赤ニキビの原因と治し方。効果的な塗り薬や皮膚科の治療法

赤ニキビ ニキビの炎症が進行すると、赤ニキビといわれる腫れや赤みが強い状態になってしまうことがあります。皮膚の硬さがみられ、触れると痛みを感じることもあります。

赤ニキビは炎症反応が皮膚の深い部分で起こっているため、長引くことが多く、腫れが引いてもニキビ跡のシミや赤みがひどく残ってしまうことが多いです。また、肌質などによってはニキビ跡がクレーター状に凹んだりすることもあります。今回は赤ニキビの原因と、ニキビ跡を残さない治し方や理想的な塗り薬、皮膚科における治療方法をご紹介します。

赤にきびができる原因とは?

赤ニキビはまず毛穴が塞がれることが原因で発生します。毛穴をふさいでしまう要因の多くが皮脂量の増加によるものです。赤ニキビの発生の仕組みは以下のように進行します。

1皮脂が多くなると、それに比例してアクネ菌(皮膚に存在する細菌)などが皮脂を分解してオレイン酸やパルミトレイン酸などの遊離脂肪酸を作り出します。
2アクネ菌が生じた遊離脂肪酸は、皮膚を弱酸性に導く働きがありますが、一方で時間がたつほど酸化して肌に炎症を引き起こすようになります。
3遊離脂肪酸による刺激によって皮膚のターンオーバーが進行し、角質がたくさん作られるようになります。
4過剰に作られた角質が剥がれ、それが毛包内部に溜まると角栓(ニキビの芯)が現れるようになり、毛穴を詰まらせるようになります。
5さらに遊離脂肪酸による刺激によって皮膚が厚くなると、毛穴が完全にふさがってアクネ菌が増加しやすい環境が整います。(アクネ菌は酸素を嫌う嫌気性菌の一つです)
6アクネ菌の増加により、免疫反応を起こして様々な生理活性物質が発生し、毛細血管拡張などによって赤く腫れるのが赤ニキビです。

皮脂の増加によって遊離脂肪酸も増加し、それと比例して皮膚への刺激性が大きくなっていきます。皮脂は若い時期や夏場、女性の場合は生理前に特に多く分泌されますが、その時期にはしっかりと皮脂をコントロールするスキンケアが必要になります。

お化粧が毛穴つまりをまねく

ファンデーション塗るお化粧の写真 女性の場合、お化粧が赤ニキビの原因になることも多いです。化粧は毛穴をふさいでしまうことになり、皮脂の出口がなくなれば酸素がない環境を好むアクネ菌が増えて赤ニキビができやすくなります。

また、ファンデーションに含まれる物質によって赤ニキビが発生することがあります。特にリキッドファンデーションなどは仕上がり向上のために油脂成分が多く配合され、それが皮膚を刺激して毛穴を詰まりやすくすることがあります。

ファンデーションは基本的に酸化されにくい油脂が使用されますが、それでも油脂であるため、時間の経過とともに酸化が進行して、肌への刺激性が強い不安定な物質へと変化していきます。

化粧水などのスキンケアが原因になることも

女性の肌の悩み 普段使っている保湿化粧品が赤ニキビの原因になることもあります。保湿化粧品には、アクネ菌の増加を促してしまう成分が含まれていることがあるのです。

例えば、保湿成分としてよく配合されるグリセリンやソルビトールなどもアクネ菌の増加を促す作用があります。グリセリンは何もしない場合と比べて約4倍もアクネ菌を増やすという研究報告もあります。

また、エモリエント成分としてオリーブ油やオレイン酸などを配合している化粧品をみかけますが、それらもターンオーバーを乱してしまう成分です。乳液やクリームなどを選ぶときは注意して下さい。赤ニキビができやすい人は化粧品の使いすぎを止めて、シンプルなスキンケアにしてみましょう。

皮膚の深いところで炎症を起こす

赤ニキビの画像 赤ニキビの問題は、皮膚の深いところで炎症を起こしていることです。皮膚の浅い部分で炎症を起こした白ニキビは比較的に早く改善しますが、赤ニキビの場合は腫れが治るまで1週間以上かかることも多いです。ニキビは長引くほど赤みやシミといったニキビ跡がひどくなります。そのため、赤ニキビはお薬を塗って、より早く治す必要があるのです。

