ケミカルピーリングがニキビに即効性がある理由

ピーリングの画像 ニキビ、吹き出物を素早く治す方法の一つに「ケミカルピーリング」という治療があります。ケミカルピーリングとは、角質を剥がす成分を使って、毛穴つまりをなくす治療で、繰り返し引き起こされるニキビに対して非常的に高い効果があります。ニキビ治療、にきび跡の治療に対して即効性があることから、多くの皮膚科・美容クリニックなどで用いられています。

「ケミカル(英語:chemical)」は「化学的」という意味で、「ピーリング(英語:Peeling)」は、「剥がす」「剥離する」という意味です。その名の通り、薬剤を使って化学的に皮膚を剥がす方法が「ケミカルピーリング」です。

ケミカルピーリングがニキビに効く仕組み

ニキビは皮膚が厚くなることで発生する

ニキビ発生の仕組み ニキビはターンオーバーが過剰に進んでしまうことで発生します。皮脂の増加によって皮脂中の遊離脂肪酸が皮膚や毛穴を刺激し、ターンオーバーを亢進させて皮膚を厚くしてしまうのです。皮膚が厚くなることで結果的に毛穴つまりをまねきます。

ケミカルピーリングは厚くなった皮膚を改善する

ピーリング ケミカルピーリングは、厚くなった角質を剥がすことで、毛穴汚れや毛穴つまりを解消し、ニキビができにくい肌に導きます。また、すでにあるニキビの芯や膿の排出を促します。他にも、肌の生まれ変わりを促すため、ニキビ跡の色素沈着などの改善も期待できます。

欧米では、ケミカルピーリングがニキビ治療だけではなく、しわ、小じわなどのエイジングケア治療としても積極的に使用されていた時代がありました。一方、日本人の肌は比較的に表皮層が薄く、刺激に対して弱いため、高濃度のピーリングを行うことは難しいといわれています。

コラーゲンやヒアルロン酸の増生を促す

ケミカルピーリングによってコラーゲンやヒアルロン酸の量も増加します。ピーリングが角質を剥がして肌の生まれ変わりを促すことで、それに伴ってコラーゲンやヒアルロン酸なども増えるとされます。ヒアルロン酸は真皮層だけではなく、表皮層にも存在し、肌の潤いやキメを整える働きがあります。

ケミカルピーリングと市販のピーリング剤との違いは?

化粧水パックをする女性の画像 市販されている洗顔料、石鹸、化粧水などの「角質ケア」を目的とした化粧品でもピーリング成分が含まれています。ただし、一般に市販化粧品では皮膚科で行われているような高いピーリング効果はなく、角質を剥がす作用も穏やかです。使い方によっては皮膚科レベルのピーリングを行うこともできるかもしれませんが、市販化粧品で無理に角質ケアを行おうとすると、肌を極端に傷つけていることが多いです。

適応する皮膚の状態・症状

ケミカルピーリングは、にきび肌、吹き出物、浅いクレーター(若い時期なら改善の可能性あり)、薄いシミ(色素沈着)、にきび跡などの炎症後色素沈着、毛穴汚れ、毛穴のつまり、浅いしわ、小じわ、キメの乱れなどに効果があります。

ピーリング剤の種類

皮膚科、美容クリニックで行われるケミカルピーリングは、「グリコール酸ピーリング」や「サリチル酸マクロゴールピーリング」という方法が一般的です。

グリコール酸ピーリング

グリコール酸は、自然界ではサトウキビやブドウの果実などにも含まれる有機酸です。角質のたんぱく質に反応して角質柔軟作用があり、ピーリングを目的とした洗顔料、化粧水などにも配合されます。高濃度では美容医療においてケミカルピーリング剤として使用されています。水に溶けやすい性質があります。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸をマクロゴールという基剤に溶かして組み合わせた薬剤を使用したケミカルピーリングです。サリチル酸には角質を柔軟にする働きや殺菌作用がありますが、そのままでは皮膚への刺激性が非常に強い性質があります。そのサリチル酸をマクロゴール(ポリエチレングリコール)という基剤と組み合わせることで、皮膚への負担が少ないまま、しっかりと効果を得られるケミカルピーリングを行うことができます。

「グリコール酸ピーリング」や「サリチル酸マクロゴールピーリング」の他にも、乳酸を使ったピーリングを行っているところもあります。ただし、多くの病院ではグリコール酸やサリチル酸を用いたピーリングが一般的で、乳酸ピーリングを行っているところはとても少ないです。

治療内容と施術の手順

病院でケミカルピーリングを行う場合、以下のような手順で治療がすすみます。

ピーリングの画像 Step1医師がカウンセリングを行い、肌状態を診断する。
Step2施術前は洗顔、クレンジングによって肌の余計な汚れを落とす。
Step3肌の状態に合った種類と濃度のピーリング剤を皮膚に塗布し、5~10分ほど待つ。
Step45~10分ほど経過したらピーリング剤を落とす。
Step5ピーリング後は保湿液で肌を整え、アイスパックなどで冷やしてクールダウンさせます。(ピーリング後は若干のほてりを感じるためです)。
Step6施術後はお化粧をして帰宅することができますが、あまり肌に負担をかけないほうが理想です。

治療時間の目安

施術時間は、顔全体の治療では洗顔やクールダウンを含めると20~30分程はかかります。

治療回数の目安

施術回数は、にきび治療においては2~4週間に1回のペースが理想的です。一度の治療ではなく3ヶ月ほど続けるのが理想的です。

治療料金の目安

施術費用は、1回あたり3000~5000円くらいが目安です。保険適応外(自由診療)です。病院によって様々な治療と組み合わせて「セットコース」の一つとして行っていたりします。

ケミカルピーリングの副作用と注意点

  • ケミカルピーリング治療後は紫外線対策が必要です。治療後は角質が薄くなっていてますので、通常よりも紫外線の影響を強く受けます。
  • 施術後は皮膚が不安定な状態になっていますので、しっかりとした保湿スキンケアが必要です。
  • 個人差がありますが、治療後に、乾燥、ヒリヒリ感、ほてり、赤みなどが発生することがあります。時間の経過とともに落ち着きます。
  • 妊娠中はホルモンバランスが安定していないため、治療は控えるのが理想です。
  • ケロイド体質の人はケミカルピーリングは控えたほうが良い場合があります。
  • アトピー性皮膚炎、敏感肌、皮膚が弱い、皮膚に湿疹があるなどの場合はケミカルピーリングは不向きです。

やリすぎに注意して下さい

女性看護師の写真 ケミカルピーリングをやりすぎると肌が薄くなって敏感肌になってしまうことがあります。角質を剥がす作用があるということは、それだけ肌の老化を促しているということでもあります。ピーリングはニキビが深刻な場合のみに限定的に行うべきです。くれぐれも、ニキビが治っているのに予防のために行い続けることはしないで下さい。目安として一回あたりの治療で1週間から10日分くらい肌の老化を早めている可能性があります。