アダルトニキビの原因とは?

頬のニキビの画像 アダルトニキビとは、成人になってからできる大人のニキビをいいます。(英語:adult=大人)。ニキビは性ホルモンの分泌が活発になる思春期にできやすいことで知られていますが、その思春期にきびと区別してアダルトニキビ(大人ニキビ)といわれます。

ニキビは基本的に毛穴が詰まることで発生しますが、アダルトニキビの場合は毛穴が詰まってしまう要因が思春期にきびと比較して複雑になってくることが多くなります。

アダルトニキビの原因と対策

アダルトニキビはUゾーンにできやすい

首ニキビ 思春期にきびは、皮脂分泌が多い額や眉間、鼻などのTゾーンや、頬などにできやすいことで知られていますが、成人になってできるアダルトニキビの場合は、アゴやUゾーン(フェイスライン)といった顔の下側にできやすい傾向があるといわれています。これは男女ともにいえるようです。

おでこや鼻などのTゾーンと比較してUゾーンなどの顔の下側は皮脂分泌が少ないですが、アダルトニキビはそういった部分に多発して重度化してしまうことがあります。ターンオーバーも若い時期ほど活発ではないため、ニキビ跡も長引きやすい傾向があります。

活発な性ホルモンがアダルトニキビの原因?

年齢別の皮脂量の変化のグラフ 大人のにきびといっても20代はまだ男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発であり、そのため皮脂量が多くなります。(男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を促します)。また、女性の場合は生理前に増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)によって皮脂が増加して肌が脂っぽくなり、にきびができやすくなります。(黄体ホルモンは男性ホルモンと部分的に似た作用があります)。

女性の場合、20代後半~30代からしだいに皮脂分泌が減少していくことが多く、それまではしっかり洗顔・クレンジングをしっかり行う必要があります。肌が脂っぽくても水分量が不足していることがあり、潤いが不足するとそれをカバーするために皮脂が増加することがあるため、保湿スキンケアはしっかりと行いましょう。ニキビ肌の場合はオイルフリーの化粧品が基本です。

アダルトニキビはお化粧が原因?

お化粧の写真 成人になるとお化粧をする機会が増えます。さらに仕事などで長時間お化粧したままの状態が続くことが多くなります。その結果、毛穴がつまってニキビができてしまうことがあるようです。また、ファンデーションによってはコメド(ニキビの初期段階)を形成してしまう成分が保湿成分として含まれているものがあり、そういった化粧品を使用することでニキビ・肌荒れを起こしてしまうことがあります。

皮脂分泌が多い時期はお化粧を控えるか、パウダータイプのファンデーションだけの簡単なメイクにするだけでニキビ予防につながります。ニキビ肌用のファンデーションを使用してみるのも一つの方法です。
【Amazon】ニキビ肌用ファンデーション・フェイスパウダー

ストレスやイライラが原因?

皮脂 アダルトニキビはストレス・イライラによって発生することがあり、ストレスは大人ニキビの大きな要因の一つだとされています。ストレスはホルモンバランスや代謝機能・生理機能を乱し、肌の新陳代謝や皮脂分泌のバランスを乱す原因になります。

ストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌されますが、それと同時に男性ホルモンも分泌されます。特にイライラ型のストレスほど男性ホルモンの分泌が増えます。男性ホルモンは皮脂の増加や角化異常(ターンオーバー異常)を引き起こす要因です。

大人のニキビに悩む女性ほど血中ストレスホルモン濃度が高い傾向があることがわかっています。仕事、恋愛、結婚、育児などがストレスとなって肌荒れを起こしてしまうことがあるようです。

睡眠不足・不規則な生活

ストレスによる不眠の画像 仕事や学業、子育てなどで睡眠不足が続くことでニキビが多発してしまうことがあります。また、昼夜逆転の生活も身体の新陳代謝を乱してニキビ・肌荒れを起こしやすい状態になってしまいます。肌細胞は就寝中に活発に作られるため、ぐっすり眠っていないと肌荒れを起こすことがあります。また、熟睡できていないと生活の質も悪化します。

ある皮膚科において、大人にきびに悩む女性に対してアンケート調査した結果、睡眠時間が平均よりも大きく不足していたという報告もあります。1日の睡眠時間は7~8時間が理想的だとされますが、大人のニキビに悩む人では平均で4~6時間ほどの睡眠時間しかとれていなかったようです。

妊娠中のにきび肌荒れ

妊娠中 妊娠中に肌が脂っぽくなり、ニキビが増えることがあります。これは女性ホルモンのバランスが大きく変化するためです。妊娠中は肌に余計な負担を与えないシンプルなスキンケアが理想です。いつも使っている化粧品が急に肌に合わなくなることもあります。また、ニキビだけではなく、脱毛・ムダ毛処理などによっても毛穴の黒ずみなどのトラブルが増えることがあります。

まれに女性特有の病気の可能性もある

ニキビの画像 成人してからのニキビが多発した場合、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、略称PCOS)や卵巣腫瘍という症状である可能性があります。多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣内に多数の卵胞がたまってしまう症状で、多くのケースで男性ホルモンが増加してしまうことがあります。(男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を促したり、角化異常を起こして毛穴をつまりやすくします)。

一方、卵巣腫瘍の場合、腫瘍から男性ホルモン(アンドロゲン)が分泌されて皮脂が増えたり、体毛も濃くなったりすることもあります。卵巣腫瘍には良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍(卵巣がん)に分けられます。

多嚢胞性卵巣症候群や卵巣腫瘍などは初期段階・軽度の場合は基本的に自覚症状がないことが多いです。神経質になって気にしすぎるのも問題ですが、成人してからニキビができやすくなって、なかなかニキビ・脂浮きが改善しない場合は婦人科で検査してみるのも一つの方法です。