ニキビ治療の塗り薬「抗生物質(抗菌薬)」一覧

皮膚科で処方される塗り薬 皮膚科では炎症や腫れが大きくなったニキビ・吹き出物に対して抗生物質(抗菌薬)の塗り薬がよく処方されます。抗生物質は、ニキビの原因菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌を素早く減少させて炎症や腫れを治すお薬です。

にきびが強く炎症を起こすとニキビ跡の色素沈着(しみ)や赤みをまねいたり、場合によってはクレーター状のへこみやケロイドを起こすことがありますが、早期に抗生物質を使って免疫反応を抑制することでニキビ跡を劇的に予防することができます。今回はニキビ治療において皮膚科で処方される抗生物質の塗り薬とその効果をご紹介します。

ダラシンTゲル(ローション)1%

ダラシンTゲルとローションの画像 ダラシンTゲルは、クリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質を主成分としたお薬です。細菌のタンパク質の合成を阻害することで抗菌力を発揮します。幅広い細菌に対して優れた抗菌作用がありますが、特にニキビの原因菌であるアクネ菌に対して良く効くため、主にニキビ治療に使用されます。

ダラシンTゲルは、主に炎症が進行した赤ニキビや化膿ニキビに使用されます。抗生物質には薬剤耐性を生じる問題があるため、一般に軽度のニキビ治療にはダラシンTゲルのような抗生物質は使用されません。形状は、ゲルタイプのダラシンTゲルと、ローションタイプのダラシンTローションの2種類がありますが、ニキビ治療にはダラシンTゲルが使用されることが多いです。

塗り方・使用方法

ダラシンTゲルは、1日2回、主に朝と夜の2回、洗顔後に化粧水などで肌を整えた後に患部に塗ります。ニキビの部分のみに塗布して、できるだけはみ出さないようにします。治療期間は2~4週間ほどが一つの目安です。中途半端に使用せずに、このお薬を使ってしっかりと炎症を抑えることが重要です。

使用上の注意点と副作用

ダラシンTゲルを使用してアレルギーを起こす可能性があります。これはわりと少なくありません。使用後にかゆみやヒリヒリ感などが現れたら、必ず使用を中止しましょう。使い続けるとニキビがさらに悪化してしまう可能性があります。アレルギーと併発したニキビはクレーターや、しこり(ケロイド)になりやすい傾向があります。

ベピオゲル2.5%

ベピオゲルの画像 ベピオゲルは、過酸化ベンゾイルを主成分としたニキビ治療薬です。過酸化ベンゾイルは酸化剤の一つで、ニキビに塗布すると分解の過程で活性酸素を発生させてアクネ菌を殺菌します。

また、ピーリング作用もあり、皮膚が厚くなってニキビが形成される現象も予防します。ベピオゲルは抗生物質ではありませんが、抗生物質と組み合わせると相性が良いメリットがあります。ニキビが悪化しそうな黒ニキビや白ニキビ、また、すでに悪化した赤ニキビに効きます。

塗り方・使用方法

ベピオゲルは1日1回、洗顔後にニキビの部分に塗布します。ベピオゲルには刺激性があるため、1日に何度も塗ったりしないようにしましょう。また、目元や口元を避けて塗る必要があります。目や唇に塗ると炎症を起こす可能性が報告されています。

使用上の注意点と副作用

ベピオゲルの副作用ですが、多くのケースで塗った後にヒリヒリ感、赤み、乾燥などが高い確率で現れます。これは薬が効いている証拠でもありますが、あまりにも副作用が強い場合はかえってニキビが悪化してしまう可能性もあるため、お薬を中止したほうが良いと思います。主成分の過酸化ベンゾイルにはピーリング作用があるため、肌が敏感な人は不向きです。

デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲルの画像 デュアック配合ゲルとは、リンコマイシン系抗生物質のクリンダマイシン1%と、殺菌剤である過酸化ベンゾイル3%の2種類を配合したニキビ治療薬です。ダラシンTゲルとベピオゲルを組み合わせた強力なニキビ治療薬といえます。主に赤ニキビ、化膿ニキビなどに使用されます。黒ニキビや白ニキビなどの炎症性が低いニキビには使用されません。

塗り方・使用方法

デュアック配合ゲルは、1日1回、洗顔後にニキビの部分に適量を塗ります。ニキビからできるだけはみ出さないようにします。中途半端に使用せずにしっかりと炎症を抑えてから中止しましょう。使用期間は2~4週間以内が理想です。

副作用と注意点

主成分のクリンダマイシンという抗生物質は、わりと高い確率でアレルギーを起こす可能性があります。かゆみが現れたら使用を中止しましょう。また、過酸化ベンゾイルはピーリング作用を有するため刺激性が強く、肌が弱くて敏感肌の人には使いづらい欠点があります。わずかな刺激感なら慣れますが、使用後に強いヒリヒリ感が現れた場合は使用を中止するのが理想です。

アクアチムクリーム(軟膏、ローション)1%

アクアチムクリーム、軟膏、ローションの画像 アクアチムクリームは、ナジフロキサシンというニューキノロン系抗菌薬を主成分とした塗り薬です。細菌のDNAの複製を阻害して殺菌的に作用します。アクネ菌や黄色ブドウ球菌などを減少させてニキビの炎症や化膿を抑えます。形状は、クリームタイプのアクアチムクリーム0.1%、軟膏タイプのアクアチム軟膏0.1%、ローションタイプのアクアチムローション0.1%の3種類があります。

塗り方・使用方法

アクアチムクリームは、1日2回、洗顔後に使用します。朝と夜の2回使用が理想です。中途半端に使用せずにしっかりと炎症を抑えることが重要です。使用期間は一つの患部あたり2~4週間以内が理想です。

の副作用と注意点

アクアチムは、ダラシンTゲルなどと比較するとトラブルを起こしにくいお薬です。ただし、まれに皮膚の発赤、痒み(かゆみ)、かぶれを引き起こす場合があります。アレルギーを起こしている可能性もあります。

ゲンタシンクリーム(軟膏)0.1%

ゲンタシンクリーム・軟膏 ゲンタシンクリームは、ゲンタマイシンというアミノグリコシド系抗生物質を主成分とした塗り薬です。細菌のタンパク合成を阻害することで、殺菌的に作用します。ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などに対して強い抗菌作用をもちます。ゲンタシンは、ニキビ治療に古くから使用される外用の抗生物質ですが、ダラシンTゲルやベピオゲルなどの登場によって使用される回数は少なくなりました。形状は、ゲンタシンクリーム0.1%と、ゲンタシン軟膏0.1%の2種類があります。

塗り方・使用方法

ゲンタシンクリームは、1日2回、朝と夜の使用が理想です。洗顔後に化粧水などで肌を整えた後に患部に塗布します。ニキビ一つあたり2~4週間以内の使用期間が理想です。中途半端に長々と使用せずに、このお薬でしっかりとニキビの腫れを抑制することが大切です。

副作用と注意点

ゲンタシンの使用によって、赤み、ヒリヒリ感、かゆみなどが現れる可能性があります。アレルギーを起こしている可能性もあるため、違和感がある場合は必ず使用を中止しましょう。