海外・外国で販売されている化粧品は危険性がある?

旅行のイメージ画像 外国・海外にいって化粧品を購入する人が増えているようです。海外旅行をする人や海外に長期滞在する人が増えたことで、海外メーカーの化粧品を購入するといったケースが多いようです。

また、ネットで海外の化粧品や医薬品を個人輸入で購入する人も増えています。ただし、外国と日本では化粧品配合成分に対しての基準が異なることや、また、外国であるため深刻な肌トラブルを起こした場合の対処が難しくなる問題があります。

日本の化粧品と外国の化粧品の違い

外国とは安全基準が異なる

化粧品の画像 日本では、薬事法により化粧品に配合される成分には安全性が確認されたものが配合できるようになっています。一方、外国の化粧品では安全とされる成分には日本との認識の違いがあります。また、配合濃度の基準も異なることがあります。成分の安全性に対しての認識が大きく違いがあるのです。

薬剤に対しての認識が異なるため、日本では医師の処方箋が必要なものでも、海外では容易に購入することができるケースがあります。例えば、高い美白効果がある成分にハイドロキノンという美白剤がありますが、高い効果がある反面、劣化すると肌に対して刺激性が強くなる成分があります。そのハイドロキノンの安全性を配慮して各国は濃度に対して制限を設けていますが、国によって濃度の基準が緩和的なところもあります。

日本では医師の処方性が必要だったり、入手するのが困難なものは、海外からの個人輸入で購入する人も増えています。ネットにより個人取引が容易になった背景が考えられますが、すべて自己責任で使用する必要があります。

外国で購入した化粧品に対するトラブル

海外の化粧品は、外国語表記であるため、言葉、文字が理解できずにどういった成分が配合されているのかよくわからないことがあります。また、言葉がわからないため、メーカー側に問い合わせることも難しくなります。国によっては司法やメディアの報道の自由が進んでおらず、被害者の意見が通らないことも考えられます。

香料、着色料などの基準も異なる

香料や着色料には化学合成されたものが使用されることがあります。それらの一部の合成成分は皮膚にシミ、かぶれ、アレルギーなどを引き起こす可能性があるため、日本では香料や着色料は厚生労働省から使用が認められているものが化粧品に配合できるようになっています。ただし、日本と外国では配合成分の基準に違いがあります。

日本で販売されるものは日本の基準に基づいて販売されますが、日本人が海外で購入した化粧品の場合は、日本では認められていない成分が配合されていることもあります。国によっては化粧品を外国人観光客に対する売り上げ目的のために、不十分な規制のもとで販売されていたりします。

日本では使用されない成分が配合されることもある

化粧品の画像 海外では日本のメーカーではあまり使用されない野菜や果物の植物由来成分を有効成分として販売している化粧品が存在します。普段から食事で摂取していたり、食べ物として摂取して問題ないためとして肌に塗っても安全だという認識で、きちんと安全性が確認されないまま化粧品に配合されていることがあります。

日本と外国では薬事法が異なるだけではなく、その国の国民性や食文化、衛生面での価値観も異なるため、あらゆる成分に対して日本人とは違うイメージ・認識をもっていたりします。

石油精製技術が未熟なケース

化粧品には石油から生成される成分が配合されることがあります。国によっては石油の精製技術が発達しておらず、不純物が多いものが使用されていることがあるようです。また、石油由来成分だけではなく、様々な成分を抽出して配合する際に不純物が残っていることもあるかもしれません。国によっては安全基準が異なることを念頭におくことが必要です。

日本でも昔は石油精製技術が未熟であり、鉱物油に残った不純物によって「油焼け」という現象を引き起こすことがありました。現在では技術が進化して油焼けを起こすことはなくなっています。