抗生物質(抗菌薬)を使ったニキビ治療の危険性と注意点

飲み薬の画像 抗生物質・抗菌薬とは、人体において有害な細菌の増殖を抑制するお薬です。

細菌による様々な感染症に対して使用され、原因菌を抑制・死滅させて素早く症状を抑えることができます。

抗生剤には細菌感染症に対して優れたお薬であることには間違いありませんが、抗生物質には様々な副作用や危険性がある問題があります。

今回はニキビ治療における抗生物質の使用の効果と注意点、危険性を解説していきます。

にきびに抗生物質が効く理由

ニキビは、アクネ菌という皮膚常在細菌が塞がった毛穴の中で増加することで発生します。アクネ菌が増加し、それを抑制するために免疫反応が活性化することでニキビが赤く腫れるようになります。

にきびの腫れはアクネ菌の増加によるものであるため、それを死滅させる作用をもつ抗生物質・抗菌薬がニキビ治療に有効だとされます。

特に赤く炎症したニキビや化膿したニキビなどの強い症状には抗生物質の使用が有効だとされます。

抗生物質・抗菌薬には耐性菌を生む問題がある

アクネ菌 抗生物質は、素早く細菌を減少させる効果がある一方で、耐性菌を生む問題があります。

耐性菌とは、抗生物質などの薬剤に対して抵抗性をもった菌をいいます。耐性菌が生まれると将来的に抗生物質による治療が効かなくなる可能性があります。

例えば、テトラサイクリン系の抗生物質が効かなくなると、違う種類の抗生物質を使用する必要があります。

それを繰り返すと、あらゆる種類の抗生物質を使っても効果が現れにくくなることがあります。ニキビ治療だけではなく、様々な細菌感染症に対する治療が効かなくなる可能性があります。

実際に薬剤耐性をもった細菌が増加しており、抗生物質による治療が難しい症状も増えています。

腸内環境を乱す可能性がある

腸内細菌 抗生物質の内服薬を使用した場合、腸内細菌のバランスを乱す可能性があります。これは抗生剤によって腸内細菌を減少させてしまうことによるものです。

腸内細菌のバランスが乱れると腹痛や下痢を起こすことがあり、下痢が続くと栄養不足に陥ってしまうことがあります。

身体に必要なビタミンなどの栄養素も、食事からの摂取よりも腸内細菌からの供給のほうが重要なものもあります。抗生物質の内服によって下痢が続くような状態が続くのは好ましくありません。

また、免疫のほとんどが腸管内に集中しており、腸内細菌の働きが非常に重要な役割を担っていますが、そのバランスが乱れてしまうと免疫系のバランスを乱す可能性があります。

胃の不快感、めまい、頭痛

抗生物質の副作用によって胃の不快感、吐き気、めまい、頭痛などを引き起こすことがあります。それらはよくある副作用の一つです。

アレルギーを起こす可能性も

抗生剤に対してアレルギーを起こす可能性もあります。過去にお薬を服用してアレルギー症状が出た経験がある人は注意しなければいけません。

ニキビ治療において抗生物質は避けられる傾向がある?

ニキビ治療において近年では抗生物質は避けられる傾向があります。それには以下のような理由があげられます。

  • 抗生物質によって耐性菌が生み出される危険性がある。
  • にきび治療において抗生物質は一時的な対症療法でしかない。
  • ニキビ治療に抗生物質を使用しても抗生物質の使用を中止するとニキビが再発することが多い。
  • めまいや頭痛、胃の不快感などの様々な副作用が現れる可能性があること。
  • 抗生物質による治療よりもケミカルピーリングなどの速効性がある治療が確立したこと。

以上のことにより、ニキビ治療において従来ほど積極的に抗生物質が使用されることはなくなりました。ただし、皮膚科医の中には積極的に抗生物質を処方する人もいると思います。

ニキビ治療に使用される抗生物質・抗菌薬

ニキビ治療において抗生物質は避けられる傾向がありますが、強く炎症したニキビや化膿したニキビが多発した場合は、使用期間を限定して用いられることがあります。

にきび治療の対する抗生物質の飲み薬は主に以下のようなお薬が処方されます。()内は一般名です。

にきび治療に用いられる抗生物質・抗菌薬の飲み薬

  • テトラサイクリン系抗生物質・・・ミノマイシン(一般名:ミノサイクリン)、ビブラマイシン(一般名:ドキシサイクリン)。
  • マクロライド系抗生物質・・・ルリッド(一般名:ロキシスロマイシン)、クラリス(一般名:クラリスロマイシン)。
  • ペネム系抗生物質・・・ファロム(一般名:ファロペネム)。
  • セフェム系抗生物質・・・フロモックス(一般名:セフカペン)、セフゾン(一般名:セフジニル)、バナン(一般名:セフポドキシム)。
  • ニューキノロン系抗菌薬・・・クラビット(一般名:レボフロキサシン)。

ニキビ治療に対しては、従来はミノマイシンやビブラマイシンが使用されることが多かったですが、近年ではルリッド錠や、クラリスなどが使用されることが多くなっています。

使用期間の目安

抗生物質の内服薬は、ニキビ治療の場合は1~3か月くらいが目安です。自己判断で中止せずに処方された分は飲むようにしましょう。

中途半端な使用になると耐性菌を生じるリスクが高くなります。しっかりと炎症を抑えてから治療を終えるのが理想です。

にきび治療に用いられる抗菌薬の塗り薬

ニキビ治療に対する塗り薬は、抗生物質が含まれたお薬が処方されることが多いです。主に以下のようなお薬があります。

  • リンコマイシン系抗生物質・・・ダラシンTゲル(ローション)、デュアック配合ゲル。
  • ニューキノロン系抗菌薬・・・アクアチムクリーム(軟膏、ローション)。
  • アミノグリコシド系抗生物質・・・ゲンタシンクリーム(軟膏)。

抗生物質の塗り薬の場合は、局所的な使用になるため、副作用も限定的です。ただし、長く使い続けると効きにくくなってくることがあります。

使用方法を守って、しっかりと炎症を抑えてから治療を終えるのが理想です。中途半端な使用になると耐性菌を生じたり、かえってリバウンドで炎症が長引いたりすることがあります。

抗生物質の危険性まとめ

女性看護師の写真 抗生物質を使用すると、ほとんどのケースではニキビが減少していきます。ただし、薬剤耐性などの問題があるため、どんな症状においても安易に抗生物質を使用するのは好ましくありません。

そのため、軽度のニキビの場合では一般的な塗り薬で治療し、抗生物質の内服薬を使用するのは理想的ではありません。

一方、ニキビが多発した状態や重症化して化膿した状態、または、おでき(せつ)という状態になった場合などは、塗り薬と共に抗生物質の内服薬が理想的なケースがあります。

その場合は、処方された分をしっかり使用して素早く炎症を抑えるようにしましょう。薬を飲んだり飲まなかったりすると耐性菌を生じるリスクが高くなります。

また、ニキビが落ち着いているのに、「予防」のために抗生物質を使い続けるようなことはしないで下さい。