アクネ菌がニキビの腫れを引き起こす仕組み

頬にきび ニキビや吹き出物は主にアクネ菌という細菌がふさがった毛穴で増殖することで発生します。

アクネ菌は、どんな人にでも毛穴の中に生息していている常在菌で、通常は悪影響は及ぼしませんが、いくつかの環境がそろうと急激に増加し、最終的にはニキビを引き起こす原因になってしまいます。

アクネ菌の性質とニキビの関係

ニキビの原因となるアクネ菌には以下のような働きがあります。

  • アクネ菌は皮膚常在細菌であり、誰においても皮膚に存在している。
  • 皮脂をエサにして活動する。皮脂が増えるほど増加する。
  • 皮脂中の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を作り出すことで肌を弱酸性に導く働きがある。
  • アクネ菌は空気・酸素を嫌う嫌気性菌で、酸素があると死滅してしまう。反対に酸素がないと増加する。
  • ふさがった毛穴で酸素がなくなると皮脂をエサにして増殖する。

アクネ菌は遊離脂肪酸を生み出して皮膚を刺激する

ニキビのメカニズム 皮膚の常在細菌であるアクネ菌は、細菌性リパーゼという脂肪分解酵素を作り出す働きがあります。

そして、そのリパーゼは皮脂中の成分であるトリグリセリド(中性脂肪)を分解して、グリセリンと遊離脂肪酸という物質に分解します。

グリセリンは保湿成分として作用しますが、もう一方の遊離脂肪酸は良い働きと悪い働きがあります。

遊離脂肪酸は肌を弱酸性に導く働きがある一方で、皮膚を刺激して角化異常を引き起こし、角質を厚くしてしまう原因と考えられています。

遊離脂肪酸のうち、特にオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸は酸化しやすいことから、炎症を誘発してターンオーバーを乱してしまう原因となります。

皮膚に刺激が加わることで角質が厚くなると、毛穴に古い角質や皮脂汚れといったにきびの芯(角栓)が溜まるようになります。

そして、角質が厚くなって完全に毛穴が塞がってしまうと、酸素がない環境を好むアクネ菌は、皮脂を栄養にして活発に増殖するようになります。これに対して免疫反応を起こすのがニキビです。

増殖したアクネ菌は免疫によって白血球が攻撃する

好中球がアクネ菌を食べるイラスト 人間の身体は、細菌が極端に増殖すると免疫システムが働きます。アクネ菌の増加もその一つです。

アクネ菌が増加すると、様々な伝達物質(プロスタグランジンなど)が発生することで毛細血管が拡張し、にきびが赤く腫れるようになります。

様々な伝達物質によって毛細血管拡張と血管透過性が進むことで、白血球がアクネ菌が増加した場所にたどりつきます。

そして、好中球(白血球の一つ)がアクネ菌を食べて活性酸素を発生させることでアクネ菌が死滅していきます。この免疫によってニキビが自然に治っていきます。

免疫によってニキビ跡が悪化する

免疫反応による白血球の活躍によってアクネ菌は死滅しますが、この時に発生する伝達物質や活性酸素などによってニキビ跡の赤みやモヤモヤした色素沈着が残ったり、さらに炎症の度合いや肌質によってはクレーター状の凹みやケロイドといったニキビ跡ができることもあります。

そのため、ニキビを悪化させないためには免疫を抑制する必要がありますが、それはアクネ菌を素早く減少させる必要があります。

アクネ菌の増加を予防するには?

