新型ビタミンC誘導体(APPS)のしみ・色素沈着に効く美白効果とは?

女性の写真 しみ、色素沈着を改善する美白成分の一つに「ビタミンC誘導体」があります。そのビタミンC誘導体には、「水溶性ビタミンC誘導体」と「脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体」の2つの性質に分けられますが、水溶性と脂溶性の2つの性質をあわせもつ「新型ビタミンC誘導体(略称APPS、アプレシエ)」とよばれるビタミンC誘導体もあり、水溶性の即効性と脂溶性の浸透性をもつ優れた美白成分として効果を発揮します。

APPSは、他にも「高浸透型ビタミンC誘導体」などともよばれます。

新型ビタミンC誘導体(APPS)とは?

新型ビタミンC誘導体とは、ビタミンC(アスコルビン酸)にリン酸とパルミチン酸(脂肪酸の一つ)を結合させることで水溶性と脂溶性の両方をあわせもつビタミンC誘導体です。略称ではAPPS、成分名では「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」といいます。

一般的なビタミンC誘導体には、ビタミンC(アスコルビン酸)に水溶性のリン酸を結合させた水溶性ビタミンC誘導体や、ビタミンC(アスコルビン酸)に油溶性のパルミチン酸(脂肪酸の一つ)を結合させた脂溶性ビタミンC誘導体などがありますが、APPS(アプレシエ)は、ビタミンCにリン酸とパルミチン酸の両方を結合させることで、水溶性と脂溶性の両方の性質を合わせもっています。

肌に浸透すると、生体がもつ「ホスファターゼ(リン酸をほどく酵素)」や「エステラーゼ(パルミチン酸をほどく酵素)」などの酵素によってリン酸とパルミチン酸の結合がとれて、ビタミンCが肌内部で有効に働きます。一方、分解によって結合がとれたリン酸やパルミチン酸は生体内にも存在する安全な物質です。

ビタミンC誘導体における水溶性と脂溶性の違い

水溶性ビタミンC誘導体

  • 水溶性は素早く肌に浸透し、即効性がある。
  • 持続性はやや低い。
  • 皮膚深くへの浸透力が低く、基本的に表皮層といった浅いところで効果を発揮する。
  • やや肌への刺激性が強い。
  • 使用後に肌の乾燥をまねきやすい。

脂溶性ビタミンC誘導体

  • 脂溶性なので角質層のバリアを通過して皮膚の深い層にまで浸透し、表皮から真皮層にかけて効果を発揮する。
  • 持続性が高い。長い時間かけて効果を発揮する。
  • 肌への刺激性が抑えられている。高い濃度でも刺激性が低い。
  • 使用後の肌の乾燥やつっぱりがない。

APPS(アプレシエ)は、水溶性の長所と脂溶性の長所を合わせた性質があり、即効性と持続性があり、塗ったときの肌のツッパリ感や刺激がなく使用できます。

APPS(アプレシエ)の効果・効能とは?

美白効果

ビタミンCには、メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を抑制する働きがあります。また、すでにできてしまったシミ、色素沈着を薄く淡色化する働きがあります。

コラーゲンの合成促進

ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す働きがあります。APSSは真皮層のような肌の深くまで届くため、肌のハリや弾力を生み出し、しわ・小じわを改善する働きがあるといわれています。

皮脂分泌抑制

ビタミンCは、過剰な皮脂分泌を抑制してくれる働きがあります。ビタミンC誘導体が重度のニキビ治療に用いられる理由の一つが皮脂のコントロール作用によるものです。

抗酸化作用

ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線やストレスなどで発生する活性酸素による肌細胞の損傷を防いでくれます。

細胞の老化防止

ビタミンCは肌細胞の老化を防止する働きがあります。

APPSの使用上の注意点

  • APPSは、時間の経過とともにビタミンCが分解されやすい性質があります。
  • 成分の分解が早いため、できるだけ早期に使い切りましょう。
  • 紫外線対策をしましょう。
  • 保湿スキンケアもしっかり行いましょう。