カップ麺やインスタントラーメンがニキビの原因?

ラーメンの画像 インスタントラーメンは、手軽にエネルギーを補える食品で、日常的に食している人も多いとされます。

ところが、一方でインスタントラーメンばかり食べていると美容や健康に悪影響を及ぼすことがあるといわれます。肌への悪影響の一つがニキビです。

酸化が進行した油揚げ麺がニキビ肌荒れの原因?

肌老化 インスタントラーメンの多くは、油(主にパーム油)で揚げて加工された「油揚げ麺」です。(ただし、ノンフライ麺という油で揚げていない種類もあります)。

油は空気(酸素)や熱によって酸化が進行し、時間の経過とともに製品の酸化が進行しています。酸化の進行を遅らせるためにビタミンEなどの抗酸化物質が添加されていますが、それでも酸化は進行しています。

皮脂が多い時期や、肌が弱い人などの肌がデリケートな時期は、インスタントラーメンのような酸化が進行した油脂を摂取することで、ニキビ肌荒れなどの肌トラブルが悪化してしまうことがあります。

特に、ストレス、睡眠不足、栄養不足などによって身体の抵抗力が弱くなっていると、こういった酸化ストレスによって肌に悪影響を及ぼすことがあります。

例えば、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの場合、こういった油揚げ麺を使用したインスタントラーメンを食べることで症状が悪化することも多いです。

ノンフライ麺は油揚げ麺の問題を解消

ノンフライ麺 健康志向の高まりにより、油揚げ麺の酸化の問題が認識されるようになり、そこで誕生したのが「ノンフライ麺」のインスタントラーメンです。

ノンフライ麺は主に蒸し麺を熱風で乾燥させたもので、製造過程で油で揚げるような加工を行うことはありません。

油で加工した麺ではないため、油の酸化の問題が解消され、酸化ストレスを抑制することができます。また、飽和脂肪酸もほとんど含まれないため、皮脂分泌を促してニキビを誘発するようなこともありません。さらに脂質を少なくして摂取カロリーを減らせるメリットもあります。

油揚げ麺と飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸の関係

ラーメンの画像 油揚げ麺のインスタントラーメンは当然、油分を多く含みます。その油を構成する脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分けられますが、そのうち飽和脂肪酸には皮脂の増加を促してニキビを増やす働きがあります。

油は酸素や熱の影響で酸化が進行しますが、酸化の進行を遅らせるために油揚げ麺は「酸化しにくい油」を使用する必要があります。

そのため、酸化されやすい不飽和脂肪酸よりも、酸化されにくい飽和脂肪酸が多い植物油が用いられることが多いです。

具体的には、パーム油や米油などの飽和脂肪酸が多い植物油が使用され、また、それらの油をブレンドして使用されることがあります。特に、油揚げ麺ではパーム油が使用されることが多いです。

主な植物油の脂肪酸組成(脂質100gあたり)

パーム油・・・飽和脂肪酸49.3g、不飽和脂肪酸46.0g
米油・・・飽和脂肪酸19.7g、不飽和脂肪酸74.3g
オリーブ油・・・飽和脂肪酸13.8g、不飽和脂肪酸79.2g
ゴマ油・・・飽和脂肪酸14.2g、不飽和脂肪酸80.4g
なたね油・・・飽和脂肪酸7.3g、不飽和脂肪酸90.2g
サフラワー油・・・飽和脂肪酸7.5g、不飽和脂肪酸87.2g
大豆油・・・飽和脂肪酸15.6g、不飽和脂肪酸80.2g

飽和脂肪酸は男性ホルモンを高める

油揚げ麺は酸化されにくい飽和脂肪酸が多く含まれる植物油が使用されることが多いですが、その飽和脂肪酸を多く摂取することで男性ホルモン(テストステロン)の分泌が活発になることがあります。

男性ホルモンはコレステロールを原料に作られるステロイドホルモンの一つで、飽和脂肪酸のコレステロールを高める働きによって一時的に男性ホルモンを増加させる働きがあります。

男性ホルモンは、皮脂腺に作用して皮脂分泌を促す作用があり、その皮脂によって毛穴の角化異常を起こしてにきび・吹き出物の原因になると考えられています。

インスタントラーメンの飽和脂肪酸量は?

インスタントラーメンの油揚げ麺では主にパーム油が使用されます。パーム油は半分が飽和脂肪酸であるため、インスタントラーメンに含まれる脂質の半分が飽和脂肪酸と考えることができます。

例えば、有名な日清カップヌードル(内容量77g・麺量65g)では、脂質が約12g含まれているとされ、そして日清カップヌードルではパーム油を使用しているとされます。パーム油は約半分が飽和脂肪酸であるため、カップヌードルには約6gほどの飽和脂肪酸が含まれることになります。

これは、脂身が少ない牛肉もも肉100g、鶏肉むね肉100g、鶏肉もも肉100gに含まれる飽和脂肪酸量と同じレベルです。そのため、極端にインスタントラーメンを食べ過ぎるようなことがなければ、皮脂を増加させてニキビの原因となるほどの影響はないと思います。