こまめな洗顔で皮脂汚れを落とす

洗顔をする画像 ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂量と比例して増加します。アクネ菌が増加すると、比例してニキビや毛穴開きなどの肌トラブルも多くなります。

そのため、しっかりと洗顔をして皮脂汚れを落としてあげるスキンケアが必要です。

特に思春期から20代前半にかけては性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂も活発に分泌されます。

そういった時期には、こまめに洗顔して肌を清潔にしてあげるスキンケアが適しています。洗浄力が強くない普通の固形石鹸で、最低でも朝、夜の一日2回は洗うようにしましょう。

洗浄力の強い洗顔料を使うと肌の乾燥をまねき、乾燥を防ぐためにかえって皮脂分泌が増加することがあります。優しい洗いあがりのものを、たくさんの泡で丁寧に洗うと肌トラブルは落ち着いてくるはずです。

皮脂量と活性酸素を抑えるビタミンC誘導体化粧水

ビタミンCローション アクネ菌は皮脂の増加によって増えますので、皮脂を抑えるスキンケアが非常に効果的です。皮脂の抑制にはビタミンC誘導体が良く効きます。ビタミンC誘導体は皮脂を抑制してオイリー肌の改善が期待できます。

また、抗酸化作用があることから活性酸素を抑えて皮脂の酸化を抑制します。他にも、ビタミンC誘導体にはニキビ痕の炎症後色素沈着などにも非常に有効です。

ビタミンC誘導体は、にきびやニキビ跡に対して総合的に効果があります。ニキビ治療にビタミンC誘導体ローションを積極的にすすめる皮膚科医はとても多いです。

脂性肌の人は水溶性で皮膚に浸透しやすいリン酸型のビタミンC誘導体を選びましょう。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体10%ローション

アクネ菌は化粧品で殺菌すべき?

化粧水を使う女性の画像 ニキビが炎症を起こす原因がアクネ菌の増殖であることから、殺菌成分入りの化粧水を使用したほうがよいといわれることがあります。

ところが、殺菌成分はアクネ菌以外の皮膚常在菌までも殺菌してしまう欠点があります。そして、何よりも化粧水では皮膚の奥深くまで浸透することはないため、炎症を起こしたニキビを殺菌することはできません。

また、保湿化粧品に含まれる成分がアクネ菌の増加を促すことがあります。例えば、保湿成分としてよく多用されるグリセリンなどもアクネ菌を増やす性質があり、何もしない場合と比較して4倍もアクネ菌が増加したという研究結果が報告されています。

そのため、化粧品の使いすぎにも注意しなければいけません。

アクネ菌を殺菌する病院治療

ニキビ治療薬

皮膚科で処方される主なニキビ治療薬の画像 アクネ菌を殺菌する保険適応のニキビ治療薬には、ベピオゲル、イオウカンフルローション、ダラシンTゲル、デュアック配合ゲル、アクアチムクリームなどがあります。

そのうち、ダラシンTゲル、デュアック配合ゲル、アクアチムクリームは抗菌薬で、薬剤耐性菌を生じる問題があるため、小さなニキビには使用されません。抗菌薬は腫れたニキビに対してのみ使って下さい。

内服の抗生物質

抗生物質ミノマイシン(ミノサイクリン)の画像 ニキビが腫れたり、赤にきびが多発した場合は、抗生物質の服用が有効です。

ロキシスロマイシン(商品名:ルリッド)、クラリスロマイシン(商品名:クラリス)、ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)などがニキビ治療によく処方されます。それらは素早くアクネ菌を抑制し、ニキビの改善に導きます。

アクネ菌を殺菌する治療器

フォトフェイシャルアクネス にきび治療の中には、特殊な光を照射してアクネ菌を殺菌し、ニキビを減らす治療も存在します。治療名では、フォトフェイシャルアクネス、ピュアアクネス、クリアタッチなどがそれにあたります。

それらの治療はアクネ菌が代謝産物としてポルフィリンという物質を産生していることから、それに特殊な光を与えて活性酸素を発生させ、アクネ菌を殺菌するという作用に基づきます。

また、フォトダイナミックセラピー(PDT)という治療もあります。PDTは、アミノレブリン酸というアミノ酸を使用して毛包内のポルフィリンを意図的に増やし、その後は特殊な光を照射してアクネ菌を殺菌するという治療です。

ただし、それらの治療は非常に個人差があり、何よりも治療を行っている病院がとても少ない欠点があります。