短期間でニキビ跡の色素沈着(しみ)を消す方法

女性の写真 ニキビができてしまう悩みの一つがニキビ跡が残ってしまうことです。にきびが悪化するほどニキビ跡も酷く残ってしまい、顔の印象を変えてしまうこともあります。

そのニキビ跡にはいくつかの種類がありますが、その中でも炎症後色素沈着は少しのケアをするだけで早い改善が期待できます。今回はニキビ跡のモヤモヤした色素沈着を短期間で治す方法をご紹介します。

ニキビ跡の色素沈着が発生するメカニズム

ニキビ跡の炎症後色素沈着 にきびによって皮膚が炎症を起こすと、様々な生理活性物質・情報伝達物質や活性酸素が発生しますが、それらがメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)を刺激してチロシナーゼという酸化酵素を活性化させます。

チロシナーゼ酵素は、表皮基底層に存在するアミノ酸のチロシンを酸化させて最終的にメラニン色素を作り出します。このメラニン色素がにきび炎症によってたくさん産生されて皮膚に残ったのがニキビ跡の色素沈着です。

ニキビだけではなく、その他の皮膚病、紫外線、外傷などの要因によってもメラニンは過剰に作られ、色素沈着を起こすようになります。

炎症性色素沈着は、基本的に表皮層にメラニン色素が溜まった状態であるため、メラニンの生成を抑えて、さらにターンオーバーを促すことで色素沈着は薄くなっていきます。

ニキビ跡の色素沈着は美白成分が良く効く

にきびによる炎症後色素沈着は美白成分が良く効きます。ニキビ跡に効く美白有効成分には主に以下のような成分があります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション ビタミンC誘導体は、ビタミンC(アスコルビン酸)に別の物質を結合させて浸透性と安定性を高めた成分です。ビタミンCには、抗酸化作用、メラニンを合成するチロシナーゼ酵素の阻害作用、メラニン還元作用、皮脂抑制作用があり、ニキビ治療や美白治療に多用されます。ニキビ治療においてビタミンC誘導体をすすめる皮膚科医も多いです。

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性(油溶性)がありますが、オイリー肌のニキビ治療にはリン酸と結合した水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体が使用されることが多いです。

「リン酸アスコルビルMg」「リン酸アスコルビルNa」などの「リン酸」と表記してあるビタミンC誘導体ローションを選びましょう。
【楽天】リン酸型ビタミンC誘導体ローション(さっぱりタイプ化粧水)100ml

ハイドロキノン

ハイドロキノン ハイドロキノンは強力な美白作用がある成分で「肌の漂白剤」ともいわれる美白剤です。メラニン還元作用(メラニンを薄くする作用)、チロシナーゼ阻害作用、メラノサイト(メラニン細胞)の活動を低下させる作用などにより、短期間で色素沈着を改善することができます。炎症後色素沈着のようなモヤモヤしたシミ治療によく使用される成分です。

ハイドロキノンはニキビ跡などの炎症性色素沈着に最も良く効く美白剤の一つですが、品質劣化により刺激性が増えることや、元々肌に合わないことも多いため、ニキビが完全に治ってからさらに1~2ヶ月以上経過してからの使用をおすすめします。にきびが治っても皮膚内部には炎症性物質が発生しており、その状態にハイドロキノンによる刺激が加わるとかえってニキビ跡がひどくなってしまうこともあるためです。

トラネキサム酸

トランシーノ・トラネキサム酸 トラネキサム酸は「抗プラスミン作用」によって消炎・抗炎症作用や美白作用を示す成分です。ニキビなどによって皮膚に異常が発生すると「プラスミン」というタンパク質分解酵素が発生しますが、そのプラスミンは「プロスタグランジン」「ヒスタミン」「ブラジキニン」などの物質の発生を促します。そのうち「プロスタグランジン」という物質にはメラニン色素の生成を促す作用があります。

トラネキサム酸はプラスミンの発生を抑制することでプロスタグランジンの発生も抑制し、メラニン色素の合成を抑えます。また、プロスタグランジン、ヒスタミン、ブラジキニンなどは炎症・腫れを悪化させる作用がありますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用によってそれらの発生が抑えられることで消炎・抗炎症作用を示します。

トラネキサム酸は女性特有のシミである肝斑(かんぱん)治療に使用されることでも有名です。肝斑と併発した大人のニキビに非常に有効です。
【Amazon】トラネキサム酸配合トランシーノ ホワイトニングクリアローション175mL

プラセンタエキス

プラセンタエキス プラセンタエキスは、牛、豚、馬、羊などの動物の胎盤(たいばん)から抽出したエキスです。各種成長因子(細胞増殖因子)を含むほか、チロシナーゼ阻害作用による美白作用もあります。メラニンの生成を抑制しながら肌細胞を活性化させることで表皮層に沈着したメラニン色素の排出を促します。

