とは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンがバランス良く配合されたお薬です。ピルにはプロゲステロンの作用を高めて排卵を抑制することで避妊効果を示しますが、このプロゲステロンがメラニン色素の生成を促すような作用があるため、ピルを服用しているとシミができやすい状態になってしまうといわれます。

プロゲステロンは女性特有のシミに肝斑(かんぱん)という色素沈着を引き起こす要因であると考えられ、経口避妊薬の長期服用によって肝斑を発生するケースは少なくないです。ピルを服用している時には、紫外線対策や肌に負担をかけないスキンケアが必要です。

妊娠中だけではなく生理前にもシミができやすい?

女性の生理周期は、月経・生理後から排卵期にかけて増加するエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵期後から生理前にかけて増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンのバランスによって大きな変化をもたらします。

女性の生理周期と女性ホルモンの変化の画像

生理後から排卵期までの卵胞期はエストロゲンが多く分泌され、この時期は皮脂分泌が安定し、肌にキメや透明感がうまれます。また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などのハリや弾力を生み出す成分の合成も高くなり、女性にとっては美容や精神的にも安定する時期です。

一方、排卵期後から生理までの黄体期には、プロゲステロンが多く分泌されます。プロゲステロンにはメラニン色素の生成を高めてしまう作用があり、生理前というのはシミや色素沈着が発生しやすい時期だといえます。また、プロゲステロンには男性ホルモンと似た作用があり、皮脂分泌がやや増加して肌が不安定になり、ニキビ・吹き出物・毛穴のブツブツなどができやすくなります。

生理前には、新しいコスメの使用や、マッサージ、ケミカルピーリング、レーザー治療などの肌に負担があるような行為は避けたほうが良いと思います。