エストロゲン(女性ホルモン)が減少するとシミ・くすみ・肌老化が進行する?

肌に悩む女性の画像 女性ホルモンは女性の美しさに大きな影響をもたらします。女性には主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが分泌されており、特にエストロゲンには女性のカラダを美しく導く働きをもっています。

老化の原因を厳密に特定することは困難ですが、女性の老化現象の大きな要因の一つがエストロゲンの変化によるものだとされます。

年齢によるエストロゲンの変化

年齢によるエストロゲン(女性ホルモン)の変化の画像グラフ エストロゲンは女性のカラダを美しく維持する作用がありますが、年齢とともにしだいに減少してきます。女性ホルモンは思春期(第二次性徴期)ごろをピークとしてその後は年々減少してきます。

思春期から20代はエストロゲンの分泌が高い

肌を触る女性の画像 思春期から20代はエストロゲンの分泌が活発で、これは妊娠に備えた女性特有の身体の仕組みによるものです。この時期は皮膚のハリや弾力も高く、若くみずみずしい肌を維持できる時期です。

ただし、不規則な生活やバランスの悪い食生活、または極端なダイエット、ストレスなどによって20代でもエストロゲンの分泌が大きく減少してしまうことがあります。エストロゲンの働きが悪化すると老化現象が早くなり、しみ、しわ、たるみなどの肌老化の進行が早くなってしまうことがあります。

エストロゲンが不足すると、生理不順を引き起こすことがあり、場合によっては月経そのものが止まってしまうこともあります。また、閉経が早くおとずれることもあります。

30代以降はエストロゲンの減少が本格的に始まる

30代以降はエストロゲンの分泌が減少し、本格的に肌老化がはじまります。この30代以降はしみ、しわ、たるみなどの肌の老化が現れるようになり、それはエストロゲンの分泌量と比例しています。

30代以降になると性ホルモンの分泌が減少するため、皮脂量も減少して肌が乾燥しやすくなります。

更年期、閉経後はエストロゲンが大きく減少する

女性の場合は50歳前後になると閉経を迎え、更年期という時期にはいります。早い人では40代前半から閉経がやってくる人もいます。更年期になるとエストロゲンの量は20代と比較して20~30%ほど低下するといわれています。

女性ホルモンが大きく減少していく時期であり、肌の悩みも多くなります。また、女性ホルモンが減少する反動で精神的に不安定になったりすることがあります。

女性の生理周期によるホルモンバランスの変化

女性の生理周期は月経・生理後から排卵期までの卵胞期(7~14日間)に多く分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵期が終わって生理までの黄体期(7~14日間)に多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンによって大きな変化をもたらします。

女性の生理周期と女性ホルモンの変化の画像

卵胞期はエストロゲンが増加する

エストロゲンが多く分泌される卵胞期は、皮脂分泌が安定して肌のキメが整い、メラニンの生成が抑えられて肌に透明感がでてきます。

また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの弾力を担う成分の合成も活発になります。生理周期の中で卵胞期は肌トラブルが減少する時期で、この期間は化粧品を変えたり、普段やらないようなスキンケアなどを行うには適した時期といえます。

黄体期はプロゲステロンが増加する

プロゲステロンが多く分泌される黄体期は、やや皮脂分泌が活発になり、肌が不安定になることがあります。黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きがあり、男性ホルモンのような皮脂腺の働きを活発にする作用があるのです。

そして、プロゲステロンはメラニン色素の生成を促す作用があるといわれます。そのため、黄体期にはシミ、色素沈着ができやすい傾向があります。他にも、プロゲステロンはむくみやイライラの原因となることがあります。

例えば、肝斑(かんぱん)といわれる女性特有のしみはプロゲステロンの影響によって引き起こされるといわれており、プロゲステロンが多い時期はシミ、色素沈着ができやすいデリケートな時期になります。この時期は、しっかりとした紫外線対策が必要です。