赤ニキビはクレーターの原因に

ニキビ跡クレーターの写真 赤ニキビのような炎症が強い状態になると、ニキビ跡がクレーター状に凹んでしまうことがあります。この現象は免疫反応による活性酸素の発生が関係しています。ニキビの原因菌であるアクネ菌を攻撃するために、白血球の一つである好中球がアクネ菌を食べて活性酸素を発生させます。

この活性酸素によって最終的にアクネ菌が死滅し、ニキビが自然に治っていくのですが、この時に発生する活性酸素がコラーゲンを破壊してしまうことで皮膚がクレーター状に凹んでしまうのです。また、体質によってはケロイドになってしまうこともあります。

ニキビ痕がクレーターになりやすい人は、肌質が厚くて硬くゴワゴワしている人に起こりやすい傾向があります。また、ケロイドになりやすいのは広義的にアレルギーが関与しているとされます。いずれにしても赤ニキビは跡にならないようにお薬を塗って早く治す必要があります。

赤ニキビの治し方

オイリー肌は洗顔が最も重要

洗顔写真 脂性肌が原因で赤ニキビができやすい人は洗顔にこだわって下さい。皮脂が長い時間にわたって肌と密接していると、しだいに炎症を誘発するようになります。そのため、皮脂による刺激が大きくならないうちに洗顔をして皮脂を落として下さい。

洗顔料は、洗浄力が強いフォームタイプのものではなく、一般的な固形石鹸で十分です。赤ニキビは刺激を与えるほど悪化して化膿したりすることがあるため、石鹸を十分に泡立てて皮膚を刺激しないように洗ってください。

ピーリングも一つの方法

ピーリング 赤ニキビが多発しやすい人は、ピーリングによって厚くなった角質を剥がすことでニキビの治りがよくなることがあります。市販のピーリング洗顔料などを使って優しく角質を落とすことで毛穴つまりを解消できます。

ただし、ピーリングは一時的なニキビケアには有効ですが、長年やり続けると肌が薄くなって敏感肌になってしまうことがあります。高いレベルのピーリングは1回あたり7~10日くらいの肌老化を進行させていることもあります。表皮細胞の細胞分裂には限界があるため、角質を落とすスキンケアが美肌にとってすべてプラスではないことを覚えておいて下さい。

紫外線を浴びないようにする

メラニン色素が真皮層に落ち込んだ状態 ニキビが赤く炎症を起こしている時は紫外線は避けて下さい。ひどい色素沈着が残って、改善しにくい状態になってしまいます。赤ニキビがある状態からさらに紫外線ダメージが加わると、表皮で作られたメラニンが真皮に入り込んで治りにくくなってしまうのです。

真皮は表皮のようにターンオーバーが行われていないため、メラニンが処理されるには長い時間がかかります。にきび跡が薄くなるまで年単位の時間がかかることもあります。

お化粧はパウダーだけの簡単なメイクにする

脂性肌で赤ニキビが多くできるような肌質は、パウダーだけの簡単なお化粧にしてみましょう。それだけで毛穴つまりやニキビを予防できるはずです。また、パウダーファンデだけでもある程度の紫外線ブロック効果があります。

パウダーファンデーションには酸化亜鉛、酸化チタン、タルクなどの顔料が含まれ、それらは紫外線散乱剤としても効果を発揮するためです。パウダーだけでもSPF5~10くらいはあるといわれています。ニキビを隠すためにファンデを厚塗りしたりすると、かえって不自然な印象を与えてしまうことがありますので、ニキビがある時は薄めにしてみましょう。

ビタミンB群を摂取

ビタミンB群のサプリメント ビタミンB2やビタミンB6には、肌のターンオーバーを正常化する働きや、脂質の代謝を促して脂性肌を改善する働きがあります。それらのビタミンが不足するとニキビができやすくなります。

ビタミンB2は、レバーや牛乳、納豆などに多く含まれます。一方、ビタミンB6は、魚類、肉類、バナナに多く含まれます。また、ビタミン補給にはサプリメントを利用するのも一つの方法です。

