フォトRFによるしみ・そばかす治療の効果と副作用とは?

フォトRF フォトRFとは、医療機器メーカーのシネロン社が開発したIPL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせた治療をいいます。

光治療と高周波治療を組み合わせて同時に照射することで、シミ、そばかすなどの色素沈着だけではなく、しわ、たるみなどの肌老化にも高い効果を得ることができます。

光エネルギーは、黒い色素(メラニン性のシミなど)や赤い色素(皮膚の赤みなど)に吸収される性質があり、それらに作用して改善する働きがあります。

一方、高周波エネルギーは、真皮層のような深い層にまで届いて、コラーゲンなどの増生を促し、シワ、たるみなどの肌老化の改善に導きます。フォトRFは、フォトフェイシャルなどのIPLを使用した治療では難しかったエイジングケアに対しても高い効果を得られる治療です。

フォトRF(オーロラ)によるシミ治療について

フォトRF(オーロラ)の効果

  • 黒い色素や赤い色素に反応する幅広い波長の光エネルギーにより、しみ、そばかすなどの色素沈着や、皮膚の赤み、赤ら顔などを改善する。
  • 高周波エネルギーとの相乗効果により、効率的にIPLの効果を得ることができる。
  • 高周波エネルギーが真皮層に作用し、コラーゲンやエラスチンなどの生成を高めるエイジングケア効果がある。
  • しみ、しわ、たるみ、顔の赤み、毛穴トラブルなどの肌の悩みを同時に改善できるメリットがある。
  • 光エネルギーが毛根に反応して脱毛効果を示す。
  • 冷却システムを搭載しているため、ダメージが最小限に抑えられている。

適応症状

  • しみ、ソバカスなどのメラニン性の色素沈着。
  • しわ、小じわ、たるみ。肌の老化現象全般。
  • 開いた毛穴、毛穴のたるみ。
  • ニキビ、にきび跡。
  • 皮膚の赤み、赤ら顔、毛細血管の拡張。
  • 脱毛。(特に細い体毛、産毛、色素が薄い毛に対して用いられる)。

治療手順

Step1施術前は洗顔・クレンジングによって余計な汚れをしっかりと落とす。
Step2照射前には専用のジェルと塗布する。
Step3目を保護するためのシールドをのせる。
Step4肌の状態に合った出力、ショット回数で照射していく。照射時に、やや痛みがあります。
Step5照射後は専用ジェルをふき取り、肌をクールダウンさせて終了。
Step6施術後はお化粧をすることができますが、できるだけ肌に負担をかけないほうが無難です。

アフターケア

  • 治療後は紫外線対策をしましょう。日焼けは禁物です。
  • 治療後は化粧水などで保湿をしっかりしましょう。肌が回復・再生するためには十分な潤いが必要です。
  • 照射後にしみ・そばかすが施術前よりも濃くなって見えることがありますが、これはフォトRFがメラニンに作用している正常な現象です。数日後にはシミは薄い瘡蓋となって自然にはがれていきます。この時に無理に剥がしたりしないようにしましょう。
  • 洗顔時のゴシゴシ洗いなどの肌に刺激を与える行為は厳禁です。

治療時間

治療時間は、顔全体では20~30分ほどが目安です。治療範囲によって異なります。

治療回数の目安

治療回数は、3~4週間に一回のペースで5回が目安です。

治療料金

治療価格は、顔全体の治療で1回あたり約1~3万円くらいが目安です。トライアル料金として初回は割安で行っている病院も多いです。

副作用やダウンタイムについて

  • フォトRF照射時にやや痛みや熱感がありますが、我慢できるレベルです。
  • 妊娠中の人は施術は控えましょう。(妊娠中は女性ホルモンの影響でかえってシミが濃くなることがあります)。
  • 強い日焼けしている場合は施術を受けられないことがあります。
  • フォトRFはダウンタイムの負担がほとんどなく、安全に受けることができる治療ですので副作用についてはあまり心配する必要はないです。施術後に赤みがでるくらいで、数時間から翌日にかけて赤みも治まります。
  • 肌が弱い人はフォトRFのような治療は適していません。バリア機能が弱い人はダメージが強すぎると思います。また、アトピーや肌荒れなどがある場合も治療は受けるべきではないです。