[入れ墨・刺青] レーザー治療で消せるタトゥーの色とは?

タトゥーを入れる画像 社会的な偏見や就職などの問題により、過去に入れたタトゥー(入れ墨・刺青)を消したいという人は少なくありません。

タトゥー消し治療には、主に「Qスイッチ・レーザー」「手術による切除縫合」「植皮(皮膚移植)」などの方法があり、最もキレイに消せる方法はQスイッチ・レーザーによるレーザー治療ですが、タトゥーの色によって治療効果は大きく違いがあります。

ここではQスイッチ・レーザーによって消せるタトゥーの色を解説します。

Qスイッチ・レーザーとは?

Qスイッチ・ヤグレーザーの写真 Qスイッチ・レーザーとは、高い出力のエネルギーをナノ秒レベルという一瞬の時間で照射できるレーザーをいいます。

照射時間が一瞬であるため、高い出力でも皮膚に対するダメージが少ない利点があります。一般にタトゥー消し治療におけるレーザーというとQスイッチレーザーを使用するのが一般的です。

そのQスイッチ・レーザーには以下の3つの種類があります。

シミや色素沈着に使用されるレーザーの種類と波長レベルの画像

Qスイッチ・ルビーレーザー

Qスイッチ・ルビーレーザーの写真 694nm(ナノメートル)の波長をもつレーザーです。黒色や濃い青色などの濃い色に吸収されやすいレーザーです。赤い色には反応しにくいため、血管組織に対するダメージが少ない利点があります。

血液中にはヘモグロビン(赤い色素)が存在しますが、ルビーレーザーは赤い色には吸収されにくいため、血管への損傷が少ないのが特徴です。

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの画像 755nmの波長をもつレーザーです。ルビーレーザーと同じように濃い色に吸収されやすい波長です。ルビーレーザーと比較してやや波長が長いので皮膚の深い部分に存在する色素(タトゥーの色)に作用しやすいといえます。

Qスイッチ・YAGレーザー(ヤグレーザー)

Qスイッチ・ヤグレーザーの写真 基本波1064nm、半波長532nmの2つの波長をもつレーザーです。基本波1064nmは、波長が長いため皮膚の深い層の色素(タトゥーの色)にまで吸収されやすい性質をもちます。

元々はヤグレーザーとはタトゥー消し治療のために開発されたレーザーであり、タトゥー除去というとこの波長が使用されることが多いです。

また、半波長の532nmは、濃い色も赤い色も共に吸収されやすい波長ですが、タトゥー消し治療においては主に赤い色のタトゥーに対して使用されます。

タトゥーの色によるレーザー機器の違い

タトゥー除去に使用されるレーザーは、タトゥーの色によって異なります。レーザーは濃い色ほど反応が良い性質があります。

黒色や青色のタトゥー
Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー、Qスイッチ・ヤグレーザー。

緑色のタトゥー
Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー。

赤色や黄色のタトゥー
半波長532nmQスイッチ・ヤグレーザー。

タトゥーの色素が存在する深さによっても治療効果が異なる

タトゥーをレーザーで消す場合、タトゥーの色素が存在する皮膚の層によっても治療効果が大きく異なります。一般に皮膚の浅い層に存在する色素ほど改善効果が期待でき、真皮層の深いところに入り込んだ色素の場合は、レーザー治療の回数が多くなります。

色素の素材によっても効果が異なる

タトゥーの色素の材料によってもレーザーによって効果が現れにくいものがあります。この場合は、繰り返しても期待したような効果が得られないことが多いです。

レーザー治療によるタトゥー除去のリスク・副作用

レーザー治療による炎症性色素沈着

Qスイッチ・レーザーによる治療によって炎症性の色素沈着を引き起こすことがあります。レーザーによって少なからず皮膚はダメージを受けるため、それによって色素沈着を起こすことがあるのです。色素沈着は数か月は残ることがあり、月日の経過と共に薄くなっていきますが、場合によっては残ってしまうことがあります。

炎症性色素沈着は、トラネキサム酸やビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどの美白剤で症状の予防と改善を促すことが可能です。

色素が抜けてしまう 肌色の消失

繰り返しレーザー治療を行うことで、元々あったメラニン色素までもが抜けてしまい、皮膚の色が抜けてしまうことがあります。タトゥーの色は消せても皮膚の色が抜けてしまうため、最終的には不自然な仕上がりになることがあります。この現象は色黒の人が目立ちやすい傾向があります。

熱傷、やけどを引き起こすことがある

レーザーによって皮膚がヤケドを引き起こすことがあります。出力を抑えれば火傷のリスクが低くなりますが、それでは十分な治療効果が得られないことが多く、反対に治療効果を上げるために出力を上げるとタトゥーは改善できても火傷や炎症性色素沈着が残ってしまうリスクがあります。

繰り返しレーザー治療を行ってもタトゥーが消えないこともある

レーザーによるタトゥー消し治療の画像 何度も繰り返しレーザー治療を行っても期待したような効果が得られないことがあります。

特に黒色などの濃い色以外の色(例えば赤色、黄色、緑色、薄い青色など)はそもそもレーザーによる吸収が悪く、効果が現れないことから治療をあきらめる人も少なくありません。

また、治療方法を手術や植皮(皮膚移植)に切り替える人も多いです。