市販の塗り薬を使用する

赤ニキビは市販のニキビ治療薬でも十分な効果が期待できます。主に以下のような市販薬があります。

オロナインH軟膏

オロナイン オロナインH軟膏は、クロルヘキシジングルコン酸塩を有効成分としたお薬です。ニキビ菌を殺菌しながら赤ニキビの腫れを治し、さらに皮膚を柔軟にすることで膿やニキビの芯の排出を促します。古くから家庭のニキビ薬として利用されています。

メンソレータム・アクネスニキビ治療薬

アクネスニキビ治療薬 アクネス・ニキビ治療薬は、殺菌作用と角質柔軟作用があるイオウとレゾルシンを組み合わせたニキビ治療薬です。似たような効能がある2つの成分を合わせることで相乗効果をもたらし、赤ニキビを治していきます。ピーリング作用があるため、肌が弱い人は乾燥したり、ヒリヒリ感が現れることがあるかもしれません。

アクネスの他にも、イオウやレゾルシンを有効成分としたニキビ薬は、ピンプリット、クレアラシル、ビフナイトなどがあります。日本では他の国と比べて規制された成分が多いことから、同じような成分構成のにきび治療薬が多く販売されています。

皮膚科におけるにきび治療

赤ニキビが多発した場合や化膿して悪化した場合は、皮膚科で治療を受けるのが理想です。ニキビができることそのものがストレスとなって悪循環に陥ることがあるため、早めの受診をおすすめします。皮膚科におけるニキビ治療の中心は塗り薬と飲み薬の2つです。

皮膚科で処方される塗り薬

皮膚科で処方されるニキビ治療薬 皮膚科で処方されるニキビ治療薬は、ベピオゲル、デュアック配合ゲル、ダラシンTゲル、アクアチムクリーム、ゼビアックスローションなどがあります。すべて保険適応です。

  • ベピオゲル・・・過酸化ベンゾイルを主成分としたニキビ治療薬です。酸素を発生させることでアクネ菌(ニキビ原因菌)を殺菌します。(アクネ菌は酸素を嫌う性質があります)。
  • デュアック配合ゲル・・・過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質を組み合わせたニキビ治療薬です。2種類を合わせることで相乗効果をもたらし、赤ニキビをより早く治します。
  • ダラシンTゲル・・・クリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質を主成分としたニキビ治療薬です。アクネ菌のたんぱく質合成を阻害してニキビの炎症をしずめます。デュアック配合ゲルの有効成分の一つでもあります。
  • アクアチムクリーム・・・ナジフロキサシンというキノロン系抗菌薬を主成分としたニキビ治療薬です。アクネ菌のDNAの複製を妨げ、殺菌的に働くことでニキビを治していきます。
  • ゼビアックスローション・・・オゼノキサシンというキノロン系抗菌薬を主成分としたニキビ治療薬です。アクネ菌のDNAの複製を阻害して殺菌し、ニキビの腫れを治します。

ひどい症状には抗生物質の内服治療

抗生物質ルリッド(ロキシスロマイシン)の画像 赤ニキビがたくさん発生した時は、塗り薬と共に抗生物質の内服治療がすすめられることがあります。抗生物質の服用には副作用や耐性菌を生じる問題があるため、安易な使用は避けられる傾向がありますが、赤ニキビが多くできた場合は利用したほうが良いと思います。

特に、ニキビができることがストレスとなって治りにくくなっている場合は、抗生物質を使った積極的な治療が理想だと思います。ニキビ治療には、ルリッド錠やクラリス、ミノマイシンなどがよく処方されます。

漢方薬がバツグンに効果を発揮することも

清上防風湯 ニキビが治りにくい場合や抗生物質による治療が難しい場合は、漢方薬を試してみて下さい。漢方薬は体質改善によりニキビができにくい体質へと導きます。個人差がありますが、人によっては劇的な改善がみられることがあります。

脂性肌の赤ニキビには「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」が適しています。それ以外の人は「十味敗毒湯(じゅうみないどくとう)」や「排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)」などが処方されます。皮膚科でも処方してもらえますが、通販などでも購入できます。
【Amazon】清上防風湯エキス顆粒24包

漢方薬は、すぐに効果が実感できるケースも多いですが、体質改善のためには基本的に1~3ヶ月くらいは続けてみて下さい。