プラセンタエキスは、色素沈着だけではなく、しわ・小じわなどのエイジングケアとしても有効な成分です。

カモミラET(カミツレエキス・カモミラエキス)

カミツレエキス カミツレエキスは、キク科植物カミツレの花から抽出されたエキスです。カモミラETやカモミラエキスなどともいわれます。(メーカーによって呼び名が違うだけです)。カミツレエキスは、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)に対してメラニンを合成するように指令を出す「エンドセリン」という伝達物質を抑制して色素沈着を予防する働きがあります。また抗炎症作用があるためニキビ肌に理想的な成分です。ニキビや肌荒れ改善を目的とした化粧品に多用されます。

カミツレエキスは医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可されています。消炎作用があることや、かぶれにくく安全性が高いため、美容皮膚科やエステサロンなどにおいて肌をクールダウンさせる成分として使用されることも多いです。

油溶性甘草エキス

甘草の根 グラブリジン 油溶性甘草エキスは、マメ科植物の甘草(かんぞう)の根から抽出されたエキスです。フラボノイド類を豊富に含み、その中でも「グラブリジン」「グラブレン」に美白効果があり、ビタミンCの約200倍以上もの美白作用があるとされます。他にも、甘草エキスには消炎・抗炎症作用があるグリチルリチン酸類を含みます。

甘草に含まれるグリチルリチン酸類は消炎成分としてニキビケア化粧品に多用される成分です。

上記の他にも、厚生労働省から医薬部外品の有効成分として認められているコウジ酸、エラグ酸、ルシノール、アルブチン、マグノリグナン、4MSKなどの美白有効成分もニキビ跡の色素沈着に有効です。

真皮層の色素沈着を消す治療方法

皮膚の構造と真皮に落ちたシミ色素沈着 ニキビ跡の炎症性色素沈着は、通常は表皮層にメラニンが滞って発生しますが、炎症が酷くなると真皮層にメラニンが入り込んで治りにくくなることがあります。ニキビの炎症によって表皮と真皮の間に存在する基底膜という部分が壊れて、表皮で作られたメラニンが真皮に落ち込んでしまうのです。

真皮は表皮のようにターンオーバーが行われていないため、メラニンがその場に残りやすいとされます。真皮に入り込んだメラニンはメラノファージという細胞が処理しますが、数が少ないことと活動性が低いことなどから、思うように色素沈着が薄くなっていきにくいとされます。真皮に入り込んだシミは、消えるまで年単位の時間がかかってしまうこともあります。

そこで、光治療やレーザー治療などによってシミを少しでも薄く導くことができる可能性があります。ニキビが治ってすぐに行うとかえってモヤモヤしたシミが悪化してしまう可能性があるため、ニキビが治って半年以上経過してから行って下さい。また、治療が難しいケースもあるので、慣れた医師に行ってもらうのが理想です。

IPL治療(光治療)

IPLフォトフェイシャル IPL(インテンス・パルス・ライト)という幅広い波長域をもつ特殊な光によってニキビ跡の色素沈着を薄く消すことができます。IPLの光はメラニン色素(黒い色素)や血管内ヘモグロビン(赤い色素)のどちらにも吸収され、にきび痕の色素沈着とともに、毛細血管拡張による赤みも改善していきます。様々な肌の悩みに対応します。

機種としてはフォトフェイシャル、フォトフェイシャルファーストが有名です。また、IPLと高周波を組み合わせたフォトRFなどもあります。

レーザートーニング

メドライト(レーザートーニング) ニキビ跡の色素沈着は「レーザートーニング」という方法によってじょじょに薄く消していくことができます。レーザートーニングとは、皮膚に対してムラなく均一に照射することができるQスイッチYAGレーザー(ナノ秒単位で照射できるヤグレーザー)を、低出力で照射していく治療法です。

従来のレーザーの場合ではレーザーのダメージによってかえってニキビ跡の色素沈着が悪化してしまうリスクがありましたが、レーザートーニングのレーザー光線は肌に対して非常に優しく作用するため、ニキビやにきび跡を悪化させることなく改善していくことができます。(ニキビ肌は炎症性物質の発生が続いていたりするためダメージを抑えなくてはいけません)。

ただし、作用が非常に穏やかであるため、基本的に治療回数を何度も重ねる必要があります。ニキビ跡の色素沈着であれば目安として5回以上は必要です。施術を繰り返すうちに、ニキビ跡のモヤモヤしたシミや赤みが消えていきます。

レーザートーニングは、女性特有のシミである肝斑(かんぱん)治療に使用されることで有名です。肝斑とニキビ跡を同時に消したい場合に